「ヴィンランド・サガ 15巻」 繋がれたアジサシ 感想・ネタバレ

「ヴィンランド・サガ 15巻」 繋がれたアジサシ 感想・ネタバレ

「ヴィンランド・サガ 15巻」 繋がれたアジサシ 感想・ネタバレ

その中でも最強と言われていたヨーム戦士団の戦鬼トールズの子。
トルフィンと名づけられた男が主人公。

アイスランドで産まれ、農夫&漁師の息子として育ったのだが、、
ヨーム戦士団のフローキがドールズの暗殺を傭兵のアシェラッドに依頼。
ドールズはトルフィンの目の前で殺されてしまう。

親の仇のアシェラッドを追いかけて幼くして戦場を生き場所としていくトルフィン。

そんな中で、アシェラッドはデンマーク・ヴァイキングの第二王子クヌートと組み。

ズヴェン王の首を跳ばしてクヌートの王座奪取のため、わざと殺されたアシェラッド。

そんなアシェラッドの最後を看取り、アシェラッドを殺した。

クヌート王子の顔を斬りつけてしまう。

デンマーク南部のケティルの農場に奴隷として売られ。

イングランドで奴隷にされたエイナルと出会う。

奉公人から差別と嫌がらせを受けながらも、農地を開拓して奴隷から解放された2人だったが、クヌートの農場接収に巻き込まれてしまう。

新たな大陸、ヴィンランドに国を造るための旅を始める。

読んだ本のタイトル

#ヴィンランド・サガ (15)
著者:#幸村誠 氏

あらすじ・内容

奴隷の身分から解放されたトルフィンはヴィンランドへの遠征を前に、故郷のアイスランドに寄港する。そこで遠征の為に資金提供を求め、父・トールズと因縁の深い鉄鎖のハーフダンに資金提供の交渉をすることに!ハーフダンの息子・シグルドとの婚礼が決まったレイフの親戚・グズリーズが、トルフィンたちの船に乗せろと言い出して、シグルドとトルフィンの激烈バトルが始まる!

ヴィンランド・サガ(15)

前巻からのあらすじ

クヌートへケティルの農場の接収を止めて欲しいと言うために、彼が駐留している居留地へとエイナルと赴く。

昔、クヌートの護衛をしていたのだが。

あの時のメンバーはクヌートの側には誰も居ない。

近衛を通過するのに100発も殴られろと言う近衛達。
コレは完全に会わせる気がないな、、

それを本当に100発殴られてクリアするトルフィン。

そしてクヌートとの再会だったが、、

クヌートはヴァイキング達を神の愛から救う事が目的だった。

そのためにも力がいる。
力を維持するためには資金も権力もいる。
だからケティルの農場を接収したい。

そんなクヌートに「どうする」と問われたトルフィンは「逃げる」と言う。

だから、他人から奪って被害者を増やすなとトルフィンは言う。

そんなトルフィンの和平交渉に心から笑ってしまったクヌート、、

クヌートが救えなかった奴をトルフィンが受け持つから、お前は無茶すんなとトルフィンに言われ、クヌートは憑物が落ちたように笑いまくる。

面白く難しいと笑いしながら、、

感想

トールズが亡くなって以来、故郷のアイスランドに帰って来たトルフィン。

姉のユルヴァからトルフィンは23歳だと教えられる。
そして、身を固めろと言われるが、、
トルフィンにはやりたい事があった。

戦争と奴隷制から逃げた先人々の受け入れ先。

水平線の向こうの大地、ヴィンランドに国を造る。

そのためにも資金が必要。
アイスランドで資金を持っている者は誰だと言ったらハーフダンとなる。

ハーフダンは経営の苦しくなった農場経営者から格安で農場を買い叩いてると言われ。
でも、小作人にした人達をしっかり食わせているとも言われている。

そんなハーフダンから融資してもらうためにトルフィンはハーフダンの農場へ行くのだが、、

ハーフダンの桟橋で、ハーフダンの倅シグルドとレイフの農場のグズリーズと結婚する事を知るのだが、、、

結婚

グズリーズは結婚から逃げ出そうとしていた。
グズリーズは、船で旅をしたいと昔から言っており。

普通の女性がやる裁縫、料理、洗濯などの家事には全く興味をしめさずド下手。

グズリーズの前の旦那さんはレイフの弟で、結婚したが何もしないままヴィンランドに行って死んでしまった。

そんなグズリーズを、、
レイフの農場をハーフダンはグリーンランドをヴィンランドへの中継地にするため、グズリーズとシグルドの結婚を決めたらしい。


そんな結婚だけど、ハーフダンの妻はグズリーズを嫁にするのは反対だと言うほど個人同士の相性は最悪。

それでもグズリーズは、女は船乗りになれないとレイフに言われ大人しくシグルドに嫁ごうとしていたのだが、、

シグルドとの話は全く頭に入って来ない。
シグルドの事を少しでも理解しようともしてなかった。

そんなグズリーズは、初夜でシグルドをナイフで刺してしまい逃亡してしまう。

融資

ハーフダンに融資をお願いしに面談するトルフィン達。

要求は100人が無補給で1年暮らせる生活道具と家畜と食糧。
それを運ぶ船。

ヴィンランドは、麦が育てられるほど温暖な場所で羊も飼える。

収穫が軌道に乗ればハーフダンに格安で商品を卸せるとレイフは言う。
それに対してハーフダンは、麦の作り方は知ってるのかと言うと、エイナルがイングランドで麦を作っていたと答え。

さらに開墾はトルフィンとエイナルが経験しているとも答える。

それに対してのハーフダンは、そんな巨額な融資はコチラが干上がってしまう。

さらにヴィンランドの開拓は以前、レイフの弟が開拓団を率いて行ったが。
先住民達と争いになってしまい全滅してしまった。

もし、融資したとして失敗したら。

担保はあるのかとトルフィンに聞く。
それに対して、トルフィンは命以外何も持ってないと答える。

それなら誇りを捨てろと言うのだが、、、
トルフィンには誇りはその辺の犬に喰わせるくらい捨てるのに何とも無かった。

どうやらトールズも同じだったらしく、、、
憎まれ口を叩くハーフダン。

それで、ハーフダンはトルフィンにイッカクの角24本を贈って来た。

イッカクの角はユニコーンの角のように治癒に効能があると言われており。
それを信じているギリシャで売ったら、同じ重さの金と交換出来ると言われている。

ヴィンランドと真逆の方向の東の国ギリシャへ向かう事を決めるトルフィン。
それについて行く気満々な冒険者のレイフ。

そのレイフが心配でついて行く気満々なギョロ。

そして、グズリーズの結婚式の翌日にギリシャへと旅立つと決めて準備をして。

結婚式が行われたのだが、、、

グズリーズがハーフダンの倅シグルドを刺してしまった。。。

どうなるんだ?

最後までお読み頂きありがとうございます。

同シリーズ

ヴィンランド・サガ

ヴィンランド・サガ 9
ヴィンランド・サガ 10
ヴィンランド・サガ 11
ヴィンランド・サガ 12
ヴィンランド・サガ 13
ヴィンランド・サガ 14
ヴィンランド・サガ 15
ヴィンランド・サガ 26

その他フィクション

フィクション(novel)あいうえお順

Share this content:

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA