小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】

小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】

どんなラノベ?

「小説家になろう」にて公開されていたWEB作品が名編集者・三木一馬 氏から見出されての商業デビュー。
キッカケは入学編〈上〉のあとがきにも書いてあった、第16回電撃小説大賞に応募した「ドウルマスターズ」だったらしい。

偶然に偶然が重なっての商業化デビュー。
詳細は「面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録」著者:三木一馬 氏にて書いてある。

そのWEB版から知ってはいたが、いつでも読めると思い横浜編までしか読んでおらず、商業化に伴いWEB版が消されてしまい続きを読むのに数年待つ事になってしまった。
さらにラノベは電子書籍でしか読まない(家屋的事情)ので紙媒体のみの発売を悔やんだ覚えもある。

あれから10年経ったのか・・・

読んだ本のタイトル

魔法科高校の劣等生  入学編〈下〉
著者:佐島勤 氏
イラスト:石田可奈 氏

(PR)よろしければ上のサイトから購入して頂けると幸いです。

あらすじ・内容

達也が風紀委員となったその陰で、謎の組織が魔法科高校に侵入し――。

 どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを抱える優等生の妹。一組の血の繋がった兄妹が、魔法科高校へ入学した。
 成績優秀、才色兼備な妹・深雪が、主席入学生の慣例として魔法科高校の生徒会にスカウトされた。
 そして兄・達也も、とあるトラブルを払いのけた事件をきっかけに、違反行為を取り締まる風紀委員にスカウトされる。
 劣等生(ウィード)にもかかわらず、風紀委員メンバーとなった達也。その活動中に、この学校を人知れず侵食する、謎の組織の存在を感じ取る。

魔法科高校の劣等生(2) 入学編<下>

感想

ブラコンな妹、シスコンな兄。

一科生の深雪は生徒会に入り順調にエリート街道を進み。

二科生の達也は異例的に風紀委員となり、様々な武勇伝を創り一科生にも一目置かれるようになる。

そんな彼に二科生の剣道小町と呼ばれる壬生が達也に接近し、彼を一科生と二科生の不平等な立場の是正に協力して欲しいと勧誘して来た。

それを一考の余地なく断る達也。

後日、壬生を含める「学内差別撤廃を目指す有志同盟」通称「同盟」が放送室を占拠して学内差別撤廃を謳う。

それを達也が壬生に連絡して同盟を制圧して放送室を解放。

そして、話し合いの結果。

同盟と生徒会長との公開討論会が行われた。

結局は、学内差別は教師不足の改善が無ければどうしようもなく。
教師が教える以外は一科生、二科生のカリキュラムの差が無い事が判明して学生たちが驚く。

そんな討論会に突然テロリストのブランシュが襲撃。

学校の各場所を襲撃して来て、図書館のレポートデータを盗難を試みるも達也に制圧されて失敗。

さらに壬生も拘束されるが、、
取り調べをしたら彼女の記憶に齟齬があり、彼女の記憶に何者かが介入した事が判明する。

さらに壬生を巻き込んだ司甲がブランシュの首魁である兄の元に行こうとするが、、
風紀委員に拘束される。

そして、ブランシュが妹の害になると判断した達也はブランシュの殲滅に動く。

十文字、桐原、レオ、エリカ、達也、深雪が組織を潰しにアジトに突入して壊滅させてしまう。

(PR)よろしければ上のサイトから購入して頂けると幸いです。

備忘録

6

達也が剣道部と剣術部のトラブルに介入し、十四人もの剣術部員を攻撃せずに防御のみで対処したことが、風紀委員長や生徒会長から評価された。桐原が使用した高周波ブレードなどの魔法を使ったことで風紀委員として介入し、その後桐原を保健委員に引き渡した。この事件に関して、風紀委員会としては懲罰委員会に持ち込まない決定が下された。

その後、達也はキャスト・ジャミングではなく、特定の魔法を妨害する「特定魔法のジャミング」を用いていたことを説明する。この技術は、二つのCADを同時に使用してサイオンの干渉波を発信し、特定の魔法の発動を妨害するものである。これにより、高周波ブレードなどの魔法を無効化できるが、公表することには慎重な姿勢を示している。社会基盤に影響を与えかねないとの懸念から、この技術を秘密にしておく必要があると考えている。

最終的に、達也とその友人たちは、この一日の出来事を振り返りながら、互いの経験や達也の技術について話し合う。達也の考え方や技術に対する理解と評価が深まる場面となった。

達也は新入部員勧誘週間を通して、忙しい日々を送っていた。初日に目立ちすぎたため、嫌がらせを受けることが多くなり、魔法による嫌がらせも頻繁にあった。しかし、達也は魔法の種類に合わせたキャスト・ジャミングもどきを発動し、問題を事務的に処理していた。ある日、魔法による攻撃を察知し、逃げる犯人を追跡したが、最終的には逃げられてしまった。一週間が経過し、達也は風紀委員として多忙を極めた。剣術部の桐原武明を倒したことで、達也は学校内で有名になり、魔法選民主義に染まった者たちからの嫌がらせを受けることになった。彼らは達也に対して、事故に見せかけた魔法攻撃を仕掛けるなどの行動に出た。達也はこれらの攻撃を巧みにかわし、難を逃れていたが、自身が狙われていることを感じていた。達也は、デバイスの携帯制限が復活することで、これ以上の嫌がらせから解放されることを願っていた。

生徒会に所属する深雪は、達也を待たせていることに罪悪感を抱いていたが、達也は優しく彼女を気にするなと慰める。達也と深雪は、兄妹であるが、周囲からはその親密さが特異な関係と見られている。学校内では達也に対する悪意の視線もあったが、達也はそれを気に留めずに深雪の仕事を待つ。そんな中、剣道部の二年生である壬生紗耶香が達也に話しかける。彼女は、達也に感謝の意を表し、剣道部への入部を勧誘する。紗耶香は、魔法科学校で魔法の成績が優先される現状に不満を持ち、非魔法競技系のクラブと連帯して新たな組織を作り、学校側に考えを伝えたいと語る。達也はその提案を断るが、紗耶香の意志の強さに感心する。

達也は深雪を図書館で待つことにし、深雪は達也が紗耶香とカフェテリアで待ち合わせをしていることに気づき、達也に注意を促す。達也と紗耶香はカフェテリアで対話を交わし、達也は紗耶香の剣道にかける情熱と、魔法がすべてではないという考えに共感を覚える。しかし、達也は剣道部への入部を断り、紗耶香との間に誤解が生じる。紗耶香は魔法以外の分野でも評価されたいという強い意志を持っており、達也は彼女の考えに理解を示すが、自分の道を歩むことを選ぶ。

7

生徒会室での昼食風景は、メンバーの増加と共に変化している。ダイニングサーバーの出番がなくなり、手作りのお弁当を持参するようになった。メンバーは達也、深雪、摩利、真由美、あずさの5人で、男女比は一対四である。昼食中、摩利は達也に剣道部の壬生とのカフェでの会話について尋ねる。達也は紳士的に応じ、深雪の教育に悪影響を及ぼさないよう適切な表現を使うよう指摘する。話は、魔法の暴走や現代魔法の性質についても及び、生徒会室内での気温が物理的に低下する現象も発生する。

達也は、風紀委員会の活動に対する学生の反感や、強引な摘発があるかのような噂について話し、これが壬生の勘違いかもしれないと指摘する。また、反魔法組織「ブランシュ」の存在やその下部組織「エガリテ」についても言及し、達也はこの問題を放っておけないと語る。生徒会のメンバーは、校内での風紀委員会の役割や政府の政策に縛られることの難しさについて討論し、反魔法組織に対する対応策を模索する。

最終的に達也は、できる範囲で問題に取り組むことを約束し、生徒会メンバーは達也の決意を支持する。達也と深雪は放課後、さらに話を進めるために教室に戻ることになる。

風紀委員会の業務は事務作業が疎かになりがちであり、達也は唯一の事務スキル保有者として多忙を極めていた。本意ではないが、新入部員勧誘週間の活動報告書整理のために摩利からヘルプを要請されている。達也は本来の予定である魔法大学の非公開資料の研究が進んでいないことに不満を抱いていた。

ある日、カウンセリング室でカウンセラーの小野遥から呼び出された達也は、その呼び出しに迷惑を感じていた。遥は達也に対し、カウンセリング部の業務への協力を求め、達也はその提案に懐疑的だったが、最終的には協力を約束する。遥は達也に高校生活への適応や精神的傾向に関する質問をし、達也は定番から外れた回答をすることで、遥を戸惑わせた。遥は達也の服装や態度に挑発的な試みをするが、達也は冷静に対応し、遥の誘いを断った。

その後、達也は深雪と共に、反魔法活動を行っている政治結社「ブランシュ」とその下部組織「エガリテ」について議論する。彼らは、魔法による社会的差別の撤廃を掲げつつも、実際には魔法の社会的意義を否定し、魔法の進歩を妨げることを目的としていることを指摘する。達也と深雪は、この問題が彼らにも関わってくる可能性があることを認識し、十分な警戒を促す。

8

新入部員勧誘週間が終了し、達也たちのクラスでは魔法実習が本格化する。入学時点である程度の基礎的な魔法スキルを持つ生徒たちは、基礎単一系魔法の魔法式を制限時間内にコンパイルして発動する実技に取り組む。現代魔法では、起動式を魔法式に変換するプロセスをコンパイルと呼び、この高速化が重視される。達也は美月とペアを組み、彼女は一発クリアするが、達也は苦手意識を持ちつつもクリアする。美月は達也の実技に対する苦手意識に気づき、達也は実力がないと自認する。

昼休みには達也がエリカとレオに実技のコーチングを行い、彼らは達也の指導の下でタイムを改善する。深雪とそのクラスメイトも加わり、遅い昼食がとられる。その中で深雪は、自分のクラスでも行われている実習がつまらないと不満を漏らす。エリカは深雪に実習のタイムを試してみることを提案し、深雪は二三五ミリ秒という驚異的なタイムを記録する。深雪は自分の実力を発揮できない現状に不満を抱くが、達也はその不満を和らげようとする。

放課後のカフェで達也は紗耶香を待っていた。待ち合わせには約十五分遅れて彼女が現れる。紗耶香は「可愛らしい女の子」モードで達也と会話を交わし、彼はそのギャップに少し動揺する。その場には摩利も現れ、達也に声をかける。紗耶香との本題の話になり、彼女は学校側に待遇改善を要求したいと述べる。達也は具体的に何を改めてほしいのか問うが、紗耶香の要求は曖昧であった。達也は自分自身が教育機関としての学校に大きな期待をしていないこと、魔法大学系列でのみ閲覧できる非公開文献の閲覧資格と魔法科高校卒業資格を得ることが彼の目標であることを語る。紗耶香の提案に対して、達也は自分たちの主義主張が異なることを告げ、席を立つ。紗耶香は達也に何を支えにしているのか問い、彼は重力制御型熱核融合炉を実現したいという自分の目標を語る。この話は紗耶香には大きすぎるテーマであり、彼女は理解できなかった様子であった。達也は紗耶香にさらに関わらず去っていった。

一週間が何事もなく過ぎた後、授業終了直後に学内の差別撤廃を目指す有志同盟からの放送が流れる。彼らは生徒会と部活連に対等な立場での交渉を要求していた。達也は風紀委員会からの呼び出しを受け、放送室に向かう途中で深雪と合流する。放送室前で摩利や克人、鈴音らが待っていたが、立てこもっている生徒たちの具体的な対応については意見が対立していた。達也は交渉に応じることを提案し、紗耶香との直接交渉を試みる。紗耶香たち五人が放送室を占拠していたが、達也の働きかけにより、彼女たちは拘束されずに済むことになる。真由美は、紗耶香たちと生徒会の間で交渉の打ち合わせをすることを提案し、摩利はその提案を受け入れる。達也と深雪はその場を去り、紗耶香たちは交渉のために移動することになった。

9

達也と深雪は、八雲の寺を訪ね、ブランシュと関わりのある三年生、司甲について話し合う。司甲は魔法的因子の発現が見られない普通の家庭出身であり、彼の特異な「目」は先祖返りの可能性があると八雲は説明する。司甲の義兄がブランシュの日本支部リーダーであることが判明し、司甲がブランシュに関わっている理由もその影響と考えられる。八雲は、司甲の目の能力について、放出された霊気の波動を認識できる程度と評価し、達也のクラスメイトである美月のような強力な霊視力は持っていないと述べる。

達也は美月に対する警戒心を表明するが、八雲はその警戒が不要であると助言する。美月は達也の霊気を見ることはできても、それを理解することは不可能であり、彼女が達也の特殊な魔法能力を理解できるほど魔法に精通しているわけではないと説明する。達也は、自分が通常の魔法師の枠を超えた存在であることを再認識しつつ、八雲の話から多くを学ぶ。

10

公開討論会の日、全校生徒の半数が講堂に集まる。舞台袖から見守る達也、深雪、鈴音、摩利の4人は、参加した生徒たちの多さに驚く。討論会では、同盟と生徒会の間で予算配分や一科生と二科生の待遇について意見が交わされるが、具体的な要求は出されない。真由美が生徒会を代表して、制度上の差別の否定や、一科生と二科生のカリキュラムの同一性、課外活動の平等な利用について説明する。彼女は、一科生と二科生の間の意識の壁を問題視し、それを解消するために努力していくと訴える。

真由美は、生徒会役員の指名制限の撤廃を公約として提案し、これによって生徒間の差別意識の克服を目指す。彼女の提案は、生徒たちからの拍手を受け、一科生も二科生も含めた支持が明らかになる。討論会は、同盟の具体的な成果よりも、真由美の差別意識の克服への取り組みの方がより多くの支持を集める結果となる。しかし、同盟の背後にいる者たちにとっては、この結果が満足できるものではなく、彼らの目論見とは異なる方向へ事態が進展していた。

公開討論会の最中、講堂が轟音で揺れる。この音は、外部からの奇襲攻撃の始まりを告げていた。動員されていた風紀委員が迅速に動き、同盟のメンバーを拘束する。窓から投げ込まれた白煙榴弾は、達也の活躍によって無害化される。防毒マスクを着用した闖入者たちは、風紀委員の迅速な対応によって、躓いたかのように倒れ、動きを止める。この奇襲は、爆発物と化学兵器という過激な手段によるものであったが、迅速に鎮圧される。

達也と深雪は、轟音の発生源である実技棟の様子を見に向かう。実技棟は、炸裂焼夷弾による攻撃を受けていたが、在校の魔法師である教師たちによって、被害は最小限に抑えられていた。達也たちは、敵であるテロリストの排除に向けて行動を開始する。

実技棟の外部からの攻撃は、実は陽動であり、真の目標は実験棟と図書館であることが判明する。達也たちは、図書館へ向かい、そこに潜んでいた主力のテロリストたちを迎え撃つ準備をする。この一連の攻撃は、討論会への抗議行動自体が陽動であった可能性が示唆されるが、達也は同盟も利用されただけではないかと推測する。達也たちは、深刻な状況に直面しながらも、冷静に対応し、学校を守るために行動を起こす。

図書館前で、襲撃者と学生たちの間に小競り合いが起こっていた。襲撃者たちはCAD以外にナイフや飛び道具を持ち込んでおり、大半が外部からの侵入者であった。対する学生たちは、CADは持たないものの、魔法力で圧倒的に優れていた。レオは魔法と肉体の力を駆使して戦い、エリカたちは乱戦を避けながら敵を倒していく。図書館内では、主力の襲撃者が機密文献を盗み出そうとする計画を達也たちが阻止しようとしていた。達也は特別な知覚力を用いて敵の位置を特定し、エリカは洗練された戦闘技術で敵を打ち倒す。深雪も魔法を駆使し、敵を無力化する。特別閲覧室を目指して進む中、彼らはさらに多くの敵と遭遇するが、その強敵も彼らの前では無力であった。達也と深雪は図書館内の敵を倒し、機密文献を守るために奮闘する。

紗耶香は、学校の機密文献にアクセスするためのハッキングを行っているブランシュのメンバーを複雑な気持ちで見つめていた。彼女は本来、学内の差別問題に取り組むつもりであり、外部の活動や違法行為には関わる意向がなかったが、司とその兄の影響でブランシュに引き込まれた。紗耶香は自分の行動に疑問を感じつつも、ハッキング作業に協力してしまう。しかし、達也と深雪が介入し、ハッキングを阻止する。紗耶香は、自分が間違った道を歩んでいたことを悟り、その場から逃走を試みるが、エリカに阻止される。エリカは紗耶香との対決の中で、彼女の全力を引き出すことを試み、紗耶香は自分自身に頼ることを選択する。紗耶香はエリカとの戦いで負傷するが、エリカは紗耶香を慈しみ、彼女の回復を願う。紗耶香は、自らの行動について深く反省し、差別撤廃のためには、不正な手段を取ることが間違いであることを悟る。

達也は紗耶香を抱きかかえて治療へと向かい、その過程でエリカや深雪と軽妙なやり取りを繰り広げる。その後、男子剣道部主将の司は、テロリストグループ「ブランシュ」の日本支部リーダーである義兄に連絡を取ろうとするが、学校内での行動が風紀委員によって阻止される。一方、保健室では紗耶香がこれまでの経緯を語り、自分の誤解に気づき、達也の言葉によって自己の成長を肯定する。その後、達也たちはブランシュの拠点を突き止めるために、遥に協力を仰ぐ。遥はブランシュの拠点の情報を提供し、達也たちはテロリストを排除するために行動を開始する。この過程で、教師や生徒が協力し、テロリストグループとの対決に向けて準備を進める。達也は冷静に状況を分析し、必要な措置を講じる構えを見せる。

11

夕陽の下、大型オフローダーが閉鎖された工場へと突入し、達也たちはブランシュの拠点に乗り込む。レオは退路の確保、エリカはレオのアシストと逃走者の対応、克人と桐原は裏口への迂回、達也と深雪は正面からの踏み込みを担当する。工場内で迅速にブランシュのリーダー、司一と遭遇し、対峙する。司一は達也をブランシュに勧誘するが、達也は彼の魔法を無効化し、その意図を看破。司一の試みは失敗に終わり、部下たちの武器も即座に分解される。混乱の中、司一は逃走を試みるが、達也は彼を追う。一部のブランシュメンバーは抵抗を試みるが、深雪の魔法により鎮圧される。達也と深雪はブランシュの脅威を根絶するため、決定的な行動をとる。

彼女は兄に害を加えようとした者たちに対し、凍りつくような裁きを下す。少女の放つ冷気により、敵は動けなくなり、彼女の魔法「ニブルヘイム」により声もなく絶望する。一方、達也はテロリストの待ち伏せを予測し、彼らの武器を魔法で分解し無効化する。サブマシンガンを持った敵たちも同様に武器を失い、達也の前に無力化される。ブランシュのリーダー、司一は達也にキャスト・ジャミングの中でも魔法を使用する秘密を問うが、達也は彼の魔法を無効化し、彼の武装を解除する。桐原武明が現れ、司一に対して怒りをぶつけ、彼の腕を切り落とす。克人が現れ、司一の出血を止めるが、司一は失神する。達也と彼の仲間たちは、ブランシュの脅威を圧倒的な力で制圧し、彼らの計画を阻止する。

12

事件の後始末は克人が引き受け、達也たちに司直の手が伸びることはなかった。十師族の権勢は強く、彼らの行動は法的な追及を受けない。紗耶香は入院から退院し、達也と深雪はお祝いに訪れる。紗耶香と桐原の間には親密な関係が築かれていた。事件に関連する学校内の事情は、ブランシュの工作員による破壊行為として処理され、学校側は鍵の管理不備を隠蔽した。紗耶香は入院中にエリカと親しくなり、彼女の父親と達也が話す中で、達也への感謝の言葉が交わされる。紗耶香は達也への思いを語り、桐原への想いを明かす。エリカと桐原のからかい合いや、紗耶香の退院を祝う和やかな雰囲気が描かれる。最後に、達也と深雪は学校へ戻ることを決め、日常に戻る決意を新たにする。

アニメ

PV

アニプレックス チャンネル より共有
アニプレックス チャンネル より共有
アニプレックス チャンネル より共有
アニプレックス チャンネル より共有
アニプレックス チャンネル より共有

OP

gifbanner?sid=3589474&pid=889082585 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】ASCA 『Howling』(TVアニメ「魔法科高校の劣等生 来訪者編」OPテーマ)
アニプレックス チャンネル より共有
gifbanner?sid=3589474&pid=889082585 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】八木海莉「Ripe Aster」(アニメ「魔法科高校の劣等生 追憶編」主題歌)
八木海莉 より共有

ED

gifbanner?sid=3589474&pid=889082585 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】佐藤ミキ 「名もない花」「魔法科高校の劣等生」ED
アニプレックス チャンネル より共有

同シリーズ

魔法科高校の劣等生

0d8eda31d4d09c69a98f6e639c0890ea 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)
0be211f40b6f2076950a92810899b8f8 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)
dfa40e5a6f680514f743f90a538b601f 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 3巻 九校戦編〈上〉
7b3242a7cce984529145d57d358947b7 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 4巻 九校戦編〈下〉
6c8ba0d59f6c97c00677004ccde8ad32 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生( 16 ) 四葉継承編
0b2c7c0adf758de6fab3210b3bd63f8e 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生(21)(22) 動乱の序章編
c922e027ec76169c700e2f6eb546471f 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生(23)孤立編
fd8cee78bfb82c80ddbffbcf19c9b635 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 (24)(25)エスケープ編
fe8ac7400b50ee0864aba3c47fdbb2be 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 (26) インベージョン
a4c29ecc8088c4dec8adb794e0715f1e 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 (27) 急転編
579b0762f62ac4986d2886fd20fcada5 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 (28)(29) 追跡編
b49e32a4423851250d2c1a368c5b5ab7 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 (30) 奪還編
98f36108d9092df1a9c5d92cc2dc2d58 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 (31) 未来編
75c1e4daa985651beb29249606ec87f2 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 (31) サクリファイス編/卒業編
982557b45cbc645c206105183d8c071e 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 Appendix(1)
457a662a64eac4fd60f510c24592d535-1 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 Appendix(2)

続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー

meijian01 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー 1巻
2ba5cbb657d2e1599edd30d8fa258ed4 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー(2) 
2ba5cbb657d2e1599edd30d8fa258ed4 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー 3巻
meijiann4 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー 4巻
dd6284003ab29a7aeda3d5d516aee262 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー 5巻
363e802adbcd1365db176847b817a797 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー(6)
efb954e88d7825e863a7355942f72162 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー(7)

新魔法科高校の劣等生  キグナスの乙女たち

ef6b8c52478f6f22a6703366267574d8 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち 1巻
rectangle_large_type_2_81f5129ba9b00148a6516456539184c0-1 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち 2巻
rectangle_large_type_2_684b6e67d543b48e6a86271297826033 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち 3巻
04baf11e2665831fa68ed61ffd978776 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち (4)
0fc390068818f347d55b1941e984dbcd 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち 5巻
c26b2b42d3049f54d0fc2b69b950d6dd 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち 6巻

漫画版

四葉継承編

9f1d5c243492f930c801a2864cbaec13-1024x536 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生  四葉継承編 1巻
306adaa8f90bfc1514a1da03d60c88b4-1024x536 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生  四葉継承編 2巻
4e9cf05f6d486a5b37ee6410288c868a-1024x536 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 四葉継承編 3巻

師族会議編

5938217f44e3711e037f1c428df87784-1024x536 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 師族会議編 1
4e49b712b3afe886235c65227faf97f4-1024x536 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 師族会議編 2
0e89092fe5c40840bbe577299d3b7464-1024x536 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 師族会議編 6

エスケープ編

8975b761dbe47c8d6eb9e18e00592800-1024x536 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 エスケープ編 1

その他フィクション

e9ca32232aa7c4eb96b8bd1ff309e79e-1024x536 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)」【感想・ネタバレ】
フィクション(novel)あいうえお順

Share this content:

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA