「アオアシ 20巻」船橋戦 アシト、蚊帳の外に置かれる 感想・ネタバレ

「アオアシ 20巻」船橋戦 アシト、蚊帳の外に置かれる 感想・ネタバレ

どんな漫画?

愛媛から東京のJリーグのユースに入団した少年が主人公。
最初はボールを蹴る事が好きだった少年は、チームメイトと共にサッカーを基礎から学んで行く。

一歩前まで教えてくれるが、最後は自分で気が付かないといけない。
その理由は、、

20巻までのあらすじ

船橋戦のスタメンは以下の通り。

船橋の注目選手はFW2人。

日本代表になっているトリポネとフィジカルお化けの二原。

ショートスプリント力が高いので、守備をゾーンDFからマンマークへと切り替える。

トリポネは冨樫。
二原はアシトがマークに付く。

振り切られているアシトはチョロいと思っていたのだが、、

アシトはなかなか粘ってマンマークに付く。

たまには大友と組んで二原を抑えて船橋の猛攻を凌ぐ。

そして、栗林にボールを入れたエスペリオンはファイブレーンで船橋の守備陣形を崩して先制点を取る。

その直後に船橋はファイブレーンに対してファイブバックで対応。

守備を落ち着かせてしまうが、栗林がアシトに上がってこいと指示を出して、ボールの出し手が増えて船橋の守備陣のズレを狙って行くが、、、

アシトが攻撃に入り込みすぎて俯瞰の目が十全に活かせなくなってしまった。

トリポネと二原がポジションを交換して、マンマークはトリポネをアシト。
二原を冨樫が付くことになったが、、

アシトは二原の幻影に苦しめられていたw

二原のイメージがw

そして、船橋はファイブレーンをするエスペリオンからゴールを守りながら、PA右側でアシトを嵌める。

アシトはゴール前ではクロスをしない必ず突貫してくる。
それを船橋の監督が見抜いて、選手達にコーチングしていた。

結果。
アシトは嵌められボールを奪われた。
そして、船橋はカウンターを発動させる。

そして、ボールをトリポネに収める。

トリポネへのパスコースを防いだはずなのに、、、

その外側からトリポネの足はボールを捉えてシュートを放ってしまう。

1-1の同点。

何でトリポネがシュートを放てたか全く理解出来ず、試合中なのに混乱するアシト。

シュートコースを防ぐために手を出してしまい。

ペナルティーエリア内でのハンドをやらかして、ドグソで1発レッドを喰らうアシト。

完全に試合を壊してしまったアシト。
平への申し訳なさもあって立ってられないほど落ち込んでしまう。

試合は壊れたが終わってはいない。
充分挽回出来る。
それを体現している栗林が変貌した。

楽しんでるな、、、

読んだ本のタイトル

#アオアシ (20)
著者:#小林有吾 氏

あらすじ・内容

「どん底」を乗り越え、新たなステージへ―船橋学院戦後半。
「攻守コンプリート」を達成しようと意気込むアシトだったが、
船橋のエース・トリポネの超高校級のフィジカルを目の当たりにし、恐怖を覚える。
混乱したアシトは、ゴール前でトリポネが放ったシュートを手に当ててしまい、
なんとレッドカード退場となってしまう…!!

10人となったエスペリオン、1点ビハインドで残り15分という状況に絶望が漂うが、
そんな中、天才・栗林が闘争心をむき出しにする。
栗林に突き動かされ、奮起するエスペリオン。
それを見たアシトは、大きな衝撃を受け――!?

「挫折」から「再生」へ―――激動の20集!!

アオアシ 20

感想

アシトが退場しても勝利への執念を持ってたのは栗林、阿久津の2名のみ。
栗林は全く先の読めない試合が楽しくて仕方ない。

平のために頑張ろうと言っていた高杉も顔を俯かせていた。
それに対して栗林は、平への思いはそんな雑念程度の事だったのかと高杉を挑発する。

そんな彼等に福田監督は奇襲的な作戦を授ける。

栗林をスイッチにしての10人での5レーン。

それを突き抜けた2人が喜んでいる。

それで船橋のゴール前にまで運び、最後は阿久津の執念で同点になって試合終了。
突き抜けた3人が試合を動かす。

そして、平はエスペリオンから退団届を受理されて正式に退団する事になった。

そんな平の置き土産は大きかった。
阿久津には凄い選手になると思うと言い。

アシトと阿久津の間を取り持ってくれた。

そのおかげで、アシトと阿久津は守備の話をするようになる。

そして、阿久津は高杉から2年生の総意だとして次期キャプテンに指名される。

そして、福田監督は、、

それから2か月が経ち。
栗林はトップチームで結果を残してトップチームに定着。

来年トップに昇格する3人はチームに戻って来て勝ち点を順調に積み上げており。

そんなエスペリオンを追いかける星蘭高校。

そんな星蘭高校は強い。
選手の実力はユースの選手より低いのに強い。

その星蘭高校は何故に強いのか?
「恵まれた環境に蝕まれる」というセリフがイヤに気になる。

ユースに無くて、高校の部活にある物って何だ?

マイナスイメージしか思いつかない。

次の巻で解るのだろうか?

凄く気になる。

最後までお読み頂きありがとうございます。

Twitter
ホームページ

同シリーズ

アオアシ

アオアシ 1 巻
アオアシ 2 巻
アオアシ 3 巻
アオアシ 4 巻
アオアシ 5 巻
アオアシ 6 巻
アオアシ 7巻
アオアシ 8巻
アオアシ 9巻
アオアシ 10巻
アオアシ 11巻
アオアシ 12巻
アオアシ 13巻
アオアシ 14巻
アオアシ 15巻
アオアシ 16巻
アオアシ 17巻
アオアシ 18巻
アオアシ 19巻
アオアシ 20巻
アオアシ 23巻
アオアシ 24巻
アオアシ (25)
アオアシ (26)
アオアシ (27)
アオアシ 28巻
アオアシ 29巻
アオアシ 30巻
アオアシ 31
アオアシ 32

サッカー関連本

GIANT KILLING
監督たちの流儀 
サッカー指導者は伝え方で決まる 机上は緻密に、現場は柔軟に
 新GK論 10人の証言から読み解く日本型守護神の未来
電通とFIFA~サッカーに群がる男たち~
間違いだらけの少年サッカー

その他フィクション

フィクション(novel)あいうえお順

Share this content:

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA