ラノベレビュー「出会ってひと突きで絶頂除霊! 3」表現自由への挑戦!

ラノベレビュー「出会ってひと突きで絶頂除霊! 3」表現自由への挑戦!

どんなラノベ?

下ネタ全壊の霊能バトル物。
何も考えないで、笑いながら読める。

ただ、公共の場では絶対に読んではいけない。

電子書籍でかなり売れているらしい。

当たり前だ、こんなのレジに持っていけるか!w 

何でコレが全年齢物なんだ?
↑褒めてます(一応)

読んだ本のタイトル

#出会ってひと突きで絶頂除霊 ! 3
著者: #赤城大空 氏
イラスト: #魔太郎 氏

あらすじ・内容

イクかイカせるか? 絶頂サバイバル開幕!

――魔族

それは、人間が生み出す負のエネルギーを糧に生きる上位存在。ときに人を操り、傷つける忌むべき存在。

ロリコンスレイヤーの一件によって明らかになった魔族の関与。その事実をうけ、退魔師界はにわかにザワついていた。

だが、晴久や美咲たちのような仮免退魔師にはそのような話は関係なく――相変わらず本免許を取るために、様々な事件を追っていた。

女子高に発生したドMの生き霊を退治するために晴久が女装して忍びこむとか、そういう感じの。

そんななか、世間の男達に大流行してるエッチなゲームに人々が取り込まれるという怪異が発生する。

ゲームの美少女キャラクターをイカせていけば無事クリア。美少女たちにイカされてしまえばゲームオーバーで外に出られなくなるという、うらやまけしからんゲーム仕様。

絶頂除霊のチカラを見込まれ、クリアの可能性を託された晴久たちは果敢にゲームへと挑む! 

その先で起こる淫らな誘惑の恐ろしさも知らないで……。

――それ以上は……ダメだって……ほんとに……わたしたち、も、どれなく……。

そして遂に現れる絶頂除霊の元凶と、美咲の家系に隠された能力の真骨頂。体液飛び交う退魔活劇第三弾!

(以上、Amazonより引用)

感想

今回の怪異はエロゲ―だった。

被害者は万単位。

ゲーム内でイッたらゲームオーバーでゲームに取り込まれてしまう怪異。

そのカギは前作のキャラクーとキャラが被ってるが、純粋培養された男性恐怖症の女生徒。

その怪異の裏で暗躍する魔族。

そして、遂に現れた絶頂除霊の核となる神族(?)ぽいなにか?

やってる事は他人の快楽の気を貪る悪魔のような存在。

そんな怪異の中で心(san値)をガリガリと削られる呪いを手に持つ男と呪いを目に持つ女。

大はしゃぎしている心にナニを持つ女。

彼女は率先して果て、、

ゲームに取り込まれる。。

任務中でも欲望最優先。

やるなド変態、、

でも、この表現で何故に18禁にならないのか本気で不思議だ。

表現の自由への挑戦はまだ続く。

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA