「魔法科高校の劣等生 Appendix(1)」感想文・ネタバレ

「魔法科高校の劣等生 Appendix(1)」感想文・ネタバレ

どんな本?

2095年9月。第一高校にある荷物が誤配される。その中身は未確認文明の魔法技術製品『聖遺物(レリック)』。人知れず自動的に起動していて――。
 司波達也は、気がつくと森の中にいた。夢の中のような世界に困惑している達也の前に、深雪が現れる。

読んだ本のタイトル

#魔法科高校の劣等生  Appendix(1)
著者:# 氏
イラスト:#  氏

あらすじ・内容

2095年9月。第一高校にある荷物が誤配される。その中身は未確認文明の魔法技術製品『聖遺物(レリック)』。人知れず自動的に起動していて――。
 司波達也は、気がつくと森の中にいた。夢の中のような世界に困惑している達也の前に、深雪が現れる。
 妹と無事に再会できたことに安堵する達也だが、深雪は純白のドレスを身にまとい、国王の娘になりきっていて!?
 これは、いつもの『魔法科』ではない『魔法科高校』の物語。『魔法科』10周年を記念して、TVアニメ第1期パッケージに収録された『ドリームゲーム』を電撃文庫化!

Amazonより引用

感想

手違いで第一高校に来た聖遺物のせいで、達也達が夢の中で色々とさせられる。

達也はある時は勇者、ある時は暗殺者、そして魔王、、

魔王が1番適役な気がするのが、、
学校での評価でも魔王だったもんな。。

そして、深雪は囚われの姫だったりするのだが、本人が1番喜んだのは魔王(達也)の妃w

現実に戻っても暴走してしまう始末。
寝ぼけているにしても、暴走しまくってるw

まぁ、後々には婚約者になるから大丈夫なんだけど、この当時は兄妹の関係だから禁忌。

それを考えると、深雪の達也への執着ってヤバいよな、、

七草会長は魔法少女なコスチューム、渡辺風紀員長は剣士として、1ヶ月も旅をさせられるとか夢とはいえ気の毒に、、
それに付き合わされるレオとエリカ。

そして、ヘトヘトになってる七草と渡辺は達也に八つ当たり気味に攻撃してくる始末w

しかも目が覚めても覚えているから七草の苦悩はいくばかり。。

そして、現実で学校にある聖遺物を回収しようと校長室に行こうとしたら、聖遺物が暴走して現実にも影響を及ぼしてしまい。
それを解除しようとする達也に対して、妨害するカウンセラーの先生が、、

完全に役にハマってるのが普段の魔法科高校と違って面白い。

こういう外伝は大歓迎w

最後までお読み頂きありがとうございます。

Share this content:

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA