小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 1 」感想・ネタバレ

小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 1 」感想・ネタバレ

どんな本?

『ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで』は、高校生の三森灯河がクラスメイトとともに異世界へ召喚される物語である。
クラスメイトたちは強力なスキルを持つ勇者として召喚されたが、灯河は唯一の最低ランクであるE級勇者として召喚された。
彼は女神ヴィシスにより生存率ゼロとされる遺跡に廃棄されたが、そこから最強の悪魔へと成長し、復讐を誓う逆襲の物語が始まる。

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで」は、篠崎芳によるライトノベルシリーズで、KWKMがイラストを担当している。

主人公は「ハズレ枠」と称され召喚した女神に廃棄場に廃棄されてしまう。
廃棄された召喚者達を嬲り殺そうと襲って来たモンスターを【状態異常スキル】を駆使し、困難な状況を乗り越えていく。
物語は、主人公が経験値の取得とレベルアップを繰り返すことで自身の限界を超え、新たなスキルを獲得し、押し寄せる魔物を蹂躙していくところから展開。

このシリーズは、読者に強い印象を与えるストーリーとキャラクターで知られている。
また、このシリーズはオーバーラップ文庫から出版されており。
それぞれの巻は、主人公が困難を乗り越えて成長していく様子を描いている。
このシリーズは、ファンタジーと冒険の要素を組み合わせたエキサイティングな物語で、多くの読者から高い評価を受けている。
それぞれの巻で新たな冒険が始まり、読者は主人公の旅を通じて様々な世界を体験することができる。

読んだ本のタイトル

#ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 1巻
(英語名:Failure Frame: I Became the Strongest and Annihilated Everything With Low-Level Spells
著者:#篠崎芳 氏
イラスト:#KWKM 氏

gifbanner?sid=3589474&pid=889458714 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 1 」感想・ネタバレBookliveで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=889059427 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 1 」感想・ネタバレBOOK☆WALKERで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=890540720 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 1 」感想・ネタバレ

(PR)よろしければ上のサイトから購入して頂けると幸いです。

あらすじ・内容

手にしたのは、絶望と――最強に至る力

クラスメイトとともに、異世界へと召喚された「空気モブ」の高校生・三森灯河。
クラスの面々はS級やA級の勇者として召喚されたが、灯河は唯一の最低ランク
であるE級だった。女神ヴィシスより生存率ゼロの遺跡に廃棄された灯河は、絶
望の奈落に沈みつつも「ハズレ枠」と称された【状態異常スキル】でもって、魔
物を蹂躙し続ける。そして、光も届かぬ闇の底で灯河の胸に去来する思いは、た
ったひとつだけだった――。
「もし生きて戻ったら――覚悟、しておけ」
かつて空気モブだった廃棄勇者が、最強の悪魔へと至る逆襲譚、ここに開幕。

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 1

プロローグ

三森灯河はクラスメイトとともに異世界へと召喚された。クラスメイトたちはS級やA級の勇者として評価されたが、灯河だけがE級の最低ランクであった。女神ヴィシスによって、灯河は生存率ゼロとされる遺跡に廃棄される。この絶望的な状況で、灯河の胸に去来する思いはただ一つ――「もし生きて戻ったら――覚悟、しておけ」であった。

第1章 召喚を告げし女神

クラスメイトたちは異世界に召喚され、女神ヴィシスから勇者として選ばれたことを告げられる。彼らは大魔帝を倒す使命を負い、水晶で能力測定を受ける。桐原や十河は高評価を受けるが、灯河はE級勇者と評価され、クラスメイトから軽蔑される。灯河は女神から見捨てられ、遺跡に送られることが決定される。

第2章 廃棄遺跡

灯河は冷たい地面に目覚め、暗闇の中で遺跡を探索し始める。彼は魔物に襲われるが、【状態異常スキル】を駆使して生き延びる。スキルの効果を確認しつつ、彼は自分の能力を信じるようになる。彼は遺跡内で様々な魔物と戦い、徐々に強くなっていく。

第3章 蹂躙へと続く道

灯河は遺跡内で魔物を倒し続け、経験値を稼ぎながらレベルを上げていく。彼は敵を麻痺させ、毒を使って倒すことで、自分のスキルの有用性を確認する。彼は生き延びるための戦略を練り、魔物たちを制圧していく。

第4章 ソウルイーター

灯河は遺跡内で「魂喰い」と呼ばれる恐ろしい存在に遭遇する。彼は巧みにスキルを使い、魂喰いを倒すことに成功する。この戦闘によって彼のレベルが大幅に上昇し、さらなる力を得る。彼は魂喰いの残骸から金色の石を手に入れ、地上への道を見つける。

第5章 AVENGER(S)

灯河は遺跡から脱出し、地上に戻る。彼は新たな情報を求め、地方都市ミルズへ向かう。途中でスライムと出会い、スライムを仲間として受け入れる。彼はスライムを「ピギ丸」と名付け、共に旅を続けることを決意する。

第6章 邂逅

灯河はミルズで情報を集める中で、追われる女性と出会う。彼女は「精式霊装」を纏い、追跡者から逃れていた。灯河は彼女を助けることで情報を得る。彼は「禁忌の魔女」が詳しいと聞き、彼女の居場所を探ることにする。

灯河は新たな冒険と復讐の旅を続ける決意を固める。彼は自身の成長と力を信じ、女神ヴィシスへの復讐を果たすために歩み続ける。彼の旅はまだ始まったばかりであり、これからの展開に期待が高まる。

感想

本書は、主人公三森灯河の成長と復讐の旅を描いている。物語の始まりで灯河はクラスメイトとともに異世界に召喚されるが、彼だけが最低ランクのE級勇者として廃棄される。この設定はよくある異世界転生ものと一線を画しており、読者を引き込む。

灯河は絶望の中で【状態異常スキル】を使って魔物を倒し続ける。彼のスキルは一見すると役立たないように見えるが、実際には非常に強力であり、魔物を次々と麻痺させ、毒殺することで成長していく。この過程で、灯河は自分の能力を信じ、自らの力を高めていく姿が描かれている。

物語は多くの視点から描かれ、クラスメイトたちの間での対立や葛藤も鮮明に描かれている。特に、桐原拓斗や高雄姉妹といった主要キャラクターとの関係が複雑に絡み合い、物語に深みを与えている。彼らの中には灯河のことを見下し、排除しようとする者もいるが、灯河は自らの力で彼らを見返すことを誓う。

女神ヴィシスに対する灯河の復讐心は物語の中心的テーマであり、彼が生き延びるための原動力となっている。彼は廃棄遺跡から生還し、次第に最強の存在へと成長する。その過程で、彼は多くの敵や障害を乗り越え、最終的には女神に対する復讐を果たすことを決意する。

この物語の魅力は、主人公が逆境に立ち向かい、成長していく過程をリアルに描いている点にある。また、状態異常スキルの巧妙な使い方や、戦略的な戦い方が描かれており、読者を飽きさせない展開が続く。

本書を読んだ印象としては、登場人物の多くが悪人であり、主人公がその中で孤独に戦う姿が非常に印象的である。クラス全体が異世界に転移され、最低ランクとして廃棄された灯河が復讐を誓うストーリーは、読者に深い共感と興奮を与える。

全体として、『ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで』は、逆境に立ち向かう主人公の成長と復讐の物語を描いた作品であり、多くの読者に感動と興奮を提供する一冊である。次巻も大いに期待できる内容である。

最後までお読み頂きありがとうございます。

gifbanner?sid=3589474&pid=889458714 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 1 」感想・ネタバレBookliveで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=889059427 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 1 」感想・ネタバレBOOK☆WALKERで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=890540720 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 1 」感想・ネタバレ

(PR)よろしければ上のサイトから購入して頂けると幸いです。

同シリーズ

1f9276fa1433109b23fb06b6b20a15e0 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 1 」感想・ネタバレ
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 1巻
0f51289f5cfad48f37dcd2af2a7b2cc2 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 1 」感想・ネタバレ
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 2巻
1221c2986b76903735119acdc5ee0524 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 1 」感想・ネタバレ
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 3巻
13912b3a1951c8b5f67cb754a8dd889b 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 1 」感想・ネタバレ
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 4巻
1d6a9fdf4dc2ae8d4e85b72e2c1fe567 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 1 」感想・ネタバレ
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 5巻
877d318c3372e6bf22f68b35209da5c5 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 1 」感想・ネタバレ
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 6巻
7715e5784287594e9fec8010fd793156 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 1 」感想・ネタバレ
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 7巻
9a7b3a03d756cc1a9fdd6c7eef593c54 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 1 」感想・ネタバレ
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 11.5

その他フィクション

e9ca32232aa7c4eb96b8bd1ff309e79e 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 1 」感想・ネタバレ
フィクション(novel)あいうえお順

アニメ

PV

ぽにきゃん-Anime PONY CANYON
ぽにきゃん-Anime PONY CANYON

OP

ぽにきゃん-Anime PONY CANYON

ED

ぽにきゃん-Anime PONY CANYON

備忘録

プロローグ(アニメ1話)

修学旅行中の荻十学園2年C組は、山間の道をバスで移動している。
クラスの注目集めるグループには、イケメンで人気の桐原拓斗がいる。彼の隣には、昔気質の不良で親友を自称する小山田翔吾がいる。
桐原と小山田は、クラスの一部の男女を引き連れている。
また、クラスには高雄姉妹として知られる変人の双子、そして学力トップの美人クラス委員十河綾香がいる。
バス内では、小山田が十河の恋愛小説にちょっかいを出し、それを桐原が止める場面がある。
さらに、小山田はいじめられっ子の安智弘をからかっているが、クラス担任の柘榴木保がそれを制止する。
このクラスには明確な序列が存在しており、各生徒の立ち位置がそれぞれ異なっている。

1.召喚を告げし女神(アニメ1話)

2年C組の生徒たちは異世界に召喚される。
石造りの広い部屋で目覚めた彼らは、ティアラをした女神ヴィシスから自身たちが選ばれた勇者であることを告げられる。
女神によれば、この世界では大魔帝と呼ばれる悪の親玉が復活し、彼らはその打倒のために召喚されたという。
召喚された勇者たちは過去にも邪悪な存在を倒してきたが、今回も同じ役割を果たすことが期待されている。

生徒たちはこの突然の展開に戸惑い、特に小山田は怒りを露にする。
しかし、女神は冷静に状況を説明し、召喚の秘術を持つヴィシス教団の重要性を示す。
彼らが元の世界へ戻るには大魔帝を倒し、その心臓から「邪王素」を手に入れる必要があると告げられる。
救世の勇者としての役割を受け入れざるを得ない状況に置かれた生徒たちは、異世界での使命に直面する。

小山田が、異世界に召喚されたことに激しく抗議するが、女神ヴィシスは冷静に対応する。
そして、三つ目のオオカミが現れ、暴れる様子を見せる。
これを見たクラスメイトたちは恐怖と衝撃で反応し、小山田はその現実を受け入れざるを得ない状況に立たされる。
女神はこの光景を通じて、彼らが異世界にいることの証明として魔法を使い、オオカミを消し去る。

その後、女神はクラスメイトたちに異世界での使命について説明し、大魔帝を倒すために勇者として彼らの力を必要とすることを告げる。
クラスメイトたちはこの新しい現実に驚きつつも、徐々に状況を受け入れ始める。
特に桐原は自然とリーダーシップを取り、女神からの説明を聞き、自分たちの役割について質問する。
そして、水晶による能力測定が行われ、桐原と十河綾香は特に高い評価を受け、異世界で重要な役割を果たすことが示される。

2-Cの生徒たちが次々と水晶測定を受ける。
桐原と十河がS級、高雄姉妹の一人もS級と評価される。
これにより、歴史上最高の勇者の一団とされる。
大半の生徒は平凡な結果が続く中、三森は評価されず、自分の立ち位置を受け入れる。
最後に安智弘がA級と評価されるが、その性質については疑問が残る。
女神はA級勇者の価値を強調し、彼らに対する争いを禁じる。
最後に、生徒たちにこの世界での力の使い方を教えることを提案する。

2-Cの生徒たちが「ステータスオープン」と唱えると、各自の能力がホログラフィックなディスプレイで示される。
この現象は異世界ならではのステータス表記であり、生徒たちは自分たちの能力を確認しながら、この新しいシステムに興奮している。
女神は、生徒たちに馴染みのある形でこの補助システムを構築し、召喚元の世界に合わせて最適化したと説明する。

桐原はLV1から固有スキルが使えるという非常に珍しいケースであり、その能力の高さに周囲は驚愕する。
一方、十河も特殊なスキルツリーを持っており、高雄姉妹もそれぞれが高いランクを持つことが確認される。
異世界人たちも、高雄姉妹の美貌と威圧感に圧倒されている。

三森はステータスを開いても特に目立った能力がなく、「E級勇者」として低い評価を受けるが、彼自身、これに動じない様子である。
彼のスキルツリーは他の生徒とは異なり、状態異常を付与する能力が確認されるが、これも彼にとっては地味な存在感を象徴しているようだ。

三森灯河は、女神との会話を盗み聞きしてしまい、自身がE級勇者であることと、それが最低ランクであることを知る。
彼は隠れるようにして女神に話しかける決意をするが、直前で躊躇してしまう。
女神との会話の中で、E級勇者は過去に役に立たず、足を引っ張る存在とされ、処分されることがあったと明かされる。
その後、処分を避けるため、再起のチャンスとして遺跡に送られることが新たな方針として採用されたことが語られる。

三森は、この遺跡から生きて帰れば自由を得られるが、その遺跡は非常に危険であることが暗示される。
彼は自身の固有スキル「状態異常付与」が有用であることを訴えるが、女神にはそれが無価値であると一蹴される。
そのスキルは成功率が低く、効果も薄いため、実質的に役立たずであるとされる。

女神は三森に対し、E級のステータスであるため成長が期待できないと告げる。
三森は自身の状況に抗議するが、桐原に遮られ、侮蔑される。
桐原は他の生徒の前で三森を非難し、周囲の生徒たちも三森を馬鹿にするようになる。
安智弘は最初は憐れみを示すが、三森が彼に敬語を使ったことで、その態度は優越感に変わる。

ある日、三森は安が小山田に虐められている場面に遭遇する。
安が土まみれになっている様子を目の当たりにし、三森は安に助けを提案する。
しかし、安は三森の手を払いのけ、自分が上であると主張し、激昂する。
この出来事を通じて、三森は序列という概念を意識するようになるかもしれない。

安智弘は、自身が一流大学と一流企業に進むことでクラスメートたちを凌駕すると豪語している。
彼は、現在のクラスメートたちの多くが自己中心的で瞬間的な満足しか求めていないと非難し、彼らが将来的に自分よりも序列が下になると確信している。
また、十河や高雄姉妹以外のクラスメートを価値がないと見下しており、自分の上昇志向を誇示している。
この態度は、安が以前に示した攻撃的な振る舞いが彼の真の性格であることを示唆している。

三森灯河は女神に対して、自分の能力が効かないことを確認し、絶望感を味わう。
一方で、桐原は自分の高度なスキルを披露し、それが誤って壁を破壊する程の力を持っていることを認識する。
三森はクラスメイトたちと女神からの軽蔑的な扱いに直面し、これに対して強い怒りと悔しさを感じている。
彼の絶望的な状況に対して、彼自身は最後に「くたばれ、クソ女神」と言い放ち、自身の感情を解放する。
その後、女神は三森を「廃棄遺跡」と呼ばれる危険な場所に送り込む準備を整え、三森はそこから生きて戻ることは不可能であると宣言される。
最終的に三森はその状況を受け入れ、生きて戻った場合の報復を女神に警告する。

2.廃棄遺跡(アニメ1話)

三森灯河は非常に厳しい家庭環境で育った。
幼少期には日常的に虐待を受け、性格が歪んでしまったとされる。
父親と母親は、三森に対して暴力を振るい、冷酷な言葉を投げかけた。
ある時、三森は自己防衛のために両親への強い敵意を抱くようになったが、後に両親は行方不明となり、三森は叔父夫婦に引き取られた。
叔父夫婦の優しさに触れ、問題のない子どもになることを決心した。
しかし、その過程で自分自身を抑圧し、目立たない存在になってしまった。それでも、最近、本来の自分である「ミモリトウカ」へと戻り始めたのかもしれない。

目が覚めた三森灯河は、冷たくゴツゴツした地面に寝転がっていた。
背中は痛みを感じ、暗闇の中で自身のステータスを確認しようとしたが、視界が確保できないため不可能であった。
地面を手探りで調べ、皮製の袋を発見し、宝石に魔素を流し込むと、袋は光り始めた。
その光は弱いながらも視界を少し改善した。
周囲は洞窟のようで、地面は凹凸が激しかった。
さらに探索を進めると、半分だけの頭蓋骨を発見し、恐怖を感じ始めた。

三森灯河は生き延びる可能性がないと感じていたが、本能が生きるよう促し、不意に光が増し、何かが近づいていることに気付いた。
恐怖と殺気を感じ、三森灯河は全力で逃走を試みた。
身体は極限状態にあり、全ては本能に委ねられていた。
逃げる中で、三森灯河は涙を流していたが、それは恐怖ではなく、悔しさによるものであった。

三森灯河は、牛の頭部を持つ人型の魔物に直面した。その姿は筋肉質であり、巨大な角が枝分かれしている。
この魔物はミノタウロスを彷彿とさせ、地面を溶かす液体を放出していた。
三森灯河は、逃げることが不可能であると悟り、自らの終わりを受け入れたが、叔父夫婦や十河綾香への感謝の言葉を述べる機会が欲しかった。
魔物が近づく中、三森灯河は力を求め、自分のハズレスキル「パラ、ライズ」を使ってみる決断をした。
奇跡的に、魔物の動きが止まり、三森灯河はその隙に逃走を試みる。

彼は二度にわたり状態異常付与スキル「パラライズ」が成功したことに気づく。
これが奇跡ではなく、この世界の魔法とは異なるメカニズムによるものではないかと仮説を立てる。
彼はスキルが高い成功率を持つ可能性を考え、地上を目指そうと決意する。
しかし、彼のスキル使用にはMP(魔力ポイント)が必要であり、彼のMPはほとんど残っていない。
さらに、彼がE級勇者であるため成長率が低いことも問題である。
彼はスキルの効果時間と自身のリソースを確認しながら、どのようにして生き延びるかを模索している。

三森灯河は麻痺させた鳥頭の状態を確認するために戻る決断を下す。
途中で斧を発見し、これが廃棄者の持ち物かと思いつつ手に取る。
闇の中で視界が確保されていたため、鳥頭の位置を確認し、まだ麻痺していることを見て安堵する。
鳥頭の上にはゲージが表示されており、効果の持続時間が半分を切っていることが確認できる。
斧で鳥頭を攻撃しても麻痺が解けないことを確認した後、斧が鳥頭の酸で溶けることに気付く。
さらに、毒スキルを使い麻痺との重ねがけが可能であることを確認し、鳥頭の毒への耐性と効果の確認を行いつつ、待機することを決める。
彼はこの戦略でレベルアップが可能かもしれないと考え、結果を待つ。

三森灯河は鳥頭の前で胡坐をかいて麻痺と毒の状態を監視していた。
麻痺の効果が切れる瞬間を見計らって【パラライズ】の重ねがけを試みるが、同じスキルの連続付与が不可能であることが判明する。
この時、既にMPがほぼ尽きていることが明らかになる。
次に【スリープ】を試み、鳥頭が倒れる。麻痺と眠りの交互付与に成功し、MPの続く限り続けられると考える。
しかし、鳥頭との戦いに集中している最中、ミノタウロスが現れ、三森は再び危機的状況に陥る。
ミノタウロスにも【スリープ】を試みて一時的に成功するが、やがて更なる魔物の群れが現れ、三森は絶体絶命の状況に直面する。
最終的には、自分ができることはすべて試したと結論づけ、運命を受け入れる。

岩肌の壁を背にして、三森は両のこぶしを握り締める。
誰かに助けられることを期待せず、自分自身を救う覚悟を固める。
状況は過酷であり、自らがヒーローやヒロインではなく、空気のような存在であると自認しつつも、逆境を乗り越えようと決心する。
自身を雑草に例え、困難な環境でも生き残ることを賭ける。
群れの先頭の魔物に【パラライズ】を放ち、鳥頭とミノタウロスを麻痺させることに成功する。
めまいが襲い掛かるが、三森は踏みとどまり、生存競争の開始を宣言する。

3.蹂躙へと続く道(アニメ2話)

三森は【パラライズ】を連続して放ち、計八匹の魔物を麻痺させる。
これにより麻痺した魔物が障害物となり、彼は追加の攻撃を行う余裕を得る。
しかし、MPが残り少なくなり、意識が薄れかけている中、新たな敵の増援が現れる。三森は意地を見せ、力尽きるまで戦いを続ける決意を固める。
絶体絶命の状況の中で、毒により倒れた鳥頭から得た莫大な経験値によって、彼のレベルが一気に258まで上昇する。
新たに得た力をもって、さらに多くの魔物に【パラライズ】を成功させ、戦闘を有利に進める。
彼はこの廃棄遺跡において、魔物たちを麻痺させながら経験値を稼ぎ、生き残る道を模索する。

三森灯河は壁を背に座り、麻痺状態の魔物たちを眺める。
これらの魔物は毒によって徐々に命を削られている。
彼はこれを観察し、麻痺と毒の効果について継続的に監視する必要があることを認識している。
また、自身のMPが枯渇する前に、眠りの状態異常を魔物に追加する計画を立てている。
その後、ステータスを確認し、大幅に増加したMPと他のステータスを見て安堵する。
彼の計画は成功し、魔物たちは次々と倒れ、彼のレベルは大幅に上がる。
最終的に魔物たちは、三森灯河を殺すリスクが高すぎると感じ、逃走を始める。
彼はこれを静かに見守り、地上への道を探索することを優先する決意を固める。

三森灯河は最初に転送された場所へ戻り、周囲を探索する。
初めてこの場所に来た時はドクロを発見しただけで、すぐにミノタウロスに襲われてしまったため、詳細な探索ができなかった。
今回は、周囲の警戒を怠らず、不意打ちや奇襲を最も警戒している。
彼にとって固有スキルの先手必勝が生き残る鍵である。
目的地に到着した彼は、魔素を込めた皮袋を持ちながら警戒する。
洞窟内は冷えており、彼は見つけた黒い外套を羽織り、短剣を装備する。
探索を続ける中で、転送場所に魔法陣が彫り込まれていることを確認するが、これが役に立つとは思えない。
彼は自身の状況を優先しながら地上への脱出方法を探求し続ける。
空腹と水分不足に悩まされつつも、魔物の脅威から逃れながら魔物が利用している可能性のある水場や食料を求めて前進する。

【逃亡者:セラス・アシュレイン】

深い森の中で、一人の女性が下半身を水面に浸しながら木漏れ日を楽しんでいる。
彼女の肌は乳白色で、上質な絹のような滑らかさを持っている。白く豊満な双丘には、濡れた長い髪がはりついている。
彼女は金の髪を後ろへ撫でつけ、ようやく追手を撒くことができたと感じている。
森は身を隠すのに適した環境であり、彼女にとっても慣れ親しんだ場所だ。
清潔な布で体を拭きながら、久しぶりの水浴びの心地よさを感じている。
彼女は過酷な逃亡生活を送っており、いつ終わるのか不安を感じている。
青空の下、涼風が彼女の肢体を優しく撫でるが、心の暗雲は晴れる気配がない。

【三森灯河】

ある男が同じような景色を歩き続けている。
感覚的に長い時間が経過しているが、実際の時間はわからない。
洞窟の中では時間感覚が破壊され、常に闇が広がっている。
彼は空腹と渇きを感じており、スキルを発動するために神経を尖らせなければならない。
何も見つからない中、彼は魔物の死体が食べられるかもしれないと考え、その場所に戻る。
しかし、魔物は毒で死んでおり、食べられる状態ではなかった。
彼はこの場所が送り込まれた者たちを殺すための場所であることを悟る。
彼の持っていた宝石は、魔素の注入により色が変わり、彼は何かが変わることを望んでいる。
彼は尽きるまでやることを決意し、何かを変える余力がまだあることを実感している。

三森が途方もなく繰り返される景色の中を歩き続けていた。
彼は飢餓と渇きに苦しんでおり、行動が制限されている状況であった。
突然、彼の持っていた皮袋からコーラとビーフジャーキーが現れる。
最初は幻覚かと疑ったが、実際に飲み物を手にし、激しい渇きを解消した。
食料も得られたことで、少しの間は生き延びることができると確信した。

この皮袋は、魔素を注入することで何かを生み出す能力があるようだが、その具体的なメカニズムは不明である。
三森は、皮袋にさらに魔素を注入し、宝石の色が変わるのを待ったが、再び食料が出現するかは不確かであった。

三森は、飢餓と渇きの問題を一時的に解決し、再び洞窟を探索する準備を整えた。
この皮袋がどのように彼を助けるかは未知数であるが、少なくとも現時点では彼の生存に大きな助けとなっている。

三森が過去の戦場を訪れ、未知のエリアへと進む決意を固めた。
彼は長い間砂の地帯を歩き、巨大な半円形の穴の前に立った。
彼が進んだ先には広大な鍾乳洞が広がり、そこには毒の沼があり、人間の頭蓋骨が浮かんでいるのが見えた。
三森は更に前進し、遺跡のような広い空間に入った。
そこで、彼はドラゴンゾンビと遭遇し、その圧倒的な存在に直面した。
ドラゴンゾンビが攻撃を試みたが、三森はすぐに「パラライズ」と「ポイズン」のスキルを使い、ドラゴンゾンビを制御下に置いた。

三森はドラゴンゾンビを麻痺と眠りの状態にして安全を確保した後、その状態を保つために警戒を続けた。
その間、自身のステータスを確認し、特にMPの残量とスキルの効果に満足している様子である。
しかし、継続的な戦闘と冒険の疲労から、睡眠の必要性に迫られる。
安全な睡眠の場所を探すため、周囲を探索し、最終的にドラゴンゾンビの骨の隙間に隠れる場所を見つけた。
そこで一晩を過ごすことに決め、簡易的な警報システムとして小骨を周囲に散布し、即座に反応できる座った姿勢で眠りについた。

三森は、短時間の眠りから覚醒し、すぐに魔物たちの気配を察知する。
隠れていた場所から視界を確保し、目の前のリザードマンたちの動向を観察する。
リザードマンたちは明らかに三森を探しており、彼のニオイを辿ってきたと考えられる。
しかし、リザードマンたちの行動は異様に統制されており、知性を感じさせる。

やがて、リザードマンたちは人間の骸骨を使って、その死に様を真似るなどして楽しんでいる様子を見せる。
この非人道的な振る舞いは、彼らがただの殺意ではなく、残忍な嗜好を含んだ行動をしていることを示している。
そんな中、リザードマンの一匹が死亡し、その場は一時的に混乱に陥る。

三森はこの混乱を好機と捉え、反射神経を駆使してリザードマンたちを制圧しようとする。
彼は彼らが過去の廃棄者たちと同じように彼を見下していることを感じ取り、その油断を利用して彼らに攻撃を仕掛ける。
最終的には、リザードマンたちを麻痺させて毒を与え、彼らを倒す準備を整える。
この一連の行動は、三森がどれだけ逆境の中でも生き延びるための策を練ることができるかを示している。

【鹿島小鳩】

D級勇者である鹿島小鳩は、豪華な廊下を歩いていた。彼女が歩いているのは、中世ヨーロッパ風の豪奢なお城のような場所で、彼女自身もその光景に憧れを抱いていた。
しかし、現実の状況は彼女にとって恐怖であり、神経をすり減らすものだった。
彼女はクラスメイトと共に女神が導く先に従って歩き、その過程で絶望と恐怖に打ちひしがれていた。
特に、恐ろしい魔法陣の出来事やクラスメイトたちの変貌、女神の怖さに対する恐れが強調されている。
さらに、クラスメイトの一部が女神を罵倒する中、小鳩は何もできずに涙を流すしかなかった。

小鳩は学校の校門近くで弱って倒れている猫を発見した。
周りの人々は猫を無視して通り過ぎており、二人の男子生徒が猫の写真を撮ってSNSに投稿することで話題になるかもしれないと話していたが、結局彼らは戻ってこなかった。
小鳩は何をすべきか決めかねていたが、検索を試みたが、その結果に心を痛めた。
そのとき、クラスメートの三森灯河が現れ、猫を獣医に連れて行くことを提案し、小鳩を安心させた。
治療の結果、猫は足を怪我しており、栄養不足もあったが、治療によって回復が見込まれた。
灯河は治療費を支払い、小鳩の感謝を受けながらも、それを気にする様子はなかった。
しかし、灯河は自身が動物好きであることを認めながらも、人間よりも動物を好むと述べ、それが口滑りであったかのように焦って訂正しようとした。
この一件以来、小鳩は灯河と話す勇気が出なくなり、学校での接点もなくなってしまった。
その猫は現在、鹿島家の一員となっている。

小鳩はクラスの暴力的な雰囲気や、敵対的な同級生に恐怖を感じている。
特に小山田翔吾や安智弘の行動が怖く、桐原拓斗のグループやその他の生徒に圧倒されている。
小鳩は自分が臆病で、戦いに向かないと感じている。
戦場浅葱というクラスメートは、クラスが崩壊し派閥が形成されるだろうと予測しており、小鳩に自分のグループに加わるよう迫る。
小鳩は十河綾香を尊敬しているが、浅葱は十河が危険に晒される可能性を示唆する。
この会話で小鳩は更に不安を感じ、未来に対する恐怖が強まる。

 【三森灯河】

三森は胡坐をかきながらビーフジャーキーを食べていた。
周囲には毒々しい色をしたリザードマンたちが眠っており、紫の泡を吹いている。
さらに、四足歩行のトカゲの死体や二体のドラゴンゾンビが近くに横たわっている。
これらのドラゴンゾンビも紫色に変色しており、時折、苦しみの声を上げている。
彼は、自身に「殺し」の因子が存在していると感じており、苦しむ魔物を眺めながら、その顔が自分の親の顔と重なって見えた。

彼は毎晩、両親の残した食事を食べていた。
ある日の夕食後、彼が頭を抱えて丸くなっていると、両親は彼を蹴り始めた。
彼らは彼を嘲笑し、さらに苦しめた。両親は仕事のストレスを彼にぶつけ、彼の苦痛を酒の肴にして楽しんだ。
彼はいつか強くなり、自分を苦しめる者たちを打ち負かすことを願っていた。

この文章は、主人公が過酷な状況で感じる殺意について述べている。
主人公は、かつて自分に苦痛を与えた存在への感謝と皮肉を表現している。
叔父夫婦のもとで、彼は普通の生活を送り、人間らしい温もりや優しさを学んだ。
彼は、魔物との戦闘での自らの行動を振り返り、その非情さに苦悩しつつも、それを受け入れる。
戦闘では、技能を駆使して敵を倒し、レベルを上げるが、その行為に対する感情は麻痺している。
最後には、敵の遺骸と向き合いながら、自らと同じように苦労してきた存在たちへの共感を感じている。

三森は、曲がりくねった洞窟を通り、地上への近づいていると感じていた。
途中で皮袋の光が消え、宝石の色が変化する。
宝石に再び魔素を注入すると、食料と飲み物が転送されることが確認される。
この出来事に、三森は大きな安心感を覚える。
煮卵おにぎりと緑茶を摂取し、充実した気持ちで再び先へ進む決意を固める。
道中、魔物との遭遇が続き、戦闘を重ねる中で、自分のレベルが上がり続けていることを感じる。
思考が鈍化し、何も考えない状態でただひたすらに前進し続ける。
最終的に目的地に到達する。

三森が遺跡エリアに到達した。
異なる景色が広がり、蔦の絡まった建物群が存在することに気づく。
金色の巨大な目玉を持つ球体型の単眼魔物と遭遇し、戦闘が発生する。
魔物は【パラライズ】と【ポイズン】を受け、最終的に毒で息絶える。
レベルが上昇し、【LV 957】から【LV 961】になる。

三森は部屋の探索を開始し、宝石に魔素を注入してドアを開閉する方法を学ぶ。
部屋の中には石製の家具や布があり、そこでかつて誰かが暮らしていたことが示されている。
数個の部屋を確認した後、一つの部屋で二体の骸骨を発見する。これらは廃棄者であり、手を繋いで死んでいた。
三森は彼らの持ち物から宝石が詰まった小さな袋を見つけ、それを持ち去る。

遺跡エリアでのレベリングが始まり、単眼の魔物を狩る。
食料と水分は皮袋から安定的に供給され、ブロック型の栄養補助食品とウーロン茶が現れる。
この新しい環境で、三森はしばらく生活することになる。

三森は時の経過を正確に感じることができず、飢餓と睡眠の要求だけが時間を教えている。
皮袋の転送機能には一定のバラつきがあり、食品の転送は予測不可能な間隔で行われる。
これまでにツナマヨおにぎり、本マグロの刺身、豚汁などが転送されてきたが、醬油がないことが少々残念であった。

三森はステータススキルの射程距離を検証し、【パラライズ】が約20メートル、【スリープ】がそれより短い射程であることを確認。
さらに、魔物を地域から一掃してしまうほどの戦闘を行い、その結果、周辺の魔物が全く姿を見せなくなった。
ステータスを確認すると、レベルは1229に達しており、各種ステータスも著しく向上している。
この状況から、地上への本格的な移動を考えるようになる。

遺跡エリアの蔓を引き千切り、皮袋を肩に担ぐように改良する。
身体を拭いた後、地上に近いことを期待しつつ、遺跡エリアを歩み始める。隠れた通路を発見し、探索を続けるうちに25番目の部屋に到達し、その中にローブを纏った骸骨を見つける。
骸骨は大賢者アングリン、別名「暗黒の勇者」であったことが判明し、彼が残した羊皮紙には女神に強制的に送られたことが書かれている。
アングリンは自身が不要な存在となったため女神によってここに送られたと記している。

また、アングリンがこの遺跡に持ち込んだ重要なアイテムを見つけることができれば、それを持って行っても良いと彼は言っている。
そのため、主人公は彼の遺品を調べ、「禁術大全」と古い書物を発見し、地図や古い文書も見つけるが、理解できない文字で書かれていた。
また、禁呪の呪文書も発見し、それが将来的に役立つ可能性があると考える。

最終的に、主人公は大賢者アングリンの遺品を調べ、重要な情報とアイテムを手に入れるが、アングリンがなぜ地上に出られなかったのかという疑問が残る。
その答えを探すため、再び探索を続けることを決意する。

4.ソウルイーター

【逃亡者:セラス・アシュレイン】

彼女は森を歩きながら隠れる場所を探していた。
追手を欺くために普段は顔を変化させているが、少し前に水浴び中に変化の力が解けてしまい、それを急いで修正した。
過去にも小さな油断で正体が露見した経験があり、特に一度は名の知れた傭兵に顔を見られてしまったため、彼女はその村を急いで離れた。
その後、この森に逃げ込み、彼らをようやく撒くことに成功した。

森の奥深くにいることから、常に警戒して歩いている。
道中で開けた場所に出て、古びた建造物を発見する。
それが隠れ家になるかもしれないと考え、彼女はその遺跡らしき建造物を調べることにした。

【三森灯河】

遺跡帯を出た彼は、上のエリアを目指していたが、暗黒の勇者と呼ばれた大賢者が遺跡エリアで亡くなっていた事実を思い出す。
彼が力尽きた原因は「魂喰い」と名付けられた恐ろしい存在に遭遇したためだった。
魂喰いの具体的な姿や性質は不明だが、暗黒の勇者ですら逃げることができなかったと考えると、避けることは難しいと判断する。
その後、彼は魂喰いが宝石を動力源として使用している石像と遭遇する。石像は宝石を取り出そうとした彼に攻撃を仕掛ける。
その攻撃は非常に迅速で、彼はかろうじて避けるが、わずかに負傷する。
彼はその状況から魂喰いが自分の動きを予測し、即座に反応していると悟る。

彼は石像を倒さなければ地上に戻れないと考え、しかし石像の攻撃は彼のスキルを使う前に彼を撃ち抜くほどの速度を持っていた。
魂喰いはまた、他の廃棄者たちの魂を集めて彼に見せることで、彼を精神的に追い詰めようとする。
彼はこの遺跡での最後の生存競争が始まったと感じながら、どのようにしてこの状況を打開するかを模索する。

遺跡帯を出た彼は、上のエリアを目指していたが、暗黒の勇者と呼ばれた大賢者が遺跡エリアで亡くなっていた事実を思い出す。
彼が力尽きた原因は「魂喰い」と名付けられた恐ろしい存在に遭遇したためだった。
魂喰いの具体的な姿や性質は不明だが、暗黒の勇者ですら逃げることができなかったと考えると、避けることは難しいと判断する。
その後、彼は魂喰いが宝石を動力源として使用している石像と遭遇する。石像は宝石を取り出そうとした彼に攻撃を仕掛ける。
その攻撃は非常に迅速で、彼はかろうじて避けるが、わずかに負傷する。
彼はその状況から魂喰いが自分の動きを予測し、即座に反応していると悟る。

彼は石像を倒さなければ地上に戻れないと考え、しかし石像の攻撃は彼のスキルを使う前に彼を撃ち抜くほどの速度を持っていた。
魂喰いはまた、他の廃棄者たちの魂を集めて彼に見せることで、彼を精神的に追い詰めようとする。
彼はこの遺跡での最後の生存競争が始まったと感じながら、どのようにしてこの状況を打開するかを模索する。

彼は「魂喰い」と対峙し、巧みに状態異常スキル「パラライズ」を活用することに成功した。
彼は自分の行動を演じ、魂喰いを油断させることで、攻撃の隙を見つけ出した。
この計画的な行動は、スキルレベルを上げることにもつながった。
彼は、自らの恐怖を演じて魂喰いを誘い、その油断を突いて攻撃を仕掛ける。
さらに、「ポイズン」スキルも有効に働き、魂喰いは毒に冒され始める。

魂喰いは、彼の演技によって完全に欺かれたと感じ、その怒りと憤怒は頂点に達する。
彼の前で魂喰いは体調を崩し始め、死に瀕する。彼はこの機会を利用して、さらに「スリープ」スキルを用いて魂喰いを完全に無力化する。
彼の計略によって、魂喰いは劇的な敗北を迎え、彼は遺跡からの脱出へと一歩を進めることができた。

魂喰いが倒れた後、彼のスキルレベルが大幅に上がった。
戦闘によって獲得した経験値のおかげで、彼のレベルは1229から1789へと大きく増加した。
ゾンビたちは活動を停止し、その姿は残骸めいたヘドロへと戻っていった。
魂喰いの死後、大量の霊体が現れ、エリア内を一周した後に消え去った。
これにより、魂喰いに囚われていた魂たちが解放されたことが示された。

彼はこの地で出会った多くの魂たちから感謝の言葉を受け取る。
これらの魂は、彼が過去に出遭った廃棄者たちのもので、彼らは彼の行動によって解放されたことを喜んでいた。
彼らは彼に対して感謝し、地上での安全と成功を祈っていた。

主人公は一時的な眠気に襲われたかのような不思議な感覚を覚える。
彼は廃棄遺跡を彷徨っていたが、もしかすると大先輩たちが静かに見守っていたのかもしれないと感じる。
大賢者の最後の言葉は、ある女神を倒すよう依頼するものだった。
主人公は義務感はないが、最終的には女神に対して責任を取らせると誓う。
魂喰いの残骸から金色の石を拾い、階段を上がりながら後ろを振り返る。
その後、金色の石を窪みに嵌め、扉が開く。
扉の向こうからは温かな太陽の光が溢れ出す。

5. AVENGER( S)(アニメ3話?)

【十河綾香】

魂喰いが倒れた後、彼のスキルレベルが大幅に上がった。
戦闘によって獲得した経験値のおかげで、彼のレベルは1229から1789へと大きく増加した。
ゾンビたちは活動を停止し、その姿は残骸めいたヘドロへと戻っていった。
魂喰いの死後、大量の霊体が現れ、エリア内を一周した後に消え去った。
これにより、魂喰いに囚われていた魂たちが解放されたことが示された。

彼はこの地で出会った多くの魂たちから感謝の言葉を受け取る。
これらの魂は、彼が過去に出遭った廃棄者たちのもので、彼らは彼の行動によって解放されたことを喜んでいた。
彼らは彼に対して感謝し、地上での安全と成功を祈っていた。

何かの気配を感じて、綾香は槍を構えた。
そこに現れたのは、クラスメートの鹿島小鳩であった。
彼女は戦場浅葱のグループに属しているが、綾香は彼女が試練を通過したことに疑問を抱いていた。
小鳩は小牛鬼という魔物が現れたために綾香を呼びに来たのだった。
綾香が振り返ると、金眼の小牛鬼が突進してきた。
綾香は槍術の技「崩落十字」を用いて魔物を倒そうとしたが、その瞬間、桐原拓斗が介入し、強力な技で魔物を消滅させた。
この行動は経験値の横取りであり、高雄聖はそれを批判した。
クラスメイト間での経験値を巡る争いが今後激化することを暗示している。
綾香はクラスメイトとの関係において波風を立てたくないと考えており、その態度が甘いと高雄聖に指摘された。
綾香は小鳩とともに集合地点へ向かったが、その途中で空の暗雲に気づく。
この暗雲は、彼女の心境とクラスメイト間の将来の諍いを象徴している。

ある日、アライオンに衝撃的な報告が伝えられた。
大陸の最北端に位置する大魔帝の軍勢が、初めて本格的な南進を開始した。
この動きにより、北の要であったマグナル王国の大砦、通称「大誓壁」が陥落した。
大誓壁の陥落後、大魔帝の軍勢は南進を停止し、侵攻の気配は消えた。
しかし、この不穏な情報は瞬く間に大陸全土に広がり、各国は迅速な対策を取ることを迫られた。
綾香は森林帯での訓練を終えてから数えて三日目にこの情報を知ることとなる。

【三森灯河】

生存率ゼロとされる廃棄遺跡からの脱出に成功した主人公は、外へ出るや否や、急速に閉じる扉に驚かされる。
遺跡内の目印に変化がなかったことから、調査隊が常に近くにいないと推測する。
しかし、遺跡の外では廃墟風の風景が広がっており、彼は遺跡から離れることを決意する。
遺跡から脱出する際の別れを振り返りつつ、人が使っていると思しき道を見つけるが、調査隊に発見されることを避けるために林の中を進むことにする。

彼の意識はステータスの確認に移り、新たに追加されたスキル「パラライズ」と「ポイズン」の能力を確認する。
これらのスキルには「任意解除」の項目が追加されており、彼はこれらの新機能を試す機会を探る。
その過程で、青くて丸いスライムの群れに遭遇し、一方的に攻撃を受けている小さなスライムを目撃する。
主人公は介入を決意し、パラライズとポイズンのスキルを使用してスライムたちを制御し、非致死設定に変更する。

最終的に、彼はスライムたちの毒を解除し、小スライムに対して、これからは自由に行動するよう告げる。
彼の冒険は続き、彼はスキルの新機能の有効性を確認し、さらなる冒険に備える。

スライムたちとの一件から離れた場所で、主人公は何かが自分を追ってくる音に気づく。
振り返ると、さっきの小スライムがついてきていた。
主人公はスライムに他の仲間のところへ戻らなくていいのかと尋ねるが、スライムは落ち込んでいる様子を見せる。
しばらく歩いた後、主人公はこのスライムが自分についてくるつもりかを問いかけると、スライムは返答に困っているようだ。

主人公はスライムが特に凶暴なわけではなく、他の魔物とは異なる「不気味さ」がないことに気付く。
しかし、魔物を連れて町や村に入ることができるかどうかは不明である。
この時、主人公は過去に衰弱した猫を獣医に連れて行った記憶が蘇る。
その猫は鹿島小鳩が引き取ったが、主人公自身は猫を引き取ることができなかった。猫は孤独で不安そうな様子だった。

この出来事から、主人公はスライムに対して親近感を覚える。
スライムも主人公も孤独で、周囲とは異なる存在として認識されている。
主人公はスライムを「ハズレ者」と表現し、その孤独な状況に共感している。

鹿島小鳩は、猫を引き取ると言った際、主人公は心から感謝した。
数日後、礼を言おうと小鳩に声をかけたが、小鳩は気まずそうにして立ち去った。
小鳩は引っ込み思案で、男子と教室で話す姿は見られなかったため、どう対応すれば良いかわからなかったのだろう。
その後、主人公は無言で立ち去ったが、いずれ小鳩から声がかかるかもしれないと考えた。
人との関係は急がずに築いていくべきであると、叔父夫婦の助言が今も彼の心に残っている。

主人公は木陰で食事をしていた際、隣でスライムがプルプルしていた。
スライムは、トンカツ風の駄菓子を食べ、喜んでいた。
意思疎通の実験を行ったところ、スライムは感情表現が豊かであり、人間よりも意思が伝わりやすいことがわかった。
魔物が町や村に入れるかどうかが問題だが、スライムは身体を縄状に変化させ、姿を隠せることから、問題は解決しそうだと主人公は考えた。
スライムの名前を「ピギ丸」と決め、これからも共に行動することを決めた。

主人公は実の親がいなくなった後、初めて叔父夫婦と会い、叔母に強く抱きしめられる。
その時、叔母は震えながら謝罪したが、主人公は当初その意味を理解できなかった。
しかし後にその意味を知り、感動の涙を流した。
それは彼にとって驚きの初体験だった。

物語は、主人公がスライムのピギ丸を身にまといながら、個人的な復讐のための旅を進める場面に移る。
彼は復讐の意味を問い、復讐の虚しさや無意味さについて考えるが、最終的には自分のため、自分自身の感情に決着をつけるために復讐を遂げることを決意する。
彼はピギ丸に、この復讐の旅についていくかどうかを問い、ピギ丸は肯定のサインを示す。
二人は相棒として新たな一歩を踏み出す。
この旅は彼にとって正当な大義であり、自分のエゴのためのものであることを受け入れている。

6.邂逅

【逃亡者:セラス・アシュレイン】

ある女性が、鬱蒼とした森を走り抜ける。彼女は追跡者から逃れるために、目立つ道を避けて静かに移動する。
その間、追跡者たちの気配が一時的に薄れるが、彼女はそれが彼らの狩りの手口の一環であることを悟る。
一度安全と思われた水浴びも危険な行動だったことが彼女には後から理解される。

彼女は精霊たちと契約し、「精式霊装」と呼ばれる鎧を顕現させることで、勇血の一族として知られる追手たちに対抗しようとする。
この一族は異界の勇者の子孫であり、非凡な能力を持っている。
彼女は彼らとの対決を避けられないと感じており、精式霊装を纏い、戦いに備える。

しかし、彼女は突然の声によって動きを封じられ、一瞬で戦況が変わる。
声の主は彼女の殺意に不純物が混じっていると指摘し、彼女と話をすることを選ぶ。
彼はこの地域に詳しい人物ではなく、情報を求めているだけのようだ。
この男がただの迷い人である可能性が高いことを、精霊たちが示している。
彼女はこの状況の真偽を見極めようとする。

【三森灯河】

林の中を歩いていた主人公は、分岐する道に立ち会った。
その時、強い気配を感じた。茂みから現れたのは四人の男で、彼らは人間であった。
彼らはファンタジー然とした装いをしており、武器を携えていた。
この四人は、誰かを捜している途中であり、主人公がその対象ではないことは明らかだった。

彼らの態度は不穏であり、傷のある男がリーダー格であることがうかがえた。
彼らは主人公を単なる雑魚と見なし、何もする価値がないと考えていたが、一人の男が新しい切れ味を試すために主人公を殺すことを提案した。
しかし、彼らは別の目的があることを語り、やるなら早く済ませるようにと話していた。

主人公は彼らから離れようとし、見逃してほしいと願い出たが、男たちはそれを無視し、主人公を試し切りしようとした。
しかし、主人公が彼らに対して「パラライズ」と「ポイズン」の状態異常スキルを使用し、四人を麻痺させて毒に侵された状態にした。
その結果、彼らは苦しみながら死に至った。

最終的に、主人公は彼らの持ち物を物色し、金貨などの価値があるものだけを持ち去った。
そして、彼らの死を待ち、彼らが死ぬ様子を冷静に見届けた。
その後、主人公は再び移動を開始し、新たな状況へと向かった。

主人公は相手が目隠しをしていることに気づき、会話を容易にするために口だけを動かせるようにする措置をとった。
相手はパーツで目が覆われており、額当ての一部のようだった。
相手が白い肌と小さな顔を持つ女性であることが明らかになった。
彼女は震える唇で話し、主人公が先ほど殺した四人組が彼女を追っていたことを認めた。

主人公は彼女の動きを制限しつつ、彼女が目を隠している理由を探った。
彼女の目隠しがスライドし、美しい顔が明らかになったことで、主人公は彼女がエルフの可能性を考えるが、彼女の耳は人間のものだった。
女性は礼儀正しく応答し、質問に真摯に答えた。
彼女は追跡者である四人組を殺した主人公を命の恩人と見なし、これを評価した。

主人公は彼女に地域の情報を求め、近くの都市ミルズの位置を教えられた。
彼女はウルザ王国の南方にある闇色の森にいると説明し、この情報は主人公にとって新たな発見だった。
また、彼女はパンの価格などの生活情報も提供した。
最終的に主人公は、彼女に古代文字について尋ねたが、彼女はそれを読むことができなかった。

会話の中で、主人公は彼女の信頼を少し得たが、お互いの事情を把握して深入りすることなく情報交換を終えた。女性は感謝の意を表し、主人公は地道に情報を集めることを決意した。

主人公は、かつて「禁忌の魔女」と呼ばれた人物が詳しく知っているかもしれないと聞いた。
彼女は禁忌に関する広範な知識を持っており、そのために追放されたという。
主人公が彼女に会いたい場所を尋ねると、彼女は「大遺跡帯」という危険地帯にいるかもしれないと答えた。
この地帯は「金棲魔群帯」とも呼ばれ、多くの魔物が生息しており、非常に危険であることが示唆された。

主人公はこの情報を感謝して受け取り、今後の行動に役立てることに決めた。
この地点で【パラライズ】の効果が間もなく切れるため、主人公は女性を信用する決断を下し、彼女の身の安全を保証できないと警告した。
女性はその事実を受け入れ、感謝の意を表明した。

会話を終えて別れる際、主人公は女性に借りはないと伝え、受けた情報は彼にとって十分価値があると述べた。
そして、お互いに深入りすることなく別れることに同意した。
最後に、主人公は女性の安全を願いつつ、別れを告げた。

【逃亡者:セラス・アシュレイン】

地方都市ミルズに到着した女性は、予想外に聖なる番人を倒したことを思い返していた。
その戦闘で、一人で四人組を倒したことは容易なことではなく、特殊な術式の力を使ったのかもしれないと考えていた。
特に、動きを拘束する術式は知らなかったが、状態異常系統の術式で成功させる確率が低すぎるため、奇跡に近い出来事であると感じていた。

女性は自分の安全を考慮しながら、ミルズで必要な資金を稼ぐ方法を模索していた。
そのために、情報収集を行い、傭兵ギルドの施設を探すことに決めた。
彼女は自分の正体を知る追手がもういないことに安心しつつも、常に警戒心を忘れなかった。

傭兵ギルドの施設に到着したセラス・アシュレインは、施設内の者たちから注目されていた。
そこで彼女は依頼が貼り出された掲示場に目を向け、特に大きな募集告知に興味を示した。
彼女は路銀を稼いだ後、ミルズを早急に離れることを決意していた。
彼女がギルドを出ようとした際、懸賞金がかけられた似顔絵に目が留まった。
傭兵の一人が話しかけてきて、その似顔絵の被写体である元聖騎士の美貌について話し始めた。
セラスは、その傭兵の言葉に応じることなく、その場を去った。

Share this content:

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA