「社会をつくる「物語」の力」指輪物語をもう一度トライしてみたくなった。感想文

「社会をつくる「物語」の力」指輪物語をもう一度トライしてみたくなった。感想文

読んだ本のタイトル

#社会をつくる 「物語」の力~学者と作家の創造的対話~
著者:#木村 草太 、新城 カズマ 氏

あらすじ・内容

AI、宇宙探査、独裁の再来、核戦争の恐怖…現代世界で起こるあらゆる事象は、小説家やアーティストたちによる「フィクション」が先取りしてきた。同時に、学問研究や科学技術の進歩が、新たな創作への想像力を掻き立てる。まさに現実とフィクションは互いに触発し合い、発展していく。憲法学者とSF作家の希有なコンビが、『指輪物語』『飛ぶ教室』などの名作を参照しながら政治、経済、科学を縦横に巡り、来るべき社会を構想する。

(以上、Amazonより引用)

感想

指輪物語をもう一度トライしてみたくなった。

今なら作者のJ・R・R・トールキンさんの時代背景を元に読めるかもしれない。

イギリス軍人だったんだな、、

以前は何か話が進まないから飽きてしまったんだよな、、

そんな指輪物語とトランプ大統領誕生、トランプ支持者の心理などの話が面白い。

特に極端な人達はU字の端っこでお互いに言い合ってるってのが面白かった。
お互いに分かり合えないと思いながらも、根底は同じってのがね、、

これ、人種差別する人も同じなんだろうな、、

真剣にやってるだけにマヌケ過ぎて笑えるようで全く笑えない。

人が死んだりしてるからね、、

そんな極端な思想が世論を動かして、メキシコに壁を建築して、白人系の人達の差別的な心に火を付けて炎上させ。

男尊女卑もする。

疫病が蔓延すると、アジア人というだけで暴行する奴が現れる。

そんな人達の思考を指輪物語のキャラで語る。

もう一読するかな?
なんか読み足りない気がする。

最後までお読み頂きありがとうございます。

Share this content:

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA