「ダイヤのA act2(1) 」おすすめ野球漫画・沢村、甲子園デビュー

「ダイヤのA act2(1) 」おすすめ野球漫画・沢村、甲子園デビュー

どんな漫画?

甲子園出場が視野に入ってる高校野球部の話。

甲子園。
高校の硬式野球部の頂点を決める大会。
春と夏の大会があり、地元のチームが上位に行けば応援する。
出身校なら後輩や支援会が金を徴収しに来る大会。←偏見

それに憧れて寮に入ってレギュラーを掴むために練習をする。

身体が壊れて野球が出来なくなってしまった生徒、上手くなれない生徒達の上に立ちレギュラーを掴み相手を負かして勝ち上がる。

硬式野球部の名門と呼ばれてる青道高校に入学した沢村。
ボールの握り方も知らなかった沢村が成長して青道高校のエースになろうと頑張るが。

同期には豪速球が投げれる降谷が立ち塞がる。

それでも2人は切磋琢磨しながらお互いに成長しあっていた。

でも、そんな彼等は。。。

勉学がメイン。
ゴールデンウィークを利用しての他県の強豪校との練習試合。
沢村は1番手強い白龍戦で先発する。

読んだ本のタイトル

#ダイヤのA  act2(1)
著者: #寺嶋 裕二 氏

あらすじ・内容

俺は今、この場所に立っている───。

2年生となった沢村栄純(さわむら・えいじゅん)が、ついにセンバツ甲子園のデビューを果たす!

目指すは全国の頂点のみ!! 名門復活へ。青道高校野球部の快進撃が始まる!!

(以上、Amazonより引用)

感想

沢村、春のセンバツ甲子園のデビュー第一球でやらかす。
あまりにも緊張していたからかコケてしまう。

それに優しい声援を送ってくれる兵庫県の人々。

持ってるわ。。
笑いの神が宿ってる。

その後、沢村は1失点して次の回は抑えて1回戦突破。

2回戦は沢村は投げてない。
降谷と川上が投げて終わる。
ヒーローインタビューを受ける降谷にジェラシー全開な沢村が何気に面白い。

ベスト8の3回戦は巨摩大藤巻、、、
駒大藤巻??
なんか幾つかの学校の名前が混じってるような名前だな、、

そこのエース級投手、本郷と降谷の投手戦になる。

ただ、初回に降谷の投球が乱れている時に2失点したのが最後まで響き。

青道は敗退する。
それをブルペンで見ているだけだった沢村。
降谷と本郷の投球に魅せられ、結局はマウンドに立てなかった事をバネにして次に甲子園に行ける事を目指す。

まとめ

春の選抜甲子園に青道は出場。
その1回戦のリリーフに沢村が初登板をする。
1失点するが後続を抑えて1回戦突破。

2回戦は降谷が先発して川上がリリーフ登板して2失点するも次の回で打線が追加点を取って勝利を確実にして2回戦突破。

3回戦は巨摩大藤巻との対戦の先発は降谷。
初回に2失点してしまい。
相手先発の本郷が得点を許さず敗退。

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA