小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 2」感想・ネタバレ

小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 2」感想・ネタバレ

どんな本?

主人公の三森灯河(みもりとうか)は、「ハズレ枠」と称される状態異常スキルを持つE級勇者である。
彼は生存率ゼロとされた廃棄遺跡を脱出し、新たな力を求めて旅を続けている。
とある街で再会したミストと共にミルズ遺跡を攻略し、更なる力を手に入れるための冒険を始める。
灯河の復讐の対象である女神ヴィシスへの旅路は、突如現れた世界最強の黒竜騎士団を統べる「人類最強」シビト・ガートランドによって大きく変わる。
シビトは女神ヴィシスさえも恐れる存在であり、灯河は彼に対抗するためにすべてを駆使して戦うことを決意する。

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで」は、篠崎芳によるライトノベルシリーズで、KWKMがイラストを担当している。

主人公は「ハズレ枠」と称され召喚した女神に廃棄場に廃棄されてしまう。
廃棄された召喚者達を嬲り殺そうと襲って来たモンスターを【状態異常スキル】を駆使し、困難な状況を乗り越えていく。
物語は、主人公が経験値の取得とレベルアップを繰り返すことで自身の限界を超え、新たなスキルを獲得し、押し寄せる魔物を蹂躙していくところから展開。

このシリーズは、読者に強い印象を与えるストーリーとキャラクターで知られている。
また、このシリーズはオーバーラップ文庫から出版されており。
それぞれの巻は、主人公が困難を乗り越えて成長していく様子を描いている。
このシリーズは、ファンタジーと冒険の要素を組み合わせたエキサイティングな物語で、多くの読者から高い評価を受けている。

読んだ本のタイトル

#ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 2
(英語名:Failure Frame: I Became the Strongest and Annihilated Everything With Low-Level Spells
著者:#篠崎芳 氏
イラスト:#KWKM 氏

gifbanner?sid=3589474&pid=889458714 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 2」感想・ネタバレBookliveで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=889059394 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 2」感想・ネタバレBOOK☆WALKERで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=890540720 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 2」感想・ネタバレ

(PR)よろしければ上のサイトから購入して頂けると幸いです。

あらすじ・内容

偽り、謀り、騙し、すべてを欺き。あの最強の男を打倒せよ

「ハズレ枠」と称されたスキルを駆使し、生存率ゼロの廃棄遺跡を脱出したE級勇者の三森灯河(みもりとうか)。とある街にてミストと再会した灯河は、更なる力を得るため彼女とともにミルズ遺跡の攻略を果たした。順調かと思われた女神ヴィシスへの復讐の旅路はしかし、ある男の登場によって一変する。その男こそ、世界最強の黒竜騎士団を統べる“人類最強”シビト・ガートランド。ヴィシスをして「理外の存在」と言わしめるシビトと相対する時、灯河がとる道は――。
「誰よりも俺は強くなる。あの女神すらをも蹂躙できるほどの力を、得てやる」
偽り。謀り。騙し。すべてを欺く。絶対最強へと至るE級勇者の逆襲譚、第2幕。

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 2

第1章: 世界に名を馳せしバケモノたち

灯河は廃棄遺跡からの脱出後、ミルズ遺跡に向かう前に、水場で衣類を洗い、他者との信頼関係を構築するために清潔さを保つことを決めた。再会したミストと共に遺跡の攻略を進める。彼らは宿を確保し、街の探索や情報収集を行う。遺跡内では魔物との戦闘や他の傭兵たちとの接触を避けながら、効率的に探索を進める。最終的に、彼らは竜眼の杯を手に入れることに成功し、その過程でミストの正体であるセラス・アシュレインを知ることになる。

第2章: 姫騎士と呼ばれた女

灯河はセラスと共に更なる力を得るため、遺跡の探索を続ける。彼らは強力な魔物、スケルトンキングを倒し、遺跡の深層にある重要なアイテムを手に入れる。遺跡からの脱出後、二人は地上に戻り、再びミストとしての生活を続けるが、セラスの正体がバレる危険が高まる。一方で、灯河の仲間たちもそれぞれの試練を乗り越えながら成長を続ける。

第3章: セラス・アシュレイン

セラスは自身の正体が明らかになりつつある中、灯河と共に更なる冒険を続ける。彼らはミルズ遺跡での成功をもとに、新たな敵や挑戦に立ち向かう準備を進める。セラスは過去の経験と力を活かし、灯河を支えながら、共に戦う決意を新たにする。

第4章: 再びあいまみえる、その時を――

灯河とセラスは新たな敵、人類最強のシビト・ガートランドと対峙する。シビトはその強大な力と恐ろしさで灯河たちを圧倒するが、灯河は自身の状態異常スキルを駆使して彼を攻略する計画を立てる。セラスとの絆を深めながら、彼はシビトに立ち向かう。

第5章: 受け継がれたもの

灯河とセラスはシビトとの戦いで彼を打倒し、更なる力を得ることに成功する。彼らは自分たちの力を再確認し、今後の旅路に向けて新たな決意を固める。シビトとの戦いで得た経験と力を活かし、灯河は更に強くなることを誓う。

エピローグ

ウルザの王都とミルズの間に位置する小さな村に到着した灯河とセラスは、今後の計画を練りながら次の目的地に向けて準備を進める。彼らの旅はまだ続き、復讐の旅路の終わりはまだ見えない。しかし、彼らは共に戦い、成長し続けることを誓う。次なる冒険に向けて、灯河とセラスは新たな一歩を踏み出すのであった。

感想

本書は、前例主義に囚われず、自身の力を信じて突き進む三森灯河の冒険と復讐の物語である。
この巻では、灯河が再会したセラスと共に、ミルズ遺跡を攻略し、更なる力を手に入れるために奮闘する姿が描かれている。
前巻と同様に、灯河の持つ状態異常スキルが大いに活躍し、困難な状況を乗り越える姿が非常に魅力的である。

特に印象的なのは、人類最強と称されるシビト・ガートランドとの対峙である。
シビトの圧倒的な力と威圧感に対し、灯河が持つ巧妙な戦術と状態異常スキルを駆使して対抗する場面は緊張感があり、一気に引き込まれる。
灯河の成長と彼の冷静な判断力が光る一方で、セラスとの絆も深まり、彼らの関係性が物語に厚みを加えている。

また、物語の中で描かれる女神ヴィシスや他のキャラクターたちの複雑な背景と動機も興味深い。
特に、セラスの正体や彼女の過去についてのエピソードは、彼女がただの仲間以上の存在であることを感じさせる。
灯河とセラスの関係がどのように進展するのか、次巻への期待が高まる。

さらに、女神ヴィシスと灯河の復讐劇において、女神の冷酷さや元クラスメートたちのクズ度合いが強調されている点も見逃せない。
灯河の孤独な戦いと彼の決意は、読者に強い共感を呼び起こす。
灯河がどのようにして最強へと至り、女神に復讐を果たすのか、その過程が非常に楽しみである。

総じて、本作は灯河の成長と復讐の旅路を描くスリリングな冒険譚であり、読者を引き込む要素が満載である。
次巻も必ず手に取って読みたくなる、そんな魅力に満ちている。
灯河とセラスの絆がさらに深まり、どのような新たな敵や試練が待ち受けているのか、次の展開が非常に楽しみである。

最後までお読み頂きありがとうございます。

gifbanner?sid=3589474&pid=889458714 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 2」感想・ネタバレBookliveで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=889059394 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 2」感想・ネタバレBOOK☆WALKERで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=890540720 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 2」感想・ネタバレ

(PR)よろしければ上のサイトから購入して頂けると幸いです。

同シリーズ

1f9276fa1433109b23fb06b6b20a15e0 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 2」感想・ネタバレ
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 1巻
0f51289f5cfad48f37dcd2af2a7b2cc2 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 2」感想・ネタバレ
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 2巻
1221c2986b76903735119acdc5ee0524 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 2」感想・ネタバレ
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 3巻
13912b3a1951c8b5f67cb754a8dd889b 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 2」感想・ネタバレ
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 4巻
1d6a9fdf4dc2ae8d4e85b72e2c1fe567 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 2」感想・ネタバレ
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 5巻
877d318c3372e6bf22f68b35209da5c5 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 2」感想・ネタバレ
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 6巻
7715e5784287594e9fec8010fd793156 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 2」感想・ネタバレ
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 7巻
9a7b3a03d756cc1a9fdd6c7eef593c54 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 2」感想・ネタバレ
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 11.5

その他フィクション

e9ca32232aa7c4eb96b8bd1ff309e79e 小説【ハズレ枠】「ハズレ枠の【状態異常スキル】 2」感想・ネタバレ
フィクション(novel)あいうえお順

アニメ

PV

ぽにきゃん-Anime PONY CANYON
ぽにきゃん-Anime PONY CANYON

OP

ぽにきゃん-Anime PONY CANYON

ED

ぽにきゃん-Anime PONY CANYON

備忘録

1.世界に名を馳せしバケモノたち

自由について考えていた主人公は、過酷な廃棄遺跡を経験しており、そこで奇妙な解放感を覚えていた。
原因は元の自分に戻ったこと、またはしがらみが消えたことにあると感じている。
遺跡では生死を分かつ局面に何度も直面し、全てを自分で決められる状況が自由そのものであったと語る。
遺跡を出た後も、その解放感は続き、自身の意思にのみ従って行動し、行動に伴う責任のみが伴う現在、本当の意味で自由を手に入れたと感じている。

主人公はミルズに向かう前に、水場で衣類を洗って清潔を保つことを決めた。
この行動は、他者との信頼関係構築に役立つと考えている。
また、先に再会した女性と再び出会う可能性について考えており、互いに個人的な情報を交換せず、距離を保つことを選んだ。
洗濯を終えた後、主人公とピギ丸はミルズへ向かい、街の門で門番に停められたが、うまく通過することができた。
その後、宿を探し、適切な料金で個室を確保した。
服を洗い、部屋に干した後、主人公はこれからの行動計画を立て始める。
最優先事項は禁忌の魔女とされる人物を見つけることであり、その後の情報収集と旅の準備を進めることにした。

散策調査のために宿を出た主人公は、暗くなった空の下で明るく賑やかな大通りを歩いた。
通りには多くの屋台があり、治安も悪くなさそうに見えた。
さまざまな種類の店があり、剣と盾のマークを持つ武具店や、道具店、衣服店、食料品店、酒場などが立ち並んでいた。
また、魔術の道具を扱う店や役所のような建物も確認できた。
町の把握を終えて、腹が減った主人公は宿に戻ることにした。
宿では、一階の酒場で地元の料理を楽しんだ。
料理は美味しく、異世界の食文化に触れたことに満足した。
食事の途中、周囲で聞こえる会話から情報を集めることに注力し、特に傭兵募集や遺跡についての話が興味を引いた。
情報収集を終えて部屋に戻り、思い当たる事があって『禁術大全』を調べると、以前目にした記憶の断片を確認できた。

【廃棄遺跡の調査隊】

闇色の森を歩く調査隊が、途中で立ち止まり、途中で見た死体について話し合った。
死体は行き倒れの傭兵だと隊長は推測し、金もなく、魔物によって死亡したと考えられた。
調査隊は廃棄遺跡を目指し、そこでの定期調査を行うことが仕事だった。
魔導具として使われている魔法の水晶を用いて調査を進めるが、今回、水晶が反応しなかった。
隊長は水晶が寿命を迎えたと判断し、次の定期報告で交換を申し出ることに決めた。
調査隊は異常なしと報告書に記すことにし、その後、遺跡を離れた。

【三森灯河】

翌朝、宿の一階で朝食を摂っていた。
服装は前日に取り替えたもので、制服は麻袋にしまってあった。
宿の主人に、遺跡攻略の募集について尋ねると、その日に説明会があることがわかった。
広場で行われる説明会に向かうため、部屋に戻り、ピギ丸を纏って出発した。
広場は賑やかで、説明会を主催するクレッド・ハークレー侯爵が新層の探索を傭兵たちに依頼した。
報酬は前払いはなく、持ち帰った宝の高価買取と、竜眼の杯を見つけた者には金貨300枚の特別報酬が提示された。

侯爵が台に上がり、羊皮紙に描かれた竜眼の杯を傭兵たちに示す。
この杯は遠い昔に隠された珍奇な調度品であり、侯爵はこの杯で酒を飲むことが夢だと説明した。
説明後、愛想笑いを交えた笑いが起こり、空気は少々気まずいものとなる。
その後、護衛がテキパキと動き参加者の登録作業を始め、傭兵ギルド員はスムーズに登録を完了する。
ミルズ遺跡攻略のための登録では、非ギルド員も名前の記載のみで登録が可能で、出入りの際のチェックがあるため、宝の持ち逃げはできない。
主人公は準備のため一度町へ戻ることにし、途中でミスト・バルーカスと名乗る女性に声をかけられる。
彼女からは、購入の際の助言を受けることになる。

遺跡で必要な道具類が揃い、保存食を含む食料も確保された。
さらに寝袋や背負い袋も購入される。
ミストは購入助言の報酬として銀貨三枚を受け取り、感謝の意を示すも、報酬の多さに少し戸惑う様子を見せる。
その後、ミストは突然体調を崩し、支えられる。
彼女は不眠症か何かの理由で疲労が見え、眠れない日々が続いていることを明かす。
それにもかかわらず、彼女はすぐに立ち去り、これ以上の関わりを避けるように振る舞う。
ピギ丸が鳴き、俺はミルズ遺跡攻略のため再び広場へ向かうことを決意する。

ミルズ遺跡は大きな柵で囲まれ、管理されており、近くには管理側の人間が行き来する小さな砦がある。
遺跡攻略の前に、荷物チェックを受ける際、担当官から傭兵が使い捨て感覚で使われること、新層の情報が良い金になることなどの裏話を聞く。
遺跡内では、自然に光る地下輝石の存在が明らかにされ、不在のエリアでは独自の灯りが必要になることが説明される。
また、新層から逃げ出した魔物が傭兵たちを襲い、その対応に苦慮する様子が描かれる。
一方で、主人公は魔物と遭遇し、麻痺と毒で無力化後、短剣で素早く倒すことに成功する。
その後、その場を離れ、他の傭兵たちが現れると魔物がすでに倒されていることに驚くが、主人公はそのまま次の階層へ進む決意を固める。

ミルズ遺跡での探索が進む中、ピギ丸の存在により警戒が容易となり、主人公は前方と左右に集中できる状況が整う。遺跡の地図を受け取り、それが探索の手助けとなる。魔物との戦いでは、その力が弱く、問題とはならなかった。遺跡内の魔物は金眼が特徴で、その種類には下層に留まる者と上層に上がる者がいるが、上層には強い魔物も含まれるため、特定の傭兵による駆逐が求められることもある。

また、弱い魔物が繁殖力が強いことや、素材が安価であるためにしばしば無視されることが語られる。
一方、主人公は他の傭兵との接触を避けつつ探索を進め、魔物との戦いでは状態異常スキルを用いて効率良く処理する。
さらに、広場での騒動を起こしたモンクと再び遭遇し、彼が他の傭兵に報酬を払って復讐を企てる様子が描かれる。
このモンクは他の傭兵と違い、一定の知名度を持っているが、地方都市においては無名に近い存在である。

2.姫騎士と呼ばれた女

二人組が殺害の依頼を受ける場面。
依頼主であるモンクは報酬額を提示すると、二人組の意欲は高まる。
しかし、条件として、命乞いをしたり、態度を改めた場合は即座には殺さないというものがあった。
さらに、モンクは被害者に対する復讐心を強く持ち、彼女を非人道的に扱うことを提案し、二人組もそれに同意する。

被害者が旅の戦士であることや、金銭への欲が強いという特徴が話され、モンクは確実に殺害することを最優先事項としている。
二人組は、魔物に餌として与える計画も立てており、その残忍な計画に満足しているようだ。

この計画には、金銭と復讐が主な動機であることが明らかであり、モンクの過剰な怒りと復讐心が、彼らの行動を推進していることが示されている。

通路の角を曲がると、鳴き声を上げる魔物が現れ、主人公は麻痺と毒にかかったモンクたちを発見する。
彼らは毒か魔物によって命を落とすことになり、主人公は彼らの近くで金を奪うことなく立ち去ることを選択する。
その後、主人公は魔物を駆除しながら下層へと進んでいくが、レベルは上がらない。

さらに、主人公は休憩部屋を探しながら進むが、部屋は魔物に占拠されていたため、彼は魔物を駆逐する。
最終的に綺麗になった部屋で休息を取ることにし、仲間に見張りを頼む。
主人公は、壁を背にして目を閉じ、休息をとる。

目を覚ました主人公は三時間の睡眠を確認し、スライムのピギ丸と会話する。
彼らは竜眼の杯の争奪戦に参加していないため、無理に急ぐ必要はない。
部屋を出た後、血相を変えた男が主人公に接近し、最速攻略組と思われる一行と話し合う。
彼らはミルズ遺跡で発生している異常を説明し、強い魔物も弱い魔物も変死していると告げる。
異常の原因は不明であり、14層にも変死した魔物の死体があったことを伝える。主人公は一度14層に足を運んでおり、その事実を隠している。

傭兵たちは新層の発見前にはこのような現象が確認されていなかったため、撤退を決め、主人公にも早めに上へ戻ることを勧める。
しかし、主人公は仲間を置いていくわけにはいかないと返答し、14層へ向かう。
その途中で主人公は、話題になっていた異変は自身がスキルで殺した魔物の死体のことだと気づく。
その後、14層を通り抜け、15層に降り、竜眼の杯がある祭壇に到達する。
杯の周囲には人型竜の石像があり、何らかの重要な意味を持つと感じるが、具体的な詳細は不明である。

石像が怪しいと考えた主人公は、先手を打つことにし、「パラライズ」というスキルを使って石像を麻痺させる。石像は生命が宿り、動き出そうとするが、麻痺の効果で動くことができず、結果的には毒によって首から上が麻痺し、さらなる力を使おうとして自己破壊してしまう。その後、石像は崩壊し、ただの仕掛けだったことが明らかになる。

その後、主人公は竜眼の杯を手に取り、その美しさを認めつつ、どうしたものかと考える。
この時、背後からの気配に気づき、身を隠す。しかし、後から現れたのはミスト・バルーカスという知り合いで、彼女は竜眼の杯を欲しがる。
主人公は彼女に竜眼の杯を無償で提供すると申し出るが、ミストは何か対価を提供しようとする。
主人公は特に対価を求めておらず、ただ彼女が必要としているから杯を渡すことに決める。

最後に、主人公はこの場所の下層に自分にとって必要なものを持つ魔物がいると説明し、ミストに護衛を申し出させる。
ミストは異変について知っていたが、それを好機と捉えて攻略を続けていたことを明かし、主人公と共に下層へ向かうことを希望する。

【十河綾香】

十河綾香はアライオンの王都近くの古代遺跡で魔物と戦っていた。彼女が使う武器はフレイルで、魔物であるスケルトンの骨を砕くのに有効だった。
綾香は2-Cの勇者たちの一員であり、勇者たちは女神の命で遺跡を訪れ、実戦経験を積んでいた。
綾香は、もともとは槍を使う武術の流派に属していたが、フレイルの使用も適応している。

一方、桐原拓斗のグループが現れ、綾香が彼らの骨を奪ったと非難する場面があった。
桐原は綾香を守る姿勢を見せつつも、彼女が精神的に不安定であると評価し、彼のグループに入ることを拒否したことを批判する。
桐原は綾香に対して、将来的には彼の「王」を守る騎士として機能することを期待しているが、彼女が今は正常な判断力を失っていると見なしている。

綾香自身は、孤立しているが、その状況を受け入れている。
彼女は自分の立場に応じて行動しており、桐原のグループとの関係は複雑であることが示されている。

綾香が無言で立ち去ろうとしたところ、小山田が彼女を呼び止め、金を支払うことで一時的に狩場に入ることを許可すると申し出た。
しかし、綾香は女神からのお小遣いを受け取っていなかった。
その後、戦場浅葱のグループから悲鳴が上がり、スケルトンナイトが現れたことが判明した。
浅葱は駆けつけ、スケルトンナイトとの戦闘が始まった。

小山田と桐原は、スケルトンナイトと戦いを挑み、それぞれの固有スキルを使って戦った。
小山田は「赤の拳弾」を用い、桐原は「金色龍鳴波」を発動させた。
二人は成功し、スケルトンナイトを倒してレベルを上げた。
桐原はこの戦いでレベル24に到達し、彼のグループからは称賛の声が上がった。

綾香は女神ヴィシスに呼び出され、遅れて支給された〝お小遣い〟を受け取った。
女神は綾香が魔骨遺跡から戻った後の事態について謝罪し、自分の忙しさを理由に説明した。
また、スケルトンナイトの出現と佐倉の手首が斬り落とされた事件について言及し、女神の息吹で治療が可能であることを告げた。

その後、女神は綾香の孤立状況を心配すると言いつつ、彼女の自覚について尋ねた。
綾香は桐原拓斗との共闘が難しいと感じていることを表明し、女神はそれを受け入れる様子を見せた。
しかし、女神は綾香の行動をわがままと評し、彼女の自己責任を問うた。
その後、女神は綾香に試練に合格できなかった生徒たちの面倒を見るよう依頼し、国王の命令により彼らを廃棄せざるを得ない状況であることを伝えた。

綾香は試練に合格できなかった生徒たちを引き受けることを承諾し、女神は彼女の成長と成熟を期待していることを示した。
最後に女神は綾香をクソガキと評しており、その複雑な感情を抱いていることが示された。

【三森灯河】

途中、ミストにピギ丸を紹介した。ミストはピギ丸に好意を持ち、ピギ丸も好意的な反応を示した。二人は魔物が襲ってくるものの、ミストが全て斬り伏せた。
その後、二人は更に下層へと進み、ある部屋で休憩を取ることにした。
ミストは眠れないと主張したが、【スリープ】の魔法で眠りについた。
その際、ミストの外見が変化し、耳が尖ったエルフのような姿になった。これは【スリープ】の効果により、彼女の本来の姿が現れたと考えられる。
ミストの正体は、以前から予感されていた元聖騎士団長でハイエルフの姫君、セラス・アシュレインである可能性が高い。

3.セラス・アシュレイン

途中でピギ丸に指示を出した後、自身の寝袋で寝転がった。ミストがセラス・アシュレインであることについては考慮しているが、それを話すのは地上に戻ってからと思っている。
【スリープ】の効果が切れるのを待ち、目を覚ましたミストは自身が眠っていたことに気づき、驚いた。
彼女の精霊との契約により、本来眠れないはずだが、ピギ丸の行動が助けとなり、ミストは【スリープ】に気づかなかった。
彼女の変化した顔や装具が元に戻り、幻術も自動復元されたようだ。目が覚めた後のミストは、ピギ丸との交流を通じて安心感を得ている。
その後、出発の準備をして下層へと降りた。

途中、遭遇した大きな扉から、魔物の存在が確認された。これが目的のスケルトンキングかもしれないと考えている。

魔物であるスケルトンキングが光る眼で二人を観察している間に、ミストはスケルトンキングの弱点を指摘し、その部位を攻撃すれば倒せる可能性があることを示した。
しかし、彼女はその魔物が非常に強力であること、および彼女自身が特別な力を使って身体能力を向上させる予定であるが、その力を秘密にしてほしいと要請した。
スケルトンキングが攻撃を始めようとした瞬間に、ハティは【パラライズ】を使用し、魔物の動きを停止させた。
その後、彼はさらに【ポイズン】を使い、スケルトンキングに毒を与えた。

毒が効いて魔物の巨体が紫に変色した。
ミストはこの状況を理解できずに困惑していたが、ハティは彼女の特別な力について秘密を守ると約束し、彼女にも同じことを求めた。

スケルトンキングが麻痺ゲージの効果が切れる前に力尽き、その骨の巨体が崩壊し、床上に大量に散らばった。
魔物と人間の混じった骨が光景として広がり、凄惨なものであった。
ハティはこの遺跡での目的がスケルトンキングであることを明かし、その骨粉が目的であったことを示した。
ミストは、ハティの力に驚きを隠せない様子だった。スケルトンキングを倒した後、二人は地上へ戻る準備を進めた。
ハティは、特に注意を引きたくないためにミストと別れることを決め、彼女も報酬を優先した。
地上に戻ったハティは、竜眼の杯が見つかったことで、検査がおざなりになる程の騒ぎになっていた。
彼の荷物チェックはあっさりと終了し、名前を呼ばれて報酬を受け取った。
その後、ミストと再会し、称賛されるべきはハティであると彼女は述べた。

ミストは不安定な微笑を浮かべていた。
彼は自分の目的が銀骨の入手であったことを強調し、称賛を求めていないと述べた。
翌日、侯爵の歓待を受ける予定だが、報酬の引き渡しが絡むため辞退は難しいとのことだった。
二人はもう一泊することになり、ミストは独立した宿を取り直すと述べた。
約束の時間までは自由時間となるようだ。
ミストは明日の歓待に対する心境を表現し、ハティは宿での待ち合わせを提案した。
二人はその後別れ、ハティは遺跡の攻略と銀骨を使った強化剤の作製に集中した。
彼は強化剤の作製が意外にも単純なプロセスであることを発見し、無事に強化剤を完成させた。
その後、疲れを感じたハティは休息を取ることを決め、ピギ丸に目覚まし役を頼んで眠りについた。

ミストはハティ様に、竜眼の杯が見つかったことにより、ミルズから傭兵が多く去ったと語る。
宿の主人も、これにより部屋が空いて静かになると予想しているが、侯爵がまた新しい宝を求めて探索を始めると話していた。
ハティ様はその夕食後にミストと約束の時間に部屋で会い、彼女を護衛として雇う話をする。
ミストは金棲魔群帯を抜けるのが都合が良いと考え、ハティ様もそれに同意していた。
ハティ様はミストの真の名前を知り、互いの信頼を深めるために自分の本当の名前を明かす。
そして、二人は金棲魔群帯への旅の準備を進めることになった。

ハティ様はセラスに護衛の報酬として青竜石を提示する。セラスはその宝石が伝説の青眼竜が生成する非常に希少なものであることを説明し、その価値は竜眼の杯の報酬を超えると述べる。
しかし、ハティ様は青竜石をセラスに譲ることを決め、報酬の交渉を成立させる。
その後、セラスは自分の精霊の力の性質を説明し、睡眠欲を精霊への対価として捧げていることを明かす。
これにより、彼女は深い眠りを取ることができない状況にある。
二人は互いの正体を認識し、お互いに信頼を深める。
セラスはミストの正体を知りながらも、彼女としては追われている身であり、個人的な事柄についても懸念を持っていたが、ハティ様は過去を追及するつもりはなく、護衛としての関係を重視することを伝える。
最終的に、セラスはミストとしてハティ様と共に行動することになる。

【セラス・アシュレイン】

セラスは部屋に戻り、誰にも見られぬ一人の時間で変身を解き、身を清める。彼女は、精霊への対価として変身を解除する時間を作らねばならず、そうしないと何日も眠れなくなる。
故郷での経験やネーア聖国での生活を振り返りながら、人間の男たちとの関わりを思い出す。
人間とエルフの男性への感情が異なり、特に人間の男性には戸惑いを覚えていたことが明らかにされる。
さらに、セラスはトーカ・ミモリとの関係についても考えを巡らせる。
彼は他の人間の男とは異なり、セラスに適度な関心を持ちつつも、それが異性への好意とは異なる質のものであると感じている。
過去に陰謀の多いネーア聖国で学んだ警戒心とは裏腹に、トーカを信用し、彼の公正さを評価している。
セラスは、信じたいという強い願望を抱いており、姫のように心を許せる人間の男性に出会えたのかもしれないと希望を持つ。

次に目を覚ました時、セラスは朝日が窓から差し込む部屋で目を覚ます。
淡い日差しが彼女の身体に温かな熱を与えていた。
夜明けまで眠れずにいたが、少しは眠りにつけたようである。
セラスは寝具から起き上がり、トーカからもらった青竜石を手に取り、穏やかな表情で「それでは、行きましょうか」とつぶやく。

【三森灯河】

翌朝、主人公はセラスと共に食堂で朝食をとっている。
周囲の客がセラスに注目しており、彼女が「ミスト・バルーカス」として知られている美しい容貌を持つため、興味を引いている様子である。
さらに、竜眼の杯の発見者としても注目され、彼女の周りにはすでに傭兵が取り入ろうとしている。
このような状況にセラスは不快感を示し、特にハティに対する侮辱には耐えられないと感じている。
しかし、ハティはそうした悪意には慣れており、反応することなく静かに食事を続ける。
セラスはハティの態度に感謝し、彼の礼を受けて照れくさい気持ちを抱いている。
その後、話題は「禁呪」に移り、セラスはその知識をハティと共有する。
ハティはその情報を重要視し、女神ヴィシスが禁じた古代呪文が敵に対する有効な手段となり得ると考えている。
その日の予定を終えたハティは宿を出て、ピギ丸の新たな能力を試すために適当な場所を探し、そこでの実験を行う。
午後が過ぎるにつれ、セラスは予定の時間に戻らず、ハティは彼女の帰りを待ち続けている。

4.再びあいまみえる、その時を――

翌朝、主人公はセラスと共に食堂で朝食をとり、周囲の客から彼女への視線を感じていた。
セラスは変装しているが、その美貌は依然として注目を集めており、特に竜眼の杯の発見者としても有名であった。
食堂での他の客からの悪意ある言葉に対し、セラスは不快感を示すが、主人公は気にするなと諭す。
その後、彼らは「禁呪」について話し合い、セラスはその知識を共有する。
会話から、主人公はセラスの情報に感謝し、彼女に対して礼を言う。
その日の予定について話し合った後、セラスは侯爵の屋敷へ向かい、主人公は宿でピギ丸の能力を試していた。
午後になってもセラスが戻らず、主人公は彼女の身に何かあったのではないかと心配し、その後の動きについて考える。

【セラス・アシュレイン】

セラス・アシュレインは、闇色の森を急ぎ足で進んでいた。
幻術破りの魔術師によって変装が解かれ、思わぬ形で正体が暴露されてしまった。
トーカ・ミモリに対して、青竜石を持ち逃げしたと誤解された可能性や、自身の信頼を裏切った形になったことに胸を痛めている。
しかし、彼女は黒竜騎士団の追手に追われており、黒竜の喉を斬り裂くなどしながら抵抗を続けていた。
その中で、高位の竜騎士ギズンと対峙し、彼から粗暴な扱いを受ける。
ギズンはセラスを殺害しようとするが、その瞬間、彼女を待っていた者が現れる。
セラスは予定していた合流時間を大幅に過ぎていたが、彼は待ち続けていた。

【三森灯河】

黒竜を追い、森に入った男は、黒鎧の男からセラスを助け出す。
セラスは麻痺しておらず、男のスキルのおかげだった。
彼女は男に感謝し、男は黒竜騎士団に属する竜騎士に毒を与え、非致死設定にしておく。
セラスが逃亡に至った経緯がミルズで噂になり、男が彼女を探しに来たことを説明する。
セラスは男に別れを告げようとするが、男は逃亡に関与している彼女の状況を理解し、契約破棄を拒否する。
男はセラスに新しい服を与え、彼女の身を隠すための措置として説明する。
男はセラスの護衛契約を続行し、禁忌の魔女に会う計画を立てる。
セラスの逃亡を手引きした人物がいること、そして黒竜騎士団に追われるリスクを引き受けることを決意する。

【聖王】

オルトラ・シュトラミウスは元ネーア聖国の王であり、現在は湖畔の屋敷で暮らしている。ある夜、彼は悪夢にうなされ、かつての記憶を思い出す。その記憶とは、ネーア聖国とバクオス帝国の国境にある遺跡群から金眼の魔物が溢れ出し、両国が共同で対応した事件である。その際、バクオス帝国から来た赤眼の白髪の少年が異常な戦闘力を発揮していた。その少年はシビト・ガートランドとして知られ、後に黒竜騎士団の団長となる。オルトラはこの少年が魔物を圧倒する様子を見て、彼の力に恐れを抱く。

後のある事件で、ネーア聖国が最大戦力である聖騎士団が不在の際、アライオンの女神ヴィシスが魔物と戦ったが、シビトもまた強大な力を発揮した。
これによりオルトラは彼がただの人間でありながら、異常なまでに強い存在であることに愕然とする。
バクオス帝国に占領された後、オルトラは過去の選択を後悔し、特に彼の保護下にあった聖騎士団長セラス・アシュレインの安否を心配している。
セラスが他の男に捕まることへの恐れから、彼は彼女に対する所有欲と愛着を感じながらも、彼女がいなくなることを願うようになる。

【三森灯河】

シビト・ガートランドは白竜に乗り、白槍を携えている。
現場には五竜士の一人が欠けており、四人のみがいる状態だ。
シビトはオーバンに対して口を封じたと述べ、彼の死体を冷静に見下ろしている。
オーバンと名付けられた金髪の男は狡猾な表情をしており、彼らの会話は業務的である。

シビトはセラス・アシュレインを殺すことに対する奇妙な動機を持っていると語り、オーバンはセラスを殺害することでオルトラの隠し財産を手に入れることを期待している。
彼らはセラスがオルトラにとって特別な存在であることを認識しており、彼女を殺害することで彼に影響を与えようと考えている。

シュヴァイツという中年の竜騎士はシビトの指示に従いつつ、彼らの計画について冷静に対処している。
セラスは自分がオルトラ王に殺されようとしている事実に動揺し、彼女が潔癖であるため、彼女の死体が他の男に汚されることなく持ち帰られるべきだと主張するオーバンの言葉に反発している。

最終的にシビトはセラスに「生を勝ち取る権利」を与え、彼女が戦いで勝利すれば命を見逃すと提案する。
シビトはセラスだけでなく、セラスを雇ったとされる若者にも興味を示しており、彼の正体について問いただしている。

主人公はミルズ遺跡の魔物、スケルトンキングが思っていたよりも弱いことを認識している。
しかし、人類最強とされるシビト・ガートランドと遭遇してからは、恐怖から汗が止まらなくなるほどの状況に置かれている。
シビトは本能的にも恐ろしい存在であると感じられ、主人公はその強大な力に圧倒されている。
主人公が今、生死の岐路に立たされており、次にどう動くかが自身の命運を決定するだろう。

主人公は、人類最強であるシビト・ガートランドと対峙しているが、恐怖を感じつつも不思議と笑える心境にある。
シビトは、主人公が攻撃意志を持っていないことを理解し、話をすることを許可する。
会話の中で、シビトは主人公が示す異様な勇敢さに興味を持ち、さらにその会話を続けることに決める。
他の竜騎士たちは、主人公がシビトに対して何かを企んでいるかもしれないと推測しているが、シビトはそれを楽しんでいるようだ。

シビト・ガートランドは、皇帝の命によりカトレアとの婚姻が予定されているが、本人は戦闘にのみ興味を示し、カトレアに対して異性としての魅力を感じていない。
彼はセラス・アシュレインが現状で死を迎えると断言し、その首をカトレアのもとへ送ると述べる。
シビトは、死を受け入れることを称賛する風潮に対し、自身は戦う意志を持つ者を評価する立場を表明する。
彼は、自分を殺せるだけの力を持つ者に向かってくることを最も好むと語り、退屈を嫌って少年に何か策があるかと尋ねる。
少年はシビトに挑戦する意志を見せ、「異界の勇者」としての自己紹介を行い、戦意溢れる振る舞いでシビトの興味を引く。
シビトは少年を見逃すことを決め、セラスも見逃すことを提案し、それが受け入れられる。

シビト・ガートランドは、トーカに対して、セラス・アシュレインを使ってトーカを完成させるよう命じる。
彼は、トーカが成長した後に決闘を行い、セラスを死に至らしめることを示唆し、成功した場合は一瞬の痛みで彼女を殺すことを約束する。
シビトの絶対的な権威により、他の五竜士は異議を唱えることができない。
彼は、トーカとセラスに対する自身の意向を明確にし、今後の行動計画を説明する。
その後、シビトは感動しながらも、彼らとの再会を楽しみにすると述べる。
この状況で、トーカとセラスはシビトによって見逃され、彼らの生命が一時的に延長されることになる。

5.受け継がれたもの

五竜士が麻痺状態で地に伏し。
トーカは敵に麻痺と毒のスキルを使用し、シビト含む五竜士を効果的に無力化している。
シビトは自分の力を振り絞っても動けなくなり、ついには力尽きてしまう。
一方、セラスはトーカの支援を申し出て、共に戦う覚悟を示す。
戦場では敵の追加部隊が近づいてきており、トーカとセラスは最終決戦に備える。

空中にいる黒竜騎士団の戦闘態勢は未だ発動せず、彼らは地上の五竜士の安全を考慮し、攻撃を躊躇している。
トーカはこの停滞を利用し、最終的な攻撃を加速させる。
ピギ丸を通じて発射される魔素が光を放ち、竜騎士たちを麻痺させる。
麻痺状態の竜騎士たちは操作不能となり、次々と地面に墜落する。
トーカはさらに戦況を有利に進めるために新たなスキル「バーサク」「ダーク」「フリーズ」を解放し、これらを試すことを決意する。
五竜士は麻痺、眠り、そして毒の状態異常によって追い詰められ、最終的にトーカの計画通りに敗れ去る。

五竜士の黒竜とシビトの白竜が力尽きる。トーカのレベルが上昇し、MPは完全に回復する。
他の竜や騎士たちは、眠りながら次々に死亡していく。
セラスは、トーカの策略とピギ丸との協力技に驚嘆し、トーカに話しかけるが、声には動揺が含まれている。
トーカは周囲の状況を確認し、セラスと話したいことがあると考えるが、まだこの場を去ることはできない。
彼は五竜士の動きを見届けなければならない。
トーカのステータスはMPが高く、精神力を大きく消費する技の使用には制約が多いが、今回の戦闘でその力が生きた。

セラスがトーカの異界の勇者としての力について尋ねると、トーカは暗黒の勇者、大賢者アングリンに関連する「魔物強化剤」を使用していることをほのめかす。
セラスはトーカがアライオンの女神に追放されたことを知り、トーカが彼女を守ると安心させる。

戦闘は終息に向かい、五竜士や他の敵たちは次々と死亡し、トーカはセラスと共にそれを静かに見届ける。
シビトも最終的に力尽き、トーカは自身が単なる復讐者であることを認め、彼とセラスの間の関係が深まる。

【十河綾香】

アライオンの王都エノー近郊の山岳地帯にある古竜遺跡を、綾香と彼女が守る生徒たちが訪れている。この遺跡はかつて青眼竜が棲息していた場所である。綾香は生徒たちと共に試練を進め、彼らを守りながら戦っている。彼女は、女神から廃棄されかけた生徒たちを引き受け、彼らの保護者として行動している。彼女は生徒たちに自己防衛を優先するよう指示し、彼らが戦う必要はないと強調している。

生徒たちは、綾香のグループに所属していることに感謝しており、自分たちもできる限り彼女を支援しようと励んでいる。一方で、別の通路からは安と名乗る男子生徒が現れる。彼は綾香に協力を求めるが、綾香は彼とは協力できないと断る。安は彼自身が率いるグループを示しながら、彼らを「薄色の勇者」と軽蔑している。綾香はそれに反論し、自分の仲間たちは大切なクラスメイトであると強調する。

突然、魔物が現れ、綾香は戦闘に備える。
安は自らの力を示すために魔物に対して強力なスキルを使用し、魔物たちを一掃する。
彼の力に彼のグループは称賛を送るが、その中には真実の感情が欠如しているように綾香には感じられる。

安のグループと別れた後、綾香と彼女の仲間たちは古竜遺跡の探索を続けていた。
途中、高雄姉妹が嘔吐する場面に遭遇し、姉妹が殺した魔物の死体が散乱している様子を目撃する。
この地域には、魔物の死体が非常に多く、その多くが焼かれていたり、切断されていたりする。
この光景に綾香は動揺し、自身がまだ固有スキルを得ていないことに焦りを感じる。

綾香たちは遺跡での条件を達成し、肉竜の眼球を手に入れることに成功する。
しかし、高雄姉妹との出会いの中で、綾香は自分がまだ十分に自己を保護していないことに気付かされる。
さらに、桐原グループとの遭遇は綾香にとってさらなる試練をもたらす。
桐原拓斗は血に染まりながら魔物を残酷に扱い、その行為が周囲から批判を受けるが、彼は気に留めない。
彼の行動は、極端でありながらも綾香たちとは異なる生存戦略を示している。
このように、綾香たちは遺跡内でさまざまな勢力と出会い、それぞれが生き残るために異なる方法を採用している様子が描かれている。

綾香たちが古竜遺跡から無事に帰還し、管理された遺跡前の広場で集合した。
彼らは遺跡からの生還者たちと合流し、女神ヴィシスの代理として現れたニャンタン・キキーパットという人物と出会う。
ニャンタンは猫の耳を思わせる装飾品を身に着けており、戦闘では連接剣と思しき特異な武器を用いる。
彼女は自己紹介と共に、今後の女神の方針を伝え、勇者たちが次の段階へと進むことを告げる。
ニャンタンは、小山田翔吾に挑戦されるも見事に勝利し、その強さと冷静さを示す。
彼女の現れは、2-Cの面々に新たな期待と緊張をもたらす。

【ニャンタン・キキーパット】

ニャンタン・キキーパットがヴィシスに呼び出され、女神の自室で会話が行われる。
女神はニャンタンに近々勃発するかもしれない大きな戦いについて言及し、彼女に勇者たちの面倒を見る役割を任せたいと語る。
女神はニャンタンの忠誠心を評価し、その忠誠の証として一連の行動を求める。
その後、文官が部屋に入り、状況報告を行う。
ウルザに派遣されていた五竜士が動き出したことが伝えられ、女神は次の戦略を立て始める。
四恭聖、剣虎団、ウルザの竜殺し、黒竜騎士団の五竜士を使って勇者たちを成長させる計画を進める。
女神は、大魔帝の軍勢と勇者たちの衝突が近いと感じながら、その準備に着手する。

【三森灯河】

現在の位置から離れた森の中にいるセラスは、傷ついたと思わせるために破かれた衣服に血を塗り、逆方向に足跡と血痕を残していた。
これは追跡者を欺くための策略である。
セラスが重傷を負っていると錯覚させることが目的だ。
トーカは、この計画を実行した後、金棲魔群帯を目指す予定であり、セラスもそれに同意した。
彼らは、シビトとその黒竜騎士団が死亡するという情報が外部に漏れることを懸念していた。
特にシビトの件は女神の耳に届く可能性があると考えており、その場合トーカの存在も明らかになるかもしれない。
そのため、最悪の事態を常に想定して行動する必要があるとしている。

トーカとセラスは、森を歩きながら今後の行動計画を確認していた。
トーカはセラスを連れて進む方針を変えるつもりはなく、セラスもこれ以上異を唱えることはないと述べた。
セラスはトーカに完全に従うことを誓い、彼らは予定通り行動を進めることに決めた。
セラスは「勇血殺し」と呼ばれる五竜士について言及し、トーカはすでにその竜騎士を倒していたと語った。
これにより、彼らの心配は不要になった。

セラスとトーカは廃棄遺跡からの生還者であり、今回の黒竜騎士団との対決にもその経験が生きていた。
彼らの話は廃棄遺跡での出来事にも及び、セラスはトーカがその地で生き残ったことに感心する。
また、トーカはセラスが王家の姫であるネーアとの関係を保持していることについても理解を示し、彼女が逃亡者としての身分を選んだ理由を説明した。
セラスはその選択に対して後悔していない様子である。

セラスはトーカに復讐の手助けを申し出た。
彼女は、トーカが自らの命を懸けて助けてくれたことへの恩義を感じており、その恩を返すためにも力を貸したいと願っている。
彼女はトーカの復讐が個人的なものであることを理解しているが、それでも彼のために尽くしたいと強く望んでいる。

トーカは自分の復讐が誰からも称賛されるものではなく、個人的な怨念に基づくものであることを認識している。
彼はセラスの忠義と恩義を重んじる姿勢を認めつつも、自分の行動が自己中心的であることを自覚している。

結局のところ、トーカはセラスの提案を受け入れる。
彼はセラスに恩義を感じており、いずれその恩を返すつもりでいると彼女に告げる。
このやり取りは、彼らの間に形成された深い絆を示しており、金銭的な関係を超えた信頼と忠誠に基づいている。

彼らは方針として、ミルズを避けて北の魔群帯を目指すことに決めた。
途中の小さな村が最初の目的地となる。
道中、二人は別行動を取ることにしたが、バレる確率は低いと考えている。
セラスは現在、元の顔から大きく変えることはできないが、ミストとは違う顔に変化している。
しかし、彼には元の姿の顔で見えており、他の者には別の顔で見える設定になっている。
このため、新しい偽名のミスラと本名のセラスを間違えないよう注意が必要である。
セラスは、以前本当の名前で呼ばれたときに返事をしてしまったことを気にしており、今後は状況に応じて「我が主」と呼ぶことを提案している。
彼はこの提案を受け入れ、呼び名のことはセラスの判断に任せることにした。
その後、彼はセラスとピギ丸に自分の安全を任せると言い、今後とも協力を求めた。セラスは柔らかな微笑みを浮かべて応えた。

エピローグ

ウルザの王都とミルズの間に位置する小さな村に、彼らは二日かけて到着した。
到着後、セラスとは別行動を取っており、宿の部屋も別々である。
ミルズを離れてから二人で行動すると決めたためである。
この村から北上するとウルザの王都があり、さらに北に進むと目的地の金棲魔群帯がある。
五竜士との戦いから二日が経過し、追手の気配はない。
最強を称した黒竜騎士団の中核をなす五竜士が死亡し、彼らを擁していたバクオスは混乱している。
国の屋台骨たる戦力が壊滅したため、追手を出す余裕がないかもしれない。

【セラス・アシュレイン】

セラスは、服装を着替えてから寝具に身体を横たえた。
彼女は天井を見つめながら、トーカに対する想いに意識を向ける。
彼の前では冷静な従者であり続けることを心掛けているが、宿の部屋が別々であることにより、思考を整理し感情を落ち着ける時間を持てた。
トーカに救われたことから、彼に対する信頼と感謝が深まっている。
しかし、セラスは彼の目的に影響を与えてはならないと考え、しばらくは彼の忠実な騎士であり続けることを決めた。
その中で、自らの感情を自覚しつつも、彼の剣としての役割を全うしようと心に決めている。

【三森灯河】

彼は村の広場に立っていた。セラスは宿で睡眠中であり、ピギ丸は部屋で待機している。
広場の中心にある営火が夜闇を薄く照らし、多くの村人や旅人が集まり、踊りや談笑、楽器演奏、酒の交わしを楽しんでいる。
また、屋台も出ており、村の祭りの日に訪れたため、彼にとっては観光客として行動しやすい状況である。
屋台見物をしながら情報収集を試みるも、大した情報は得られなかった。

彼は新たなスキルについて考えており、「スリープ」と「フリーズ」というスキルを試用していた。
特に「フリーズ」は非致死であり、生物以外にも使用可能な点が特徴であるが、持続時間が長く、現状解除不可能であるため、慎重に使用する必要がある。
彼はこのスキルを用いて問題を解決できるかもしれないと考えている。

その後、屋台で被り物を見つけ、店主から蠅王の伝承について聞く。
蠅王とその配下の被り物を購入し、試着を試みる。
彼は大陸中で手に入るマスクを利用し、傭兵団としての偽装を考える。
その際、マスクを被り、自らを悪魔になぞらえるなど、様々な計画を練っている。

Share this content:

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA