「銀河英雄伝説 6」第四次ティアマト会戦【おすすめSF漫画・ネタバレあり】

「銀河英雄伝説 6」第四次ティアマト会戦【おすすめSF漫画・ネタバレあり】

前巻までのあらすじ

ラインハルト・フォン・ミューゼル大将は、ティアマト星系奪還に侵攻して来た同盟軍3万以上を迎撃するために傘下の8000隻とロイエンタール、ミッターマイヤーの各艦隊800隻。
合計9600隻でイゼルローン要塞から出撃した。

ガス惑星レグニッツァで同盟軍第二艦隊と遭遇して有利に戦闘を進めるが、同盟軍は風速2000キロの嵐が吹き荒れるレグニッツァに潜伏してゲリラ戦を行うため撤退して行った。

それを確認したラインハルトは、、

読んだ本のタイトル

#銀河英雄伝説  6
原作:#田中芳樹 氏
漫画:#藤崎竜 氏

内容

第四次ティアマト会戦――。

貴族による卑劣な現場介入により、ラインハルト艦隊は敵へ単独前進を命ぜられた!!

 無謀な命令も怯まず、全艦前進を宣言したラインハルト…その戦場に広がる光景は、驚くべきものだった!!

(以上、Amazonより引用)

あらすじ?

惑星レグニッツァに突入したラインハルト艦隊。

ビッテンフェルトが大はしゃぎ。
その足場は艦橋にあるのか?w
なんか頭を打ちそうで怖くね?w

そのわりには深追いを避けた、、

そして先に惑星レグニッツァに突入した同盟軍のパエッタ艦隊は、、
さらに潜ろうとしていたが、そこにラップ少佐がパエッタ司令に進言する。

ガス惑星は大気の下に水素の表面がある。
木星、土星がそうらしい。。
その意図に気が付いた旗艦周辺の艦は良かったが、、

気が付かなかった艦はラインハルト艦隊の攻撃に巻き込まれて8割が未帰還。

パエッタ中将から報告を受けたロボス元帥とグリーンヒル大将は以前、ヤンがラインハルトを追い詰めた作戦が完全であったらと後悔する。

そして、イゼルローン要塞に帰還したラインハルトはパエッタ艦隊壊滅の功績で大将から上級大将に昇進する事が確定的になる。

それでも、ラインハルトを殺そうするフレーゲル男爵は、艦隊決戦でも強権を発動させる。

左翼に展開したラインハルト艦隊のみを前進させ、ラインハルトを艦隊を見殺しにする算段をする。
命令に逆らえないラインハルトは前進するしかない。
もし、危険だと後退したらフレーゲル男爵は、ラインハルトを命令違反で拘束して拷問で殺そうと考えていた。

それでもラインハルトは前進して帝国軍、同盟軍の間を堂々と通過してしまう。

同盟軍はあまりにも無防備に通過するので
攻撃を躊躇してしてしまった。
それを見てヤンは。

そしてミュッケンベルガーも、、

通過したラインハルト艦隊はそのまま前進して戦域から離脱。

確か原作だと、牽制のために同盟軍左翼の横に陣取っていたと記憶している。

第四次ティアマト会戦はラインハルトの大勝ちで終わる。

そして、ラインハルトは上級大将に昇進。
さらに20歳になったのでローエングラム伯爵家を皇帝から下賜される。

名前をラインハルト・フォン・ローエングラムと変え、ミューゼルへの未練は微塵も無く、むしろ娘を皇帝に売った家の名前と嫌悪していた。

そして、原作のスタートのアスターテ会戦へと突入する。

部下だったロイエンタール、ミッターマイヤー、ビッテンフェルトの3人が外され

その代わりに来たのが、自己中、アウトロー、正論バカ、ボンボン、頑固。
なかなか仲が良いよね(棒読)

状況的には三方向から倍の兵力に包囲されている。

それをラインハルト艦隊は正面の第四艦隊を正面から突破。
第四艦隊は壊滅してしまう。

第六艦隊に配属されていたラップは第二艦隊と合流すべきだとムーア中将に進言するも五月蝿いと言われ。
それでもしつこく進言したら暴行を受け営倉に放り込まれてしまった。
それでも進言するが既に遅く。
第六艦隊は後方からラインハルト艦隊に襲われて壊滅。
ラップも死亡、、

そして、ヤンのいる第二艦隊にラインハルト艦隊が襲って来たら。

第二艦隊司令官のパエッタ中将が負傷。
無事な将官でヤンが最高位。
そして、ヤンは初めて艦隊を指揮する。

そしてヤンは、実行しない事を願いながら作った。
事前に仕込んでいた負けない作戦を実行する。

まとめ

フレーゲルくんにパシられてパエッタのオッサンと遭遇したラインハルトくん。
ボコってレグニッツァに押し込んで、放火したらレグニッツァの水素が爆発。
パエッタのオッサンはボロボロ煤けてしまった。

その後、総出で決戦をしたら、、
フレーゲルくんに敵前に行けとパシられてしまう。

そしたら同盟軍がガクブルしてラインハルトくんは通過してしまう。

アスターテ会戦では倍の敵に囲まれるが、、
正面のパストーレをボコって。
その後、ムーアの脳筋を背後からタコ殴り。
後は以前ボコって煤けさせたパエッタのオッサンを残すのみ。
余裕で殴ったらパエッタのオッサンが逃亡。
代わりに出て来たのがヤンくん。
初めて2人がガチる。

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA