読書感想文「理不尽な人に克つ方法」元刑事が伝授する「理不尽な人」に克つ技術。

読書感想文「理不尽な人に克つ方法」元刑事が伝授する「理不尽な人」に克つ技術。

どんな本?

騒げば勝ちというような、大声で理不尽なクレームを付ける人が多くなった昨今。

大阪府の元警察官だった方が定年退職された後にクレーム対応に当たったようだ。
そんなクレームに対してベテランの方が、どうやったら理不尽なクレームを言う人に対応出来るかの本だった。

読んだ本のタイトル

#理不尽な人に克つ方法
著者:#援川聡 氏

あらすじ・内容

元刑事が伝授する「理不尽な人」に克つ技術。

「インターネットに悪口を書くぞ」という企業クレーマー、「ネットに恥ずかしい写真を流すぞ」というリベンジポルノ・モンスター、「孫が椅子から落ちた責任をとれ」といった高齢者モンスター、「おまえが辞めれば300万円改善する」「部下を無視する」といったパワハラ上司、DV男など、一見普通の人が「わけのわからない理不尽な人」に変わってしまう現代社会。かつてのようにクレームをつけてお金を要求することを生業とする「ブラック・モンスター」に変わり、増殖する「ホワイト・モンスター」たち。この異常な隣人たちと、どう向き合えばいいのか?トラブルに巻き込まれないためには、どのように対応すればいいのか?●D言葉をS言葉に変える。●「お聞きする力」で要求をしる。●「ギブアップ・トーク」ではねのける。●3段階のモードチェンジで対応する。●土下座はしない。●「相づち」で相手を巻き込む。●「職質テクニック」で本音を聞き出す。など。オウム真理教の信者を逮捕するなど、様々な「モンスター」と対峙してきた大阪府警の元刑事が伝授する「負けない」ためのバイブル。

(以上、Amazonより引用)

感想

色々と訳のわからない人が多い昨今。

そんな人たちにどうやって対応したら良いのかと思い読んでみる。読んでみて、、全部するのは無理だけど。

相手のペースを乱す事はできそうだ。

でも、撤退出来ない時はどうしたら良いのだろうか?

その場合は記録を取れと書いてあるな、何回か帰りたいと言って帰さないと言われたら。

それでも帰してくれなければ監禁、拘束されたとして訴えると言って。

それでも帰れなければ、、

逃げて警察に駆け込んだ方が良いらしい。

そこまでされたくねぇそんな事をする人に近づきたく無い。

でも、知らないより知ってる方がいい。

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA