小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】

小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】

どんなラノベ?

「小説家になろう」にて公開されていたWEB作品が電撃文庫の名編集者・三木一馬 氏に見出されての商業デビュー。

キッカケはあとがきにも書いてあったように別作品を応募したら

三木氏が「小説家になろう」で魔法科高校の劣等生を書いてる人じゃないかと言い当てられ。

アレを商業化デビューしようと言われ現在に至る。

詳細は「面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録」著者:三木一馬 氏にて書いてあるので参照下さい。

そのWEB版の魔法科高校の劣等生を読んではいたが。

いつでも読めると思い横浜編まで読んでいたら、、

商業化に伴いWEB版が消されてしまい続きを読むのに数年待つ事になってしまった。

そんな魔法科高校の劣等生は、アニメ化もされてなかなかに人気のタイトルになった。

その第1巻。

あれから10年経ったのか・・・

読んだ本のタイトル

魔法科高校の劣等生  入学編〈上〉
著者:佐島勤 氏
イラスト:石田可奈 氏

(PR)よろしければ上のサイトから購入して頂けると幸いです。

あらすじ・内容

劣等生の兄と、優等生の妹。魔法科高校での波乱の日々が始まる。

 魔法。それ伝説や御伽噺の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。そして、春。今年も新入生の季節が訪れた。
 国立魔法大学付属第一高校――通称『魔法科高校』は、成績が優秀な「一科生」と、その一科生の補欠「二科生」で構成され、彼らはそれぞれ「花冠(ブルーム)」、「雑草(ウィード)」と呼ばれていた。
 そんな魔法科高校に、一組の血の繋がった兄妹が入学する。兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウィード)。妹は、全てが完全無欠な優等生(ブルーム)。
 どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを寄せる優等生の妹。二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。

魔法科高校の劣等生(1) 入学編<上>

感想

第一高校の魔法科の同じ学年に兄妹が入学した。

一科生の優等生な妹の深雪に、二科生で劣等生な兄の達也と思われてたが。

兄の達也は規格外のバケモノだった。

入試のテストはほぼ満点。

一科生が展開している術式を一瞬見ただけで何の魔法か判る知識と目の良さを持ち。

実戦的な試合では高等学校無敗の先輩の服部を瞬殺し。

風紀委員になり部活の勧誘の騒動では剣術部の先輩、桐原が魔法を展開して暴れているのを抑え付け。

桐原を逮捕された事に不満を持ち襲い掛かって来た剣術部の部員達の攻撃を回避するだけで翻弄した。

二科生なのに強い。

一部の生徒には忍術使いの九重八雲の弟子だと知られており一目置かれている。

だけどマイペースに自身を風紀委員に巻き込んだ生徒会長と風紀委員長には苦手意識が、、

妹には慣れていたが、姉的な人には免疫が無かった達也は良いように転がされた。

司波達也の立場

コレは個人的な考察です。

作者さんにインタビューした訳ではありませんのでその点はご了承下さい。

あ、モノを投げないで!

司波達也

十氏族の四葉家当主、四葉真夜の双子の姉、深夜(故人)の息子。
産まれた時は魔法の能力が無かったが、母と叔母の実験で人造魔法師にされてしまった。
ただ、魔法とは認められていない分解と再生しか使えず、他の魔法は発動させられるが、発動させるのが遅く、四葉の魔魔法師としては欠陥品とされていたが、、
沖縄での戦闘から軍と係るようになり未公開の戦略級魔法師として特尉という地位を得ている。

だが、四葉家では1番位の低いガーディアンとなり妹の美雪の護衛として第一高校に通う事になる。

深雪こガーディアンのため本人は目立ちたくないと思ってるが、世間が許してくれない。

(PR)よろしければ上のサイトから購入して頂けると幸いです。

備忘録

0

魔法が現実の技術となったのは西暦1999年、特殊な能力を持つ警察官が核兵器テロを阻止した事件が近代で初めての事例である。当初は「超能力」と呼ばれ、技術体系化は不可能とされていたが、東西の有力国家による研究を通じて、「魔法」による再現が可能となった。超能力は魔法によって技術体系化され、「超能力者」は「魔法技能師」となった。二十一世紀末の世界は、魔法技能師の育成に競っており、国立魔法大学付属第一高校は優秀な魔法技能師を輩出するエリート校として知られている。この学校は徹底した才能主義と実力主義を掲げており、入学時点で優等生と劣等生が存在する。

第一高校の入学式の日、一組の兄妹が講堂前で言い争っていた。妹は一科生、兄は二科生であり、妹は兄が新入生総代を務めるべきだと主張していた。兄は魔法実技が不得意であるため、二科生として入学したのである。妹は兄を擁護しようとするが、兄は妹に自分の立場を受け入れるよう諭す。

新入生は一科生と二科生で明確に分かれており、一科生は講堂の前半分、二科生は後ろ半分に座っていた。二科生は「ウィード」と呼ばれ、魔法実技の個別指導を受ける権利がない。達也は、他の二科生たちと同様、自分の位置を受け入れつつも、周囲からの視線に苦しんでいる。

入学式の待ち時間、達也は生徒会長の七草真由美と会話する。彼女は達也のペーパーテストの成績を高く評価し、彼の才能を認めていたが、達也は自分の魔法が使えない現実に直面していた。

その後、達也は他の二科生たちと交流を持つ。彼らは偶然出会ったばかりであり、魔法高校においては珍しい状況だった。彼らは魔法の世界で生きる智恵として、二科生同士助け合うことの重要性を感じていた。

2

司波深雪の答辞は予想通り見事なもので、彼女の容姿と合わせて多くの注目を集めた。達也は深雪に甘く、彼女を労いたいと考えていたが、式後のIDカード交付の手続きがあるため、すぐにはできなかった。手続き後、達也はエリカ、美月、他の二科生と交流するが、彼らはクラスが異なることが判明し、それぞれのホームルームに向かった。

エリカと美月は達也が深雪の兄であることを知り、二人が似ていると指摘するが、達也は自分と深雪が顔立ちが似ているとは感じていなかった。エリカは達也の「オーラ」が深雪に似ていると感じたが、達也はその指摘に苦笑いした。美月のメガネには度が入っておらず、達也はそれに気づいたが、美月は達也に見抜かれたことに驚き、困惑した。最終的に、時間の関係でその場は終了し、達也は深雪との約束を守るために彼女のもとへ向かった。

講堂の出口近くで達也たちが話しているところに、深雪が加わった。彼女は社交的だが、お世辞や愛想を嫌う傾向がある。深雪は達也が同級生たちと親しげにしているのを見て、その関係を尋ねた。達也は、柴田美月さんと千葉エリカさんが同じクラスだと説明し、深雪は彼らと親しく挨拶を交わした。生徒会長の七草真由美も加わり、達也と深雪に挨拶をした後、別の用事を優先して去っていった。

入学式の日、達也は上級生たちと少しトラブルがあったようだが、それに動じる様子はない。深雪が達也に謝るが、達也はそれを受け入れず、妹を慰める。その場にいた美月とエリカは、達也たち兄妹の関係については何も言わない。代わりに、お茶を飲みに行く提案がされ、達也はその誘いに対して少し意地悪な質問をするが、エリカは自信満々に答える。深雪はその提案に乗り気であり、達也もそれに同意する。達也の返答は、妹思いの一面を見せ、それが美月とエリカにも伝わる。達也は彼女たちの反応に苦笑いする。

2

達也は高校生活2日目の朝もいつも通りに過ごし、深雪が早朝から朝食の準備をしていた。深雪は達也と共に早朝の訓練に参加するため、制服を着て準備していたことを明かす。二人はローラーブレードとジョギングで坂道を速く移動し、これが魔法によるものであることが説明される。深雪は重力加速度を低減する魔法を使い、達也は加速力を増幅する魔法を使っている。二人はそれぞれ異なる訓練を行っているが、どちらも魔法の助けを借りている。

要約すると、達也と深雪は早朝から共に訓練に出かける。深雪は達也の訓練に参加するためにわざわざ制服に着替え、二人は魔法を使用しながら速く移動する訓練を行っていた。この訓練は二人にとって異なる種類の挑戦であり、それぞれが特定の魔法を駆使している。

達也と深雪は、家から10分程度の距離にある小高い丘の上にある「寺」を目的地としていた。この寺には「修行者」や「僧兵」のような人物が集まっており、深雪は遠慮なくその場に入っていく。達也は寺に到着するとすぐに稽古を受けることになる。深雪は、この場所で九重八雲という「忍び」である僧侶に再会する。八雲は伝統的な忍術を伝える者で、その忍術は古い魔法の一形態であることが示される。深雪は八雲に対して礼儀正しく振る舞い、彼女の新しい制服について話す。しかし、八雲の軽薄な態度に達也は彼に対して手刀で応戦する。二人の間で交わされる技の応酬は、見物人を引き込むほどの緊張感を持っていた。

達也と深雪が毎朝恒例の一騒動を終え、静けさが戻った境内には、彼らと八雲だけが残っていた。深雪は八雲と達也にタオルとコップを提供し、達也は疲労しながらも立ち上がった。深雪は達也の汗を拭き、自らのスカートについた土を気にすることなく、携帯端末形態の汎用型CADを使用して魔法を発動させ、二人の服を清潔にした。その後、彼女は朝食をともにしようと提案した。この一連の出来事は、深雪にとって日常的な魔法の使用であり、達也にとっても彼女の魔法技能に対する理解が深いことを示している。

縁側でサンドイッチを楽しむ達也と八雲の前で、深雪は世話を焼いている。八雲は達也の体術を賞賛し、その成長を認めながらも、達也自身はその賞賛を素直には受け入れられなかった。達也が八雲に体術で勝てないことに対して複雑な感情を抱きつつも、深雪は八雲の褒め言葉を素直に受け取るべきだと達也を励ます。八雲と深雪は達也に対して軽く冗談を交えつつも、彼を励まし、達也の苦笑いは次第に柔らかなものに変わっていた。

達也と深雪は通学のためにキャビネットと呼ばれる小型のリニア式車両に乗り込む。現代では、満員電車という状況は存在せず、二人乗りまたは四人乗りのキャビネットが主流となっている。この車両は中央管制され、目的地に応じて自動で運行軌道を変更する。通勤・通学では、偶然の出会いや友達との待ち合わせが起こり得ない代わりに、痴漢の被害などがない安全な空間となっている。達也と深雪は隣り合わせで乗り込み、深雪が躊躇いがちに話し掛ける。深雪は達也の両親からの入学祝いの話を切り出し、達也はそれに対して冷静に応える。達也は自分が家族の会社で期待されているが、高校進学を選んだことにより、両親からの祝いはないと語る。深雪は達也の利用に対して怒りを感じているが、達也はそれを冷静に受け止め、二人はその話題を落ち着かせて通学電車での移動を続ける。

一年E組の教室は、入学初日から生徒たちの雑談でにぎわっていた。達也は自分の席を探していたが、エリカと美月に声をかけられる。二人とも達也と仲良くなっており、彼らはすぐに会話を始める。達也の席は美月の隣で、エリカも加わり、三人は会話を楽しむ。その後、新たにレオが達也に話しかけ、二人は将来の話題で盛り上がる。レオは警察官を目指しており、硬化魔法を得意としていることから工房を見学したいと提案する。美月も工房に興味があり、エリカとレオはまた口げんかを始めるが、美月の提案で四人は工房に向かうことになる。授業の前にオンラインガイダンスが行われ、カウンセラーの小野遥が生徒たちを迎える。彼女は総合カウンセラーとして自己紹介し、学生生活のサポートを約束する。達也は早くも履修登録を終えており、小野の振る舞いに興味を持つ。その後、生徒たちはそれぞれの興味に合わせた見学や活動に向かう。

入学二日目、達也はエリカ、レオ、美月と共に行動を共にするようになり、彼らとの関係を運が良かったと感じている。しかし、深雪との関係には不安と困惑が入り交じる。深雪のクラスメイトとの間で起こる一連の衝突は、達也たちと深雪の関係を試す場面となる。最初の衝突は食堂で、深雪が達也たちと共に食事をしようとした際に起こり、深雪のクラスメイトが介入しようとする。午後の専門課程見学では、生徒会長の実技を見ようとした新入生たちが一触即発の状況になり、達也たちは堂々と見学する。最終的には、深雪のクラスメイトが深雪と達也の関係に難癖をつけ、美月が一科生を相手に雄弁を振るうが、状況はエスカレートする。

生徒会長の七草真由美が介入し、法令に触れる魔法の使用を止めさせる。深雪と達也は生徒会長と風紀委員長に事情を説明し、一件は無事に解決する。帰り道、達也と深雪は新たに出会ったクラスメイトたちと交流を深める。この過程で、達也の知識と技術が高く評価される場面があり、彼の周りの人々もそれぞれに特別な才能を持っていることが明らかになる。

達也と深雪の兄妹関係、そして達也が新しい友人たちと築いた関係は、高校生活の中で重要な役割を果たすことになる。彼らの交流は、一般的な高校生活とは一線を画す魔法科高校ならではのものであり、彼らが直面するさまざまな挑戦を乗り越えるための基盤となる。

3

第一高校前駅から学校までの道のりで、達也は美月、エリカ、レオと一緒に登校し、途中で深雪も合流する。この日、生徒会長の七草真由美が達也たちに声をかけ、特に深雪に生徒会室での昼食を勧誘する。達也は真由美との関係について疑問を持ちつつも、深雪と共に昼食の誘いを受けることにする。一方で、エリカは生徒会室への参加を断り、その理由は不明ながらも一行の雰囲気を微妙にする。結局、達也と深雪のみが真由美の勧誘に応じ、生徒会室での昼食を約束する展開となった。

昼休み、達也と深雪は生徒会室に向かう。目的地は四階の廊下の突き当りにある、外見は普通の教室と変わらないが、セキュリティ機器で守られた生徒会室である。深雪は招かれた主であり、達也は同伴者として入室する。生徒会室には生徒会長の七草真由美を含む数名の役員がおり、深雪に対しては特に礼儀正しい挨拶が交わされる。会食が始まり、生徒会の構成や役割について説明がなされた後、真由美は深雪に生徒会書記としての参加を求める。深雪は達也も一緒に生徒会に参加できないかと提案するが、これは第一科生のみが生徒会役員になれるという規則により不可能であることが説明される。その後、風紀委員会の話題になり、摩利の提案により達也は風紀委員としての任命が急遽決定される。これには達也が強く反発するが、最終的には受け入れざるを得ない状況となり、放課後に再度生徒会室に来ることを約束させられる。

教育用端末の普及に伴い、学校不要論が一時期流行したが、現実の体験や集団学習の重要性が認識され、この論は退潮した。一年E組の生徒たちは、教育用CADを用いた実習授業に取り組んでおり、その中で達也は風紀委員に任命されるという予期せぬ展開に直面する。生徒会室での体験や、CAD操作の課題など、通常の学校生活を送る中で、達也は様々な挑戦に直面していく。

放課後、達也は生徒会室に向かい、服部副会長から風紀委員としての適性に関して反対意見を受ける。しかし、達也は模擬戦を通じて自身と妹の主張を証明しようと挑む。これにより、達也と服部の間で正式な試合が設定され、生徒会長と風紀委員長が試合の正式性を認める。試合は第三演習室で非公開で行われることが決定される。達也の冷静な挑戦と、生徒会による対応が、彼の周囲の学生生活に新たな動きをもたらす。

入学して三日目の達也は、生徒会長からの許可証を受け取り、第三演習室での正式な試合に挑む。摩利が審判を務める中、達也は服部と対戦し、短時間で勝利を収める。試合では、達也が特殊な身体技術と高度な魔法演算能力を駆使して勝利する。その後、達也の技術についての議論が交わされる中、達也は特化型のCAD、シルバー・ホーンを使用しており、これが彼の高速な魔法発動の秘密であることが明らかになる。達也と服部は和解し、全員で生徒会室へ戻ることになる。

達也が生徒会室を再訪すると、摩利によって風紀委員会本部へ連れて行かれる。部屋は散らかっており、達也は自ら整理を始める。摩利とのやり取りの中で、達也の魔工技師志望と、風紀委員としてのスカウトが話題になる。その後、真由美が登場し、達也の整理作業を褒めつつ、彼に対する認識や運命について冗談めかして話す。達也は真由美の態度が変わる理由を問い、摩利は真由美が達也を認めているからだと答える。二人のやり取りは達也を困惑させつつも、彼が生徒会の一員として受け入れられている様子を示している。

真由美が生徒会室を閉めると伝えるために達也と摩利のもとを訪れた。その後、達也と摩利は風紀委員会本部を閉めることにし、セキュリティの設定を行う。その際、二人の男子生徒が部屋に入ってきて、摩利を「姐さん」と呼び、達也のことを新入りとして歓迎する。達也は摩利から風紀委員会と学校全体の現状について説明を受け、新たな同僚として沢木と鋼太郎に紹介される。二人は達也を温かく迎え入れ、達也も彼らとの関係が良好であることを感じ取る。沢木は特に強い握力を見せるが、達也はそれを巧みにかわす。達也はこの二人と上手くやっていけると感じ、風紀委員会での活動に前向きな姿勢を見せる。

4

CADは現代魔法を使用する際に欠かせない補助器具であるが、伝統的な補助具と比べて頻繁なメンテナンスが必要とされる。特に、使用者のサイオン波特性に合わせたチューニングが重要であり、その調整は魔法の起動速度に大きく影響する。しかし、CADの調整には高価な専用機械が必要で、中小企業や個人レベルでは維持が困難である。一方、第一高校のような名門校では学校専用の調整施設を持っており、生徒は定期的にCADの調整を受けることができる。達也の自宅には特殊な事情で最新鋭のCAD調整装置があり、夕食後に作業室でCADの調整を行っていた時、深雪が入ってきて調整を依頼する。深雪は特に拘束系の起動式を追加したいと願い出るが、達也は深雪の魔法スタイルには正統派の戦法が合っていると指摘する。しかし、深雪の要望を受け入れ、起動式の整理を行うことにする。その後、深雪は計測用の寝台に横たわり、達也は彼女のCADの調整を行う。この過程は、兄妹間の親密な関係と達也の技術者としての専門性を示している。

いつもと変わらぬ時間に目を覚ましたが、寝起きが悪く感じる朝であった。兄は既に朝の修行に出かけている。彼女は以前、兄の過酷な日々に心配を感じていたが、今はその心配が無用であることを理解している。世間が彼女を天才と讃える中、彼女自身は兄こそが真の天才であると確信している。兄は、彼ら兄妹の父親によって過小評価され、心身ともに制約された扱いを受けてきたが、その才能は父親の想像を遥かに超えていた。父親は兄の名声を奪い、彼の成長を妨げようとしたが、兄にはそれが無関心なことだった。彼女は昨晩の出来事により心が乱れ、眠りが浅くなったことを自覚している。兄への深い愛情を感じつつも、それが恋愛感情ではないことを強調する。彼女は兄を支え、いつか彼の力になりたいと願っている。そして、今できることは美味しい朝食を準備することである。彼女はそのために立ち上がり、活動を始めるのだった。

いつもの時間に目覚めたが、寝起きが悪い。兄は朝の修行に出かけているようだ。彼女は兄を真の天才と考えており、世間が彼女自身を天才と讃える一方で、兄に対する父親の不当な扱いを知っている。兄の才能は父を凌駕している。彼女は兄への深い愛情を感じているが、それを恋愛感情とは思わず、兄を助けたいと願っている。兄が帰宅するのを待ち、美味しい朝食を準備することが、彼女にできることである。

5

魔法科高校におけるクラブ活動は普通の学校と基本制度が同じであるが、魔法に関連した独自のクラブが多い。学校間の競技である九校戦では成績が学校評価に反映され、優秀な成績を収めるクラブには多くの便宜が与えられる。新入部員獲得の競争は激しく、一定期間勧誘活動が許可されているが、トラブルも多発する。勧誘期間は学内がお祭り騒ぎになり、時には暴力や魔法の撃ち合いも起こる。学校はこれを黙認しており、風紀委員会はこの期間フル回転で活動する。達也は即戦力として巡回活動に参加することになるが、彼は自分が役に立たないと思っている。一方で、摩利は中条あずさの系統外魔法「梓弓」について説明し、学校外での使用は禁止されているが、学校内での特例使用が許可されていることを明かす。

午後の授業が終わり、達也は風紀委員会本部へ向かう途中、エリカに呼び止められる。エリカは一人でクラブを探しているところで、達也に一緒にクラブを回らないかと提案するが、達也は既に風紀委員会の活動で忙しいと説明する。それでもエリカは一緒に行くことを了承する。風紀委員会の会議では、新入生の森崎と達也が新たな風紀委員として紹介され、早速パトロール活動に参加することになる。摩利は達也と森崎に、CADの携帯や使用についての説明を行い、達也は特定の旧式のCADを使用する理由を説明する。達也のCAD選択に対して、摩利は当初驚きながらも、達也の説明を聞いて納得する。達也は二機のCADを装着し、風紀委員会の活動に臨む準備を整える。

風紀委員に任命された達也は、桐原と紗耶香という剣道部と剣術部の代表者間の争いに介入する。桐原は剣術大会のチャンピオンであり、紗耶香は剣道大会の全国二位の実力者である。二人の対立は、桐原が剣道部の演武を批判し、剣術の技を披露しようとしたことから始まった。桐原は紗耶香に挑み、魔法を使用することなく剣技だけで戦うことを宣言するが、実際には魔法を使用してしまい、風紀委員として達也が介入することになる。

達也は桐原の魔法の使用を止め、乱闘を抑えるために剣術部員たちを巧みにかわし続ける。その過程で、剣術部員たちが達也に対して魔法を使用しようとするも、達也は彼らの魔法を無効化し、乱闘を止めることに成功する。最終的には達也が桐原を押さえつけ、事件を収束させる。

アニメ

PV

アニプレックス チャンネル より共有
アニプレックス チャンネル より共有
アニプレックス チャンネル より共有
アニプレックス チャンネル より共有
アニプレックス チャンネル より共有

OP

gifbanner?sid=3589474&pid=889082585 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】ASCA 『Howling』(TVアニメ「魔法科高校の劣等生 来訪者編」OPテーマ)
アニプレックス チャンネル より共有
gifbanner?sid=3589474&pid=889082585 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】八木海莉「Ripe Aster」(アニメ「魔法科高校の劣等生 追憶編」主題歌)
八木海莉 より共有

ED

gifbanner?sid=3589474&pid=889082585 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】佐藤ミキ 「名もない花」「魔法科高校の劣等生」ED
アニプレックス チャンネル より共有

同シリーズ

魔法科高校の劣等生

0d8eda31d4d09c69a98f6e639c0890ea 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)
0be211f40b6f2076950a92810899b8f8 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)
dfa40e5a6f680514f743f90a538b601f 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 3巻 九校戦編〈上〉
7b3242a7cce984529145d57d358947b7 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 4巻 九校戦編〈下〉
6c8ba0d59f6c97c00677004ccde8ad32 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生( 16 ) 四葉継承編
0b2c7c0adf758de6fab3210b3bd63f8e 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生(21)(22) 動乱の序章編
c922e027ec76169c700e2f6eb546471f 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生(23)孤立編
fd8cee78bfb82c80ddbffbcf19c9b635 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 (24)(25)エスケープ編
fe8ac7400b50ee0864aba3c47fdbb2be 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 (26) インベージョン
a4c29ecc8088c4dec8adb794e0715f1e 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 (27) 急転編
579b0762f62ac4986d2886fd20fcada5 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 (28)(29) 追跡編
b49e32a4423851250d2c1a368c5b5ab7 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 (30) 奪還編
98f36108d9092df1a9c5d92cc2dc2d58 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 (31) 未来編
75c1e4daa985651beb29249606ec87f2 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 (31) サクリファイス編/卒業編
982557b45cbc645c206105183d8c071e 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 Appendix(1)
457a662a64eac4fd60f510c24592d535-1 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 Appendix(2)

続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー

meijian01 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー 1巻
2ba5cbb657d2e1599edd30d8fa258ed4 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー(2) 
2ba5cbb657d2e1599edd30d8fa258ed4 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー 3巻
meijiann4 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー 4巻
dd6284003ab29a7aeda3d5d516aee262 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー 5巻
363e802adbcd1365db176847b817a797 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー(6)
efb954e88d7825e863a7355942f72162 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー(7)

新魔法科高校の劣等生  キグナスの乙女たち

ef6b8c52478f6f22a6703366267574d8 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち 1巻
rectangle_large_type_2_81f5129ba9b00148a6516456539184c0-1 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち 2巻
rectangle_large_type_2_684b6e67d543b48e6a86271297826033 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち 3巻
04baf11e2665831fa68ed61ffd978776 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち (4)
0fc390068818f347d55b1941e984dbcd 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち 5巻
c26b2b42d3049f54d0fc2b69b950d6dd 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち 6巻

漫画版

四葉継承編

9f1d5c243492f930c801a2864cbaec13-1024x536 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生  四葉継承編 1巻
306adaa8f90bfc1514a1da03d60c88b4-1024x536 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生  四葉継承編 2巻
4e9cf05f6d486a5b37ee6410288c868a-1024x536 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 四葉継承編 3巻

師族会議編

5938217f44e3711e037f1c428df87784-1024x536 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 師族会議編 1
4e49b712b3afe886235c65227faf97f4-1024x536 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 師族会議編 2
0e89092fe5c40840bbe577299d3b7464-1024x536 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 師族会議編 6

エスケープ編

8975b761dbe47c8d6eb9e18e00592800-1024x536 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
魔法科高校の劣等生 エスケープ編 1

その他フィクション

e9ca32232aa7c4eb96b8bd1ff309e79e-1024x536 小説【魔法科】「魔法科高校の劣等生 1 入学編(上)」【感想・ネタバレ】
フィクション(novel)あいうえお順

Share this content:

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA