「魔法科高校の劣等生 Appendix(2巻)」読書感想文

「魔法科高校の劣等生 Appendix(2巻)」読書感想文

どんな本?

『魔法科』10周年を記念した、BD/DVD特典小説などの電撃文庫化第2弾!

読んだ本のタイトル

#魔法科高校の劣等生 Appendix 2巻
著者:#佐島勤 氏
イラスト:#石田可奈 氏

あらすじ・内容

『夏の休日』――2095年夏、達也たちは、雫から軽井沢の別荘へ招待を受ける。軽井沢を満喫する達也たちだが、ほのかと雫にはある思惑があるようで――。
『十一月のハロウィンパーティ』――横浜事変の収束後、真由美の提案でハロウィンパーティが行われることになるのだが……。
『美少女魔法戦士プラズマリーナ』――スターズ候補生部隊『スターライト』に所属したリーナ。部隊の卒業課題として与えられた任務は魔法少女になること!?
『IF』――これは起こりえたかもしれない可能性の一つ。深雪や真由美が歌って、踊る、アイドルになって芸能活動!?
『続・追憶編』――2092年12月。中学生の達也と深雪は、深雪の「ニブルヘイム」の特訓をするため、巳焼島という小島を訪れる。
『メランコリック・バースデー』――2096年3月24日。婚姻が可能な16歳を迎える前日に、深雪は何を想うのか――。
『魔法科』10周年を記念した、BD/DVD特典小説などの電撃文庫化第2弾!

(以上、Amazonより引用)

感想

1巻と2巻表紙が繋がっていたから繋げてしまった、、

短編集だった。
2巻の表紙の深雪は沖縄の騒動の直後。

リーナは美少女魔法戦士プラズマリーナの時期なんだろう。
作者さん的にはプラズマリーナは書いていて楽しかったらしいww

「夏の休日Another」は海から山に行き先を変えた話。
ほのかが達也に告白するが、、
達也は事故で、自身に人を愛する感情が無い事をほのかに説明する。
この時に深雪がほのかに協力するのが、今の婚約者の状態を知ってると、深雪の苦悩もなかなかにエモい。

『十一月のハロウィンパーティ』
ハロウィンの話は深雪が縫ったコスチュームを達也が着る話。
深雪って、ちょっとズレてるんだな、、

『美少女魔法戦士プラズマリーナ』
まだスターズの総長になっておらず、恒星級の魔法師見習いのリーナ本人は真面目に仕事をしてるつもりなのに、、
メディアが面白おかしく放送して、ニュースを見るたびにリーナにダメージが入るw
でも、当初の目的の陽動としては大成功。
リーナにとっては黒歴史w

「IF」は深雪と真由美が芸能界デビューして達也はマネージャーのような立場でそれを見ている感じ。

いや、普通に武家のような十師族が民衆に媚を売る企画を許すわけないだろ。
まぁ、達也の夢だから良いかww
達也がこんな夢を見ること自体が驚き。

続・追憶編は沖縄の話の後の話で深雪が達也にベッタリになって母親の深夜と対立する。
深夜はずっと一緒にいたボディーガードを沖縄の騒動で亡くしており、本来なら深雪が側にいてあげた方が良かったのだが、深雪は達也に依存してしまっていた。

最後は深雪の16歳の誕生日で、深雪は結婚出来る年齢になってしまった。
その事実に深雪は達也以外の男性と添い遂げる事が無理だと苦悩してしまう。
そして達也も唯一の感情が深雪への執着なので、その彼女が他の男性と結婚するとなると本人はどうなってしまうのか、、

いや、今の婚約者の状態を知ってるからね、、
その悩みも今となっては、、

そんな感じの話だった。

最後までお読み頂きありがとうございます。

Share this content:

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA