「声優ラジオのウラオモテ #03 夕陽とやすみは突き抜けたい?」

「声優ラジオのウラオモテ #03 夕陽とやすみは突き抜けたい?」

やすみのタネが弾けた!!ww

↑イメージはコレ
こうなる前の葛藤が凄かった。。
メチャクチャ苦しんだ結果、声優として一皮剥けたやすみ。
その過程を読む第3巻。

読んだ本のタイトル

#声優ラジオのウラオモテ #03 夕陽とやすみは突き抜けたい?
著者:#二月公 氏 
イラスト:#さばみぞれ 氏

あらすじ・内容

「コーコーセーラジオ!」新コーナーも存外(?)の好評を博し、晴れておだやかな日常を取り戻した夕陽とやすみ。目下やすみの悩みは――仕事が無い! そんな崖っぷちに舞い込んだのは、夕陽主演・神代アニメの宿敵役!? やっとつかんだ大役に意気込んだのも束の間・・・・・・

「あんた今、周りに迷惑だから」「すげーやりづらかったよ」
容赦なく突きつけられる、一流の壁。できない、苦しい、まだ足りない、それでも――

「あんたにだけは」「あなたにだけは」「「負けられない!!」」

突き抜けたいふたりの声優ラジオ、熱い声援を受けて、まだまだON AIR!!

(以上、Amazonより引用)

感想

夕陽のパピーの作品にやすみが出演。
最初は別の役でオーディションを受けたのだが、音響監督が採用した役は夕陽が演じるキャラクターのライバル役だった。

現場はベテランが多くやすみは雰囲気に呑まれ、さらに監督からの何回ものやり直しに、申し訳なさと、己の未熟さに落ち込んでいたら、新人がやるべき仕事までベテランにさせてしまった。
、、、って体育会系だな声優業界。。

落ち込んでしまったやすみは、普段の生活にも支障が出るくらい悩んでしまう。

それで、マネージャーはやすみに休暇を取れと言う。
それでも焦り悩むやすみ。
監督がやすみの演技に何を期待してるのかわからない。

やり直しも少なくなったが、、
やすみ最後の出演の直前の時に憧れのベテラン声優から「君が主役だ」と言われ、それに凄く悩むやすみ。

そしてやすみ最後の出演、他の声優の収録は終わるが、やすみのシーンは何回もやり直される。

焦るやすみ。
でも、OKが出ない。

他の声優達も気前よく彼女に付き合う。
それでも、時が過ぎて他の声優達は他の仕事があるので出て行って行く。

それで、大ベテランから此処が踏ん張り処だとアドバイスが来る。

それはやすみも理解していた。
そして、OKが出ないでその日の収録は終わってしまう。

翌日に持ち越しになってしまう。

周りの大人は夕陽に聞けと言うが、やすみには踏ん切りが付かない。

でも、ついにやすみが夕陽に聞くと、、

演技に対して真摯に悩み取り組む、やすみに夕陽が応じる。

負けてたまるかと思うのじゃなく、コレが私だ!見たか!という気構えで演じろという。

ベテランの重圧に堪えてるやすみに、夕陽はあるベテランは業界に残る者にしか声を掛けないと教える。
そのベテランから期待されてると教えてしまう。

やすみの演技には期待に応えよういう意図があると言う。

でも、今回求められているのはブレーキがバカになってしまった魂の籠った演技。

それを夕陽と2人でやすみの家で練習をする。

そして、翌日の収録。

憧れのベテラン声優も応援に来て彼女達の前でやすみは最後の演技をする。

そして、やすみの才能のタネが弾けた。

周りはドン引きするほどの魂の演技。

アッサリとOKがでる。

それを目の当たりにしたベテランは若手の成長にヤケ酒と祝杯を挙げる。

そきて、夕陽はライバルの成長に戦慄する。

やっぱり、このラノベはやすみが主人公だな。

今更か?w

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA