「ヴィンランド・サガ 16」狩る者 狩られる者 感想・ネタバレ

「ヴィンランド・サガ 16」狩る者 狩られる者 感想・ネタバレ

どんな本?

11世紀頃、あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くしたヴァイキング。

その中でも最強と言われていたヨーム戦士団の戦鬼トールズの子。
トルフィンと名づけられた男が主人公。

アイスランドで産まれ、農夫&漁師の息子として育ったのだが、、
ヨーム戦士団のフローキがドールズの暗殺を傭兵のアシェラッドに依頼。
ドールズはトルフィンの目の前で殺されてしまう。

親の仇のアシェラッドを追いかけて幼くして戦場を生き場所としていくトルフィン。

そんな中で、アシェラッドはデンマーク・ヴァイキングの第二王子クヌートと組み。

ズヴェン王の首を跳ばしてクヌートの王座奪取のため、わざと殺されたアシェラッド。

そんなアシェラッドの最後を看取り、アシェラッドを殺した。

クヌート王子の顔を斬りつけてしまう。

デンマーク南部のケティルの農場に奴隷として売られ。

イングランドで奴隷にされたエイナルと出会う。

奉公人から差別と嫌がらせを受けながらも、農地を開拓して奴隷から解放された2人だったが、クヌートの農場接収に巻き込まれてしまう。
クヌートとの会談の結果。
クヌートの統治から逃げ出した人達の受け入れ場所。

新たな大陸、ヴィンランドに国を造るための旅を始める。

その前に地元に戻ったら。

姉に鉄拳制裁を受ける。

読んだ本のタイトル

#ヴィンランド・サガ 16巻
著者:#幸村誠 氏

あらすじ・内容

戦争も奴隷制度もない国を作るためヴィンランドを目指すことを誓ったトルフィンは、遠征のために必要となる莫大な資金を得るために東方ギリシアの都・ミクラガルドへ向けて旅立った。船乗りになることを願い、夫のもとを飛び出した花嫁・グズリーズがトルフィンの仲間に加わり、さらに、身寄りのない赤ん坊と犬も加わった。その船を花嫁奪還を誓うハーフダンの息子・シグルドが追う!!

ヴィンランド・サガ(16)

前巻からのあらすじ

戦争と奴隷制から逃げた先人々の受け入れ先。

水平線の向こうの大地、ヴィンランドに国を造る。

そのためにも資金が必要。
アイスランドで資金を持っている者は誰だと言ったらハーフダンとなる。

ハーフダンから融資してもらうためにトルフィンはハーフダンの農場へ行くのだが、、

ハーフダンの桟橋で、ハーフダンの倅シグルドとレイフの農場のグズリーズと結婚する事を知る。

グズリーズは、船で旅をしたいと昔から言っており。

普通の女性がやる裁縫、料理、洗濯などの家事には全く興味をしめさずド下手。
そんな結婚だけど、ハーフダンの妻はグズリーズを嫁にするのは反対だと言うほど個人同士の相性は最悪。

それでもグズリーズは、女は船乗りになれないとレイフに言われ大人しくシグルドに嫁ごうとしていたのだが、、

そんなグズリーズは、初夜でシグルドをナイフで刺してしまい逃亡してしまう。

感想

ハーフダンの倅シグルドを刺してしまったグズリーズ。
シグルドの下から逃亡して、レイフの船の側の樽の中にいたのだが、、
トルフィンに見つかってしまう。

船乗りになりたいのに、女は結婚しろと言われ。

シグルドと結婚しようとしたが、本能が拒絶してシグルドを刺してしまったグズリーズ。

そんな彼女をトルフィンは船乗りとして受け入れようとレイフに提案する。

そしてグズリーズはレイフの船に乗りギリシャを目指して航海に出る。

後始末をレイフの妹に任せて、、、
そして、花嫁に逃げられた男。
シグやんは花嫁のグズリーズを追い掛けると父親に誓う。

何故か連れ戻すまで帰らないとまで言って、、
何で自分を追い詰めるかな?

そして、トルフィン達は北大西洋を渡りフェロー諸島へ行く。
そこはトルフィンの父が亡くなった場所でもあった。
そして彼は、戦乱を厭った父親ですら。
最期まで剣を棄てる事ができなかった事を思い出し、自分が暴力が蔓延る大陸で剣を持たずいられるかと心配する。

生きるか死ぬかの航海なのに自身が暴力を振るわないかと心配するトルフィン。
それをエイナルが「オレがお前を知っているってことを」と言ってトルフィンを後押しする。

そして、大陸に行く前にのシェトラント諸島に上陸したら。
レイフの友人のアルングリルの一家が族滅されていた。
生存者がいないかと捜索したら犬が燃え尽きた家屋を守護していた。
トルフィンは犬を説得して、家屋の地下室を発見して中に入ると、、

母子がいたが、母親は背中に矢を受けておりトルフィンに赤ん坊のカルリを預けると死亡してしまう。

近隣のアルングリルの親戚にカルリを預かって欲しいとお願いするが、、
アルングリル一家はギースリ一家と長年モメておりギースリは遺恨を残さないためにアルングリルの一家を皆殺しにしたのに、生き残りがいると知ると。
預かった家ごと皆殺しにされると言う。

さらに、このままシェトラント諸島にいると。
一族郎党皆殺しされた仇撃ちの義務。
ノルドの男の義務がカルリにのしかかって来る。

お陰で、赤ん坊のカルリと犬はレイフの船に乗ることになる。

ノルドの男の義務の説明がされる。
殺した者は必ず復讐される。

殺しの連鎖を継続する事が殺人の抑止になる。

何とも殺伐とした義務だが、殺人への抑止にはなる。


そんな話をした後に、ノルウェーに到着したトルフィン達だったが、、

グズリーズが大きい木が生えてる事に驚いていたら、、
クマが襲って来た。
トルフィンが囮になりクマを引きつけていたが、、

エイナルがトルフィンを助けるためにクマの注意を引いていたら、クロスボウの矢でクマの心臓を直撃して倒してしまう。

その場でクマを解体して熊鍋を食べ、ヒルドの事を色々と聞くと、、、

彼女は戦争で父親、母親、妹を殺された。

彼女の父親を殺したのは、傭兵アッシェラッドの部隊にいたトルフィン。

彼女の言葉に心当たりがあるトルフィン。

そして、彼女の父親を殺したのは自分だと自白する。
そして、ヒルドがトルフィンにクロスボウを構える。

最後までお読み頂きありがとうございます。

アニメ版

PV

TWIN ENGINE より共有
TWIN ENGINE より共有
TWIN ENGINE より共有
MAPPA CHANNEL より共有
MAPPA CHANNEL より共有
MAPPA CHANNEL より共有
MAPPA CHANNEL より共有

OP

MUKANJYO By Survive Said The Prophet“サバプロ”
TWIN ENGINE より共有
【Dark Crow】 By MAN WITH A MISSION
TWIN ENGINE より共有
【River】 By Anonymouz
MAPPA CHANNEL より共有
【Paradox】 By Survive Said The Prophet
MAPPA CHANNEL より共有

ED

【Torches】 By Aimer
TWIN ENGINE より共有
【Without Love】 By LMYK
MAPPA CHANNEL より共有
MAPPA CHANNEL より共有

同シリーズ

ヴィンランド・サガ

ヴィンランド・サガ 9
ヴィンランド・サガ 10
ヴィンランド・サガ 11
ヴィンランド・サガ 12
ヴィンランド・サガ 13
ヴィンランド・サガ 14
ヴィンランド・サガ 15
ィンランド・サガ 16
ヴィンランド・サガ 17
ヴィンランド・サガ 18巻
ヴィンランド・サガ 19
ヴィンランド・サガ 20
ヴィンランド・サガ 21
ヴィンランド・サガ 22
ヴィンランド・サガ 23
ヴィンランド・サガ 26

その他フィクション

フィクション(novel)あいうえお順

Share this content:

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA