読書感想文「月が導く異世界道中17 (最新刊)」Web版より加筆多数

読書感想文「月が導く異世界道中17 (最新刊)」Web版より加筆多数

どんなラノベ?

薄幸系男子の異世界成り上がりファンタジー!

当初は外見が悪いせいでヒューマンの世間での扱いはかなり低い。

同じヒューマン種とは思われて無いから相手は見下して来たが色々な功績を打ち立てた結果。

各国の重鎮から一目置かれるようになった。
そのせいで、様々なトラブルに巻き込まれるようになる。

先月終わったアニメも第2期作成が決まったようだ。

読んだ本のタイトル

#月が導く異世界道中   17
著者:#あずみ圭 氏 
イラスト:#マツモトミツアキ 氏

あらすじ・内容

【TVアニメも大好評】シリーズ累計200万部(電子含む)の超人気作! 

クズノハ商会代表としての各国歴訪を終えて亜空に戻った真は、自分の商人としての考えの甘さを痛感していた。

改めて人の悪意というものと向き合う決意を固めた彼は、ツィーゲの街の有力商人レンブラントを訪ねる。

世の中の表と裏を知り尽くす大商人に教えを乞おうとした真だったが、反対にこの街で進行する革命の計画について意見を求められてしまう。

発展めざましいツィーゲの街で、クズノハ商会がさらなる躍進を遂げる!?

(以上、Amazonより引用)

感想

15巻が出るまで2年半待たされ。
16巻は9ヶ月。
そして、この巻は3ヶ月!!!
さらに加筆多数!
え?(-_-;)
作者さんの体調は大丈夫なんだろうか??

識以来の4人目の従者が出来たが元月読様の従者だったせいか主人公にまだ心から従っていないようで、4人目の従者の環を亜空から出さない事を決める。

それでも新たに出来た神社と神殿にある桜を肴に酒盛りをする。(表紙)

その後は、荒野で主人公達に助けられた冒険者トア達アルパインが、トアの先祖が無くしたナイフを探すため荒野に潜る。

だがそれは、、、
亜空の連中がトア達のために舞台を作り、影で彼女達を暗殺者達に護衛させる始末。

それでも、彼女達は必死に冒険をして遂にはナイフを探し出すことが出来た、、

いや、亜空の住民がやった舞台だったけどさ。。

そして、トア達はツィーゲ1番の冒険者として君臨する。

そして、クズノハ商会はツィーゲでレンブランド商会の軒先を借りてたが、遂に独自の店舗を手に入れてリニューアルオープンする事になる。

そしてツィーゲも都市として宗主国からの独立を模索し出した。

まだまだ始めたばかりだが、、
ドンドンきな臭くなって来る。

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA