「 薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~(4巻)」感想文・ネタバレ

「 薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~(4巻)」感想文・ネタバレ

どんな本?

スクエニ版は2017年9月25日出版。
8ヶ月くらいの周期で続巻が出版。

小学館版は2018年2月24日に出版。
4ヶ月くらの周期で続巻が出る。

ストーリーは原作が同じなのだから変わらないが、細部では大分違う。
読んでみた感じだと、小学館版の方がより中華風に寄せており文化の細部にまで気を遣っている。

読んだ本のタイトル

#薬屋のひとりごと ~猫猫の後宮謎解き手帳~(4)
著者:#日向夏 氏
作画:#倉田三ノ路 氏
キャラクター原案:#しのとうこ 氏

あらすじ・内容

原作2巻に突入! 新しい妃も登場!!
壬氏(ジンシ)付きの下女として、再び宮中に戻った薬屋の少女・猫猫(マオマオ)。ところが高官の急死、謎のボヤ騒ぎ、原因不明の食中毒と、次々に事件が発生! その上、妃教育の講師役に任命されるなど、猫猫の日常は休む間もなくて――?
いよいよ原作小説の2巻に突入し、新しい妃や侍女も続々登場する第4集です!!

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 4

感想&備忘録

外廷勤務

壬氏の下女となった猫猫は、後宮ではなく外延の勤務となったが、、
官女の試験に落ちてしまった。
それに不思議がる壬氏だったが、猫猫は理系であって法律などは専門外だろうに。。

それで立場は下女となってしまい、壬氏直属の侍女をしていた水蓮の後継者のような扱いになる。

そんな目立つ壬氏の直属の下女を面白く思わない官女達が猫猫を私刑して来た。
それをアッサリとあしらって猫猫は新しい仕事に馴染んで行く。
そんな時に訃報が飛び込んでくる。

酒毒

酒を大量に煽って亡くなった浩然。
元々彼は酒豪だったので、大量に酒を飲んでも体調には関係なかった。

だけど、彼は家族を亡くした時期から辛党から甘党に変わってしまった。

それを猫猫は味覚が変わってしまって、塩味を感じない舌になってしまった。

そんな浩然を面白く思わない者が悪戯にツマミとして出ていた岩塩を大量に入れた。
だけど彼は気が付かずに飲み続けて死亡してしまった。

やった本人は殺す気が無かったとはいえ、相手は亡くなってしまった。
何とも後味の悪い結末になってしまった。

煙管

外延の東側の軍部の処にお使いに行った猫猫。

そこには事件現場を検証している李白がおり。
その現場に首を突っ込んでしまった。

そして、アッサリと粉塵爆発だと見抜く。
その実験を李白の前で行って爆発させる。

そして、猫猫は原因と思われる煙管を持ってきてしまった。

後宮教室

猫猫が妃教育の講師に指名された。
推薦人は梨花妃、玉葉妃。
梨花妃は以前、教えたからわかるが、、
玉葉妃は絶対に面白がっているw

そして、始まってみたら、、
初めて会った桜蘭妃は無反応。
里樹妃は知恵熱が出て錯乱。

魚を食べて昏睡状態になった事件。
昔、高順が捜索していた事件に類似していたらしい。
そんな問題の起こった現場の台所に猫猫を呼び、彼女に現場を見せたら魚では無く海藻に毒があったと判明。

そんな海藻の知恵を授けた者はいったい誰なんだろうか?と猫猫が考えていたら、、、

軍部からアレが現れた。。
次巻へ続く。

最後までお読み頂きありがとうございます。

Twitter
ホームページ

同シリーズ

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~(1巻)
薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~(2巻)
薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~(3巻)
薬屋のひとりごと ~猫猫の後宮謎解き手帳~(4)
薬屋のひとりごと ~猫猫の後宮謎解き手帳~ 15巻

小説版

薬屋のひとりごと(The Apothecary Diaries)
薬屋のひとりごと 2巻(The Apothecary Diaries)
薬屋のひとりごと 3巻
薬屋のひとりごと 4巻 」
薬屋のひとりごと 5巻
薬屋のひとりごと 6巻 」
薬屋のひとりごと 7巻
薬屋のひとりごと 8巻 
薬屋のひとりごと 9巻 
薬屋のひとりごと 10巻 
薬屋のひとりごと 11巻
薬屋のひとりごと 12巻 

その他フィクション

フィクション あいうえお順

Share this content:

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA