小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレ

小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレ

どんな本?

治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜』は、くろかた 氏による日本のライトノベルで、イラストはKeG 氏が担当。
この作品は、2014年3月から「小説家になろう」で連載が始まり、2016年3月から2020年3月までMFブックス(KADOKAWA)から刊行されました。第2回ライト文芸新人賞で佳作を受賞しています。

物語のあらすじは、主人公のウサトと彼のクラスメイトであるカズキとスズネが異世界に召喚されるところから始まります。カズキとスズネは勇者として呼ばれるが、ウサトはただ巻き込まれただけでした。しかし、治癒魔法を発現したウサトは「救命団」という部隊に配属されます。この救命団は、治癒魔法で自身の傷を癒しながら身体を鍛え、戦場を駆け回って負傷者を治療する脳筋集団です。
このライトノベルはメディアミックスとして、九我山レキ 氏による漫画版が『月刊コンプエース』(KADOKAWA)で2017年6月号から連載されています。2022年10月時点で、電子版を含めたコミックスの累計部数は200万部を突破しました。また、スピンオフコミカライズとして『治癒魔法の間違った使い方 〜誘いの街・レストバレー〜』がカクキカイ 氏による作画で、『FWコミックスオルタ』で2023年8月から先行配信で連載が開始されました。さらに、2021年8月15日にはアニメ化が発表され、2024年1月から放送。

読んだ本のタイトル

#治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ 10
著者:#くろかた 氏
イラスト:#KeG  氏

gifbanner?sid=3589474&pid=889059394 小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレBOOK☆WALKERで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=890114037 小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレ

あらすじ・内容

ウサト、再び戦場を駆ける!
魔王軍に動きありとの報を受け、ウサトは会談が行われていたルクヴィスから急遽リングル王国へ帰還する。
救命団に戻ったウサトは、来たる戦争を前に、元魔王軍所属のフェルムに身の振り方を提案するが、彼女の答えは意外なものだった。
そして、ついに迎えた開戦。前回の戦争では前線に出なかった軍団長も集結してさらに戦力を上げた魔王軍に対し、リングル王国軍は同盟を結んだ各国の兵士たちや、幻惑魔法を持つエルフの少女フラナ、さらに勇者カズキとスズネを陣頭において迎え撃つ。
両軍総力戦とあって負傷者が続出する戦場を、救命団副団長として大きく成長したウサトが縦横無尽に駆け回る!
異世界ギャグ&バトルファンタジー、第10巻! ウサト、ついに敵からも化け物扱い!?

治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ 10

備忘録

『治癒魔法の間違った使い方~戦場を駆ける回復要員~ 10』は魔王軍との戦いが本格化する中、主人公ウサトと仲間たちの奮闘を描く。

物語はリングル王国に戻ったウサトが団長ローズから魔王軍の動きを聞き、戦闘準備に着手するところから始まる。

特訓を受け、救命団の一員として活躍を決意するウサト。
相棒のブルリン、弟子のナックと再会し、共に訓練に励む。
一方、ウサトと同化する力を手に入れたフェルムは新たな力に戸惑いつつ、戦いに挑む。
ウサトはローズから過去の戦いの教訓を学び、深い理解を得る。

中盤から魔王軍との戦いでウサトたちが戦場でどう行動するかを描く。
治癒魔法を駆使し、負傷者を救うウサト。
魔族との戦いでは「治癒瞬撃拳」を使い戦う。

彼の戦い方は仲間や敵に影響を与え、戦闘の行方を左右する。
フェルムの特殊な魔法の影響で新たな力を手に入れたウサト。
この力は戦闘において大きな利点となるが、リスクも伴う事が発覚。
だが、自らの限界に立ち向かうウサトは躊躇なく限界に挑んで行く。

終盤では魔王軍第三軍団長ハンナ・ローミアとの戦いが描かれるが、、
ハンナの洗脳誘惑に対し、ウサトは気合いで打ち勝ってしまい、魔族から悪魔だと言われてしまう。

この戦いでウサトの重要な治癒師としての地位を証明するのだが、、
人とは。
魔族から悪魔呼ばわりだもんな。。

物語のクライマックスでは四王国連合軍と魔王軍の大規模な戦いが繰り広げられる。

物語はウサトと仲間たちが魔王軍との戦いを乗り越え、絆を深め、新たな仲間の登場で幕を閉じる。
彼らは戦闘中に助け合い、強固なチームワークを築く。また、ウサトはローズや犬上先輩、カズキなどの仲間と関係を深め、自己成長を遂げる。
いや、アレは進化?

感想

『治癒魔法の間違った使い方~戦場を駆ける回復要員~ 10』は、魔王軍との全面戦争に突入するリングル王国とその仲間たちの物語だった。

主人公ウサトは、ローズの救命団に戻り、戦争に備えて特訓を積む。
ローズから救命団の創設経緯や過去の悲劇について聞かされ、ウサトはより一層の決意を固める。

物語は、ウサトが戦いに必要な技術と心構えを身につける過程を描いており。
彼はブルリンやナックと再会し、ネアやフェルムとの訓練を通じて、彼らの成長を支援。

フェルムはウサトと協力して自身の魔法能力に変化を遂げる。

後半に、物語は魔王軍との戦闘も勃発する。

ウサトと仲間たちは、魔族との戦いにおいて勇気と力を示し、様々な戦術を駆使して戦う。

特に、第一軍団長ネロ・アージェンスとの戦いは、ウサトにとって大きな挑戦となる。

ウサトはフェルムの新たな力と同化し、これまでにない強さを発揮するが、同時に彼の「人間性」についても疑問が投げかけられる。

彼らは困難な戦いを乗り越えつつ、連合国側の仲間たちとの関係も深めて行った。

物語のクライマックスでは、巨大な蛇の登場。
ミアラークの勇者レオナが登場して終わる。

最後までお読み頂きありがとうございます。

gifbanner?sid=3589474&pid=889059394 小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレBOOK☆WALKERで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=890114037 小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレ

アニメ

PV

GREE Entertainment ANIME & MUSIC【公式】

同シリーズ

治癒魔法の間違った使い方

0d946cda01dc7f63c9de2ba767c366a3 小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレ
治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ 1
d0305377bac36f89903fcd0624791b61 小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレ
治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ 2
54e42208e2e86044bff4e1ab165f02be 小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレ
治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ 3
7ea2addfaf0b4fa4ce2a3bcee4b25dd9 小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレ
治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ 4
151eee3011edd9351d0edddfb467357c 小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレ
治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ 5
b05ef956c6e4608732e509548c6c3bcc 小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレ
治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ 6
0215e6df310b002e00da52fdcc4b19b5 小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレ
治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ 7
34360a14b021263d8e6cf5fc14558567 小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレ
治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ 8
26c5a93bf1bbc8ed6a7c6d869bf04db4 小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレ
治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ 9
4d23607842e7dd07be964f95515aa604 小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレ
治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ 10
b6273ddad6b5145a8974a439b10cca44 小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレ
治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ 11
f4303eab5504e69a75051120d8c0a1eb 小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレ
治癒魔法の間違った使い方 Returns 1

その他フィクション

e9ca32232aa7c4eb96b8bd1ff309e79e 小説【治癒魔法】「治癒魔法の間違った使い方 10」感想・ネタバレ
フィクション(novel)あいうえお順

Share this content:

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA