小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】

小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】

どんな本?

戦国小町苦労譚は、夾竹桃氏によるライトノベル。
農業高校で学ぶ歴史好きな女子高生が戦国の時代へとタイムスリップし、織田信長の元で仕えるという展開が特徴。
元々は「小説家になろう」での連載がスタートし、後にアース・スターノベルから書籍としても登場。

その上、コミックアース・スターでも漫画の連載されている。

このシリーズは発行部数が200万部を突破している。

この作品は、主人公の静子が現代の知識や技術を用いて戦国時代の農業や内政を改革し、信長の天下統一を助けるという物語。
静子は信長の相談役として様々な問題に対処し、信長の家臣や他のタイムスリップ者と共に信長の無茶ブリに応える。

この物語には、歴史の事実や知識が散りばめられており、読者は戦国の時代の世界観を楽しむことができる。

戦国小町苦労譚

2016年に小説家になろうで、パクリ騒動があったらしいが、、、
利用規約違反、引用の問題だったらしい

前巻からのあらすじ

武田家滅亡。


最後は信忠と勝頼の一騎打ちで決着を付けた。


そして信忠は長年文通していた松姫を迎えに行く。


その後、松姫の扱いで信忠が静子の家に避難、、

親子喧嘩勃発かと思ったら、静子が信忠を諭して事なきを得る。

さらに新領地で天然痘が流行し始めて静子が長年研究をしていたワクチンを法で絶対に必要な信長(連絡が取れなかった)の許可を得ずに使用。


法治の厳しさを知らしめるために静子は蟄居して罰を受ける。


それを信長が苦しみながら敢行する。

そして、上杉家では景勝と景虎の跡取り争いで決闘の合戦が行われる。


景勝の助っ人に前田慶次と静子の息子、四六が越後に向かう。

そして最後に和睦をしていた一向宗の本願寺が自身の拠点に籠城したと連絡が来る。

読んだ本のタイトル

#戦国小町苦労譚  15 本願寺炎上
著者:#夾竹桃 氏
イラスト:#平沢下戸 氏

(PR)よろしければ上のサイトから購入して頂けると幸いです。

あらすじ・内容

1577年6月、和睦が進んでいた織田家と本願寺に突如亀裂が入る。

行方知れずだった教如が本願寺を占拠したのである。裏で手を引いている「何者か」の気配を感じつつも、静子は官軍として本願寺に向かう。

7日間という制約にもひるまぬ奇策とは?

一方伊達家からは人質として「藤次郎(後の政宗)」が差し出され、静子のもとへ! 電話と最新兵器で北条家の牙城にいよいよ迫る勢いの15巻、ついに発売!

戦国小町苦労譚 十五 本願寺炎上

感想

石山本願寺の本拠地で挙兵の知らせあり。

朝廷が仲裁に入り和睦を進めて来たのに、それを蹴飛ばしての挙兵。

その知らせを聞いた天皇は激怒するも、朝廷には本願寺を討伐するだけの兵力が無い。


そんな朝廷の意図を汲んで関白の近衛家の娘、静子が出陣をする事になった。

そして静子は本願寺を囲み、信仰を崩すために気球で空爆を行い寺院を少しづつ燃やして仏罰が降っていると錯覚させ。

さらに本願寺の頭領が自身に矢玉は当たらないと豪語してる時に、火縄銃の狙撃で手を撃ち抜いて仏罰が下ったと信徒達を混乱させ。


本願寺はもう終わりだと心を折られた僧兵達は外に出よて逃げようと門を開けたら、大砲が撃ち込まれてで静子の軍が本願寺の城に突入。

石山本願寺は陥落。

本願寺戦はほぼ問題無く終わったが、、

静子の義理の弟が物凄く懐いて静子の側から離れないので辟易する。

そして、静子が本拠地に帰ると今度は伊達家から人質が来ることが決まる。

後々に独眼竜政宗と呼ばれるお子様だった。

彼は年齢の近い四六と仲良くなり、静子に母親の影を追う。

目が悪くなって悪相となったせいで母親にネグレクトされたトラウマが疼くらしい。

それを四六と共に居ることで少し癒えたのかもしれない。
元服したばかりなのでその辺りは、、

でも、元は独眼竜政宗。
静子の元でどう育つのか、、、

四六が懐いてる前田慶次に悪い遊びを教えられなければ良いけどねw

(PR)よろしければ上のサイトから購入して頂けると幸いです。

戦国小町苦労譚 シリーズ

16831008da18c6a52c262fb64cf84eb3 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
戦国小町苦労譚 1 邂逅の時
1904e5219ec41934538f8f054b816e9c 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
戦国小町苦労譚 2 天下布武
c092ace1113dc682b0f83ca211a5f4bf 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
rectangle_large_type_2_5a0df364452683e0ceca70553ea84a1b 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
戦国小町苦労譚 4 第一次織田包囲網
rectangle_large_type_2_f75b5ff833e11da60d0ef594629b903d 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
戦国小町苦労譚 5 宇佐山の死闘と信長の危機
f5fc449fc596351a7dfa7730dc78785b 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
戦国小町苦労譚 6 崩落、背徳の延暦寺
bd87160dd6d906a0d09f472f74d41387 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
戦国小町苦労譚 7 胎動、武田信玄
57e1e45255ee85bae70d41ed67749042 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
戦国小町苦労譚 8 岐路、巨星墜つ
7d140e55d6313697a6b86057057cc2aa 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
戦国小町苦労譚 9 黄昏の室町幕府
8c0b592f7aa9cf32db78ddc6480d4782 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
戦国小町苦労譚 10 逸を以て労を待つ
b0410dfbc5bb24c9b3fdac3dd5cfe4e4 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
戦国小町苦労譚 11 黎明、安土時代の幕開け
9fe3367421971db046a8e85f7e54dbfe 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
戦国小町苦労譚 12 哀惜の刻
420e92735b61225e34ff6e5c20f32cae 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
戦国小町苦労譚 十三、第二次東国征伐
41b5e0d46ecfa84a9b1180c893428c4b 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
戦国小町苦労譚 14 工業時代の夜明け
fb510b847c8885c0bb0d420e31d4adb3 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
『戦国小町苦労譚』15
e858ab7af9cb5c16bea886d6172570d0-1024x536 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
『戦国小町苦労譚』16

漫画

5b798ba6e26cf0f63d418e560aebe9ff 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
戦国小町苦労譚 11巻
8AEE3C2E-FE32-450F-8B87-DC3993C0DF73 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
漫画「戦国小町苦労譚 越後の龍と近衛静子 12巻」
c147522211db0f8bb6416fe583acf3d9 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
戦国小町苦労譚 乱世を照らす宰相 13
f9fbedaf604c364ff633fb883e64b97a 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
戦国小町苦労譚 乱世を照らす宰相 14
dd2f2ceb6c6843cae1afc33450cdd16a 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
戦国小町苦労譚 治世の心得(15)

その他フィクション

e9ca32232aa7c4eb96b8bd1ff309e79e-1024x536 小説『戦国小町苦労譚』15 本願寺炎上 一向一揆鎮火 【感想・ネタバレ】
フィクション(novel)あいうえお順

Share this content:

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA