Lorem Ipsum Dolor Sit Amet

Sea summo mazim ex, ea errem eleifend definitionem vim. Ut nec hinc dolor possim mei ludus efficiendi ei sea summo mazim ex.

Nisl At Est?

Sea summo mazim ex, ea errem eleifend definitionem vim. Ut nec hinc dolor possim mei ludus efficiendi ei sea summo mazim ex.

In Felis Ut

Phasellus facilisis, nunc in lacinia auctor, eros lacus aliquet velit, quis lobortis risus nunc nec nisi maecans et turpis vitae velit.volutpat porttitor a sit amet est. In eu rutrum ante. Nullam id lorem fermentum, accumsan enim non auctor neque.

Risus Vitae

Phasellus facilisis, nunc in lacinia auctor, eros lacus aliquet velit, quis lobortis risus nunc nec nisi maecans et turpis vitae velit.volutpat porttitor a sit amet est. In eu rutrum ante. Nullam id lorem fermentum, accumsan enim non auctor neque.

Quis hendrerit purus

Phasellus facilisis, nunc in lacinia auctor, eros lacus aliquet velit, quis lobortis risus nunc nec nisi maecans et turpis vitae velit.volutpat porttitor a sit amet est. In eu rutrum ante. Nullam id lorem fermentum, accumsan enim non auctor neque.

Eros Lacinia

Sea summo mazim ex, ea errem eleifend definitionem vim. Ut nec hinc dolor possim mei ludus efficiendi ei sea summo mazim ex.

Lorem ipsum dolor

Sea summo mazim ex, ea errem eleifend definitionem vim. Ut nec hinc dolor possim mei ludus efficiendi ei sea summo mazim ex.

img

Ipsum dolor - Ligula Eget

Sed ut Perspiciatis Unde Omnis Iste Sed ut perspiciatis unde omnis iste natu error sit voluptatem accu tium neque fermentum veposu miten a tempor nise. Duis autem vel eum iriure dolor in hendrerit in vulputate velit consequat reprehender in voluptate velit esse cillum duis dolor fugiat nulla pariatur.

Turpis mollis

Sea summo mazim ex, ea errem eleifend definitionem vim. Ut nec hinc dolor possim mei ludus efficiendi ei sea summo mazim ex.

小説「鬼の花嫁 新婚編 四 ~もうひとりの鬼~(九)」感想・ネタバレ

どんな本?

現代の日本では、あやかしが人間社会に溶け込み、政治や経済、芸能などで活躍している。
そんな中、あやかしの玲夜と人間の花嫁・柚子の物語が続く。
玲夜はあやかしの本能を失ったが、柚子への愛情は変わらない。
しかし、柚子は友人の芽衣から玲夜の浮気現場を目撃したと伝えられ、動揺する。
証拠写真に写っていたのは玲夜にそっくりな別の鬼のあやかしだった。
その男は鬼龍院への復讐を誓っており、柚子を攫おうと襲いかかるが、玲夜が柚子を守る。

鬼の花嫁』は、クレハ氏著作の小説で、あやかしと人間が共生する日本を舞台にした物語。
主人公は平凡な高校生・柚子で、妖狐の花嫁である妹と比較され、家族にないがしろにされながら育ってきた。

しかし、ある日、類まれなる美貌を持つひとりの男性と出会い、柚子の運命が大きく動き出す。
「見つけた、俺の花嫁」と言ったその男性の名は鬼龍院玲夜で、あやかしの頂点に立つ鬼だった。

この物語は、絶大な権力を持つあやかしの花嫁に選ばれることが憧れであり、名誉なことだとされている。
シリーズは大ヒットを記録し、累計400万部を突破。
また、コミカライズもされている。
この物語は、和風あやかし恋愛ファンタジーとして人気を博している。

読んだ本のタイトル

鬼の花嫁 新婚編四~もうひとりの鬼~
著者:クレハ 氏
イラスト:白谷ゆう 氏

gifbanner?sid=3589474&pid=889458714 小説「鬼の花嫁 新婚編 四 ~もうひとりの鬼~(九)」感想・ネタバレBookliveで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=889059394 小説「鬼の花嫁 新婚編 四 ~もうひとりの鬼~(九)」感想・ネタバレBOOK☆WALKERで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=890540720 小説「鬼の花嫁 新婚編 四 ~もうひとりの鬼~(九)」感想・ネタバレ

(PR)よろしければ上のサイトから購入して頂けると幸いです。

あらすじ・内容

玲夜に瓜二つの男が現れ、柚子に襲い迫るが…!?「決して離さない。俺の花嫁」

あやかしの本能を失った玲夜だったが、柚子への溺愛っぷりは一向に衰える気配がない。しかしそんなある日、柚子は友人・芽衣から玲夜の浮気現場を目撃したと伝えられる。驚き慌てる柚子だったが、その証拠写真に写っていたのは玲夜にそっくりな別の鬼のあやかしだった。その男はある理由から鬼龍院への復讐を誓っていて・・・!?花嫁である柚子を攫おうと襲い迫るが、玲夜は「柚子は俺のものだ。この先も一生な」と柚子を守り・・・。あやかしと人間の和風恋愛ファンタジー第四弾!!

鬼の花嫁 新婚編四~もうひとりの鬼~
野いちご・ベリーズカフェチャンネル

第一章

柚子は友人の結婚式後、久しぶりに祖父母の家を訪れる。
祖父母は柚子が無事であることに安堵し、喜んで迎え入れる。
柚子は祖父母との時間を大切に過ごし、家族の絆を再確認する。
その一方で、玲夜は仕事を続けながら柚子を思い、彼女の無事を確認する。
玲夜の秘書である高道と副社長の桜河が登場し、玲夜の状況をサポートする。
玲夜は柚子への愛情が本能に頼らないものであることを確認する。

第二章

柚子が祖父母の家から戻ると、玲夜が迎えに来る。
玲夜は仕事を早めに切り上げて柚子を迎えるが、その仕事の負担は桜河に押し付けられる。
柚子は玲夜に対して桜河にもう少し優しくするよう提案するが、玲夜は軽く受け流す。
学校の授業が始まり、柚子は料理学校に通う。
芽衣から玲夜の浮気の疑いを聞かされるが、柚子は玲夜を信じて疑わない。
玲夜は浮気の疑いを否定し、柚子も彼を信じ続ける。

第三章

柚子と玲夜は大規模なパーティーに出席する。
そこで、あやかしの上流階級と交流し、柚子は玲夜の支えを受けながら社交の場に適応しようとする。
パーティーでは、杏那や柊斗との会話があり、あやかしの社会や神器に関する話題が展開される。
玲夜は柚子を守るために、彼女が神と対話できる唯一の存在であることを公にし、あやかしの反対意見を抑える計画を進める。

第四章

パーティー後、柚子のもとに菜々子が訪れる。菜々子は神器の貸与を懇願し、藤史郎との離婚を考えていることを告白する。
柚子は菜々子の訴えを聞き、玲夜や撫子の意見を求めることにする。
藤史郎が撫子の屋敷を訪れ、菜々子との関係を見直すための話し合いが行われる。
最終的に、藤史郎と菜々子はお互いの愛情を再確認し、関係が修復される。

第五章

撫子が神に神器を返すために訪れる。
神は玲夜と柚子に対して助言を与え、子鬼に「蒼」という名を与える。
神との対話を通じて、柚子と玲夜は関係を再確認し、子鬼たちも成長する。

第六章

玲夜が不在の間に来客があり、派手な女性と玲夜に似た五歳の男の子が訪れる。
女性は男の子の養育を柚子に託し、玲夜が父親だと断言する。
玲夜は男の子が自分の子ではないと説明し、混乱は一時的に収束するが、疑問は残る。
その後、柚子たちは本家を訪れ、朝霧の正体についての議論が行われる。

第七章

柚子は玖蘭と共にお茶を楽しむ。お茶会では先代当主とその花嫁の話が話題になる。
柚子は玲夜との関係を確認し、帰ることにするが、朝霧が柚子にしがみつく。
玲夜と千夜が駆けつけ、柚子の無事を確認する。
侵入者の男が捕らえられ、柚子を連れ去ろうとした理由が明らかになる。

外伝

透子が猫田家での生活に適応し、友人の柚子の誕生日にパーティーを開く。透子はあやかしの社会に適応し、東吉との関係を深める。

感想

本書は、あやかしと人間の恋愛ファンタジーとして非常に魅力的である。
玲夜があやかしの本能を失ったにもかかわらず、柚子への愛情が変わらないことが物語の中心に据えられている。
柚子は友人の芽衣から玲夜の浮気現場を目撃したと聞かされ、証拠写真を見せられるが、それが別人であることが判明し、柚子と玲夜の絆が強化される様子が描かれている。
小鬼ちゃんは区別が付かなかった模様。

本書の印象としては、物語の展開が非常にスリリングであり、次々と新しい出来事が起こるため、読む者を飽きさせない工夫が感じられる。
特に、柚子が玲夜を信じ続ける姿勢や、玲夜が柚子を守る決意が強調されており、二人の愛情が深まる様子が感動的である。

また、柚子と玲夜の関係だけでなく、周囲のキャラクターたちの物語も並行して進行するため、全体のストーリーに厚みが増している。
菜々子と藤史郎の両方思い合ってるのに離婚しようと奈々子が動き出し柚子が巻き込まれるエピソードや、神との対話など、サブプロットも興味深く描かれている。
これにより、単なる恋愛物語にとどまらず、幅広いテーマが取り上げられている点が面白い。

一方で、物語の終盤にかけて新たなキャラクター(隠し子?&叔父?)が登場し、次巻への期待を高めてくれる。

総じて、本作はあやかしと人間の恋愛ファンタジーとして非常に楽しめる作品であり、キャラクターの成長や絆の深まりが感動的であり。
次の展開が待ち遠しく感じられる、続巻への期待も高まる一冊である。

最後までお読み頂きありがとうございます。

gifbanner?sid=3589474&pid=889458714 小説「鬼の花嫁 新婚編 四 ~もうひとりの鬼~(九)」感想・ネタバレBookliveで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=889059394 小説「鬼の花嫁 新婚編 四 ~もうひとりの鬼~(九)」感想・ネタバレBOOK☆WALKERで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=890540720 小説「鬼の花嫁 新婚編 四 ~もうひとりの鬼~(九)」感想・ネタバレ

(PR)よろしければ上のサイトから購入して頂けると幸いです。

その他フィクション

e9ca32232aa7c4eb96b8bd1ff309e79e 小説「鬼の花嫁 新婚編 四 ~もうひとりの鬼~(九)」感想・ネタバレ
フィクション(novel)あいうえお順

備忘録

プロローグ

世界大戦後の日本の復興には多くの時間と労力が必要であった。
そんな中、人に紛れて生きてきたあやかしが現れ、彼らの美しい容姿と特異な能力を活かし、復興に大きな力を提供した。
現代では、あやかしは政治、経済、芸能など様々な分野で活躍している。
彼らは時に人間の女性を花嫁として選ぶが、これは人間にとって栄誉あることである。
あやかしにとって花嫁は特別な存在で、選ばれた女性は大切に愛される。
しかし、花嫁は必ずしもあやかしを愛しているわけではなく、中には名声や財力を求めて花嫁になる者もいる。
花嫁になったがために簡単にあやかしを捨てる可能性もあり、そのような選択をした花嫁があやかしをどんな感情で置き去りにするかは計り知れない。

一章

友人の結婚式後、柚子は久しぶりに祖父母の家を訪れた。
長い間会えていなかった間に、柚子はいくつかのトラブルを経験していたが、祖父母は彼女が無事であることに安堵し、喜んで迎え入れた。
柚子はこの訪問を通じて、再び大丈夫だと伝えるとともに、家族との時間を大切にしたいと考えていた。
祖父母と柚子は家の中で楽しい時間を過ごし、過去の心配事についても話し合った。
特に、柚子が行方不明になった際には、祖父が非常に心配して裸足で探しに行こうとしたエピソードが語られた。
その後、柚子が安全であることを確認し、一家は和やかな雰囲気で過ごした。
祖母は柚子を深く愛しており、彼女の幸せを心から願っていることが伝わるエピソードであった。

柚子が祖父母の家に無事到着したことを知らせるメッセージが、玲夜の携帯に届いた。
このメッセージは柚子の護衛からのものであり、玲夜はそれを確認して一安心したが、柚子と離ればなれになる寂しさも感じていた。
玲夜は柚子の家族との時間を尊重し、彼女に会うのを自制しながら仕事に集中した。
その間、玲夜の秘書である高道とのやり取りがあり、玲夜が少し機嫌を悪くしている様子を高道は察したが、あまり深くは立ち入らなかった。

その後、副社長の鬼山桜河が部屋に入ってきて、玲夜に対して礼節を保ちつつも親しげに振る舞った。
桜河は玲夜に退院祝いとして柚子への贈り物を渡した。
これは女性秘書に人気のお店の限定スイーツであった。
玲夜は柚子が喜ぶことを想像して感謝の意を示したが、話題があやかしの本能を失ったことに移ると、玲夜はかなり感情的になった。
その神器による影響で、玲夜は柚子への感情に変化があったことを認め、その状況に不快感を覚えていることを表明した。
その後、玲夜と桜河、高道はこの新しい状況について話し合い、柚子に対する玲夜の愛情が本能によらないものであることを確認し合った。

柚子が祖父母の家に無事に到着したことを知らせるメッセージが玲夜の携帯に届いた。
このメッセージは柚子の護衛からのもので、玲夜は安心したが、同時に寂しさも感じた。
玲夜は祖父母との水入らずの時間を邪魔しないため、柚子と同行せずに会社で仕事を続ける選択をした。
その間、玲夜の秘書である高道とやりとりがあり、玲夜が少し機嫌を悪くしているのを察していた。
その後、副社長の桜河が部屋に入り、玲夜へ退院祝いとして柚子への贈り物を渡した。
これは人気のお店の限定スイーツだった。桜河は玲夜から柚子に渡すよう提案し、玲夜はこれを受け取り、感謝の意を表した。
その後、桜河が玲夜に神器による本能の喪失について質問し、玲夜は本能を失ったことによる感覚の変化を説明し、柚子への愛情が変わらなかったことを強調した。
また、本能の喪失が柚子との関係に良い影響をもたらした可能性についても述べた。

副社長室に戻った桜河は、自分の独り言をつぶやく。玲夜の本当の感情について考えると、桜河は玲夜がまだ強く柚子に執着していると認識している。
桜河は、玲夜が「本能が薄れた」と言っていたが、その言葉の真意に疑問を抱いており、柚子に何かあれば玲夜は変わらずに暴走するだろうと予想している。
その後、秘書が入室し、玲夜が女性と町を歩いているところを目撃されたと報告する。
この報告に対し、桜河は強く否定し、玲夜が柚子以外の女性と関わることはあり得ないと断言する。
秘書もこれに安心し、桜河はこの話は高道に伝えることに決めたが、玲夜自身には問題ではないと考えている。

二章

祖父母宅から戻った柚子を、普段ならまだ仕事中であるはずの玲夜が迎える。
玲夜は仕事を早めに切り上げて柚子を迎え、その仕事の皺寄せは桜河に押し付けられていることを柚子は知る。
桜河がいつか反発することを懸念する柚子の声に、玲夜は桜河に気概がないと返答する。
柚子は玲夜に桜河に対してもう少し優しくするべきだと提案するが、玲夜はそれを軽く受け流す。
玲夜から渡された紙袋には人気スイーツが入っており、柚子は喜ぶが、桜河の負担を思うと複雑な心境になる。
夕食時、柚子はまろとみるくと一緒に食事をし、鬼よりも強いかもしれないと考えられる二匹に普通の猫とは異なる食事を与えることを玲夜は許可する。
その後、学校への通学を続けることに対する玲夜の微妙な反応に、柚子は苦笑しながら感謝を伝える。玲夜は柚子が幸せであればそれでよいと心から思っている。

学校が始まり、料理学校に通う柚子は残り数カ月で卒業を迎える。
料理実習で多くの食事を作り、その試食によって体重が気になり始めていた柚子だが、玲夜は柚子の体型を問題視しない。
柚子は美意識を保ちながら、玲夜の隣に立ち続けたいと思う。
学校では、柚子の作った料理を食べるために龍が必要不可欠な存在になっており、多くの生徒が食べ物を与えるために龍を求める。
しかし、柚子に敵意を持つ者からの料理は龍も受け付けない。
クラスメイトの芽衣は、過去に敵意を持っていたが、現在は表面上友好的に接しており、実際には完全には信頼していない。

柚子は料理学校に行く際、芽衣から龍を必ず連れてくるよう圧力を受けている。
芽衣は柚子に浮気の疑念を持ちかけるが、柚子は玲夜が浮気することを信じられず、確認するために写真を見ることにする。
芽衣が提供した写真には玲夜と思われる人物が写っており、その様子から芽衣は玲夜の浮気を疑っていた。
しかし、柚子は玲夜の忠誠と信頼を疑っていないため、写真の内容に動揺しながらも、その真実を探求することになる。

芽衣がSNS上で見つけた玲夜に似た人物の画像を見せると、それを見た龍が怒りを露わにする。
しかし、柚子はその人物が玲夜ではないと確信している。
画像に写る人物は玲夜に似ているが、柚子は日常的に玲夜と接しているため、違いをはっきりと認識している。
玲夜に似た人物の存在について、芽衣は親戚かもしれないと推測する。

柚子は芽衣からの情報を受け、画像を玲夜に送信する。
玲夜は画像の件についてある程度把握しており、すでに関係者から報告を受けていたと語る。
玲夜は柚子に対して、自分が浮気をするわけがないと断言し、柚子も玲夜を信じて疑っていないことを強調する。

このやり取りから、玲夜がどれほど柚子を信じているかが明らかになり、柚子も玲夜を疑うことなく、全ての誤解が解消される。
また、学校での柚子の友人関係についても触れられ、芽衣との友情が深まる一方で、他の生徒とは距離がある様子が描かれる。

三章

学校の授業が始まった最初の週末、柚子は玲夜と共に大規模なパーティーに出席する。
そこではあやかしの上流階級が多く集まり、柚子は玲夜の伴侶としての立場に圧倒されながらも、必死にマナーを思い出して対応する。
玲夜は柚子の疲れを察し、二人で食事スペースへと移動する。
この間、玲夜は堂々と周囲を制し、柚子の優先を主張する。
その言動があやかしの鋭い聴覚にも聞こえていたが、玲夜はそれを承知の上で発言していた可能性が高い。

パーティーでの交流は柚子にとっては依然として難しいものであるが、玲夜はその場をスムーズに乗り切る手助けをしている。
柚子は自身の不慣れさに落ち込みつつも、玲夜の支援と理解により少しずつ適応しようと努力している。
このような社交の場での柚子の成長と、玲夜の支えが感じられるシーンが描かれている。

杏那が柚子に会い、両親と柊斗の両親が話していることを知らせる。
杏那と柊斗はその場を離れ、柚子、透子、東吉は会話を交わす。
彼らは杏那の冷気の発生について話し合い、杏那と蛇塚の結婚式で問題が起きないように対策を考える。
透子からは杏那が蛇塚家で大事にされていることが明かされ、以前の花嫁との比較が話題になる。
透子と東吉は以前の花嫁に対して強い感情を持っており、それが話の中で顕著に表れる。
最後に、東吉は神器を使って蛇塚の苦しみを和らげたいと提案するが、柚子は神器がもう使えないことを説明する。
この間、神器の存在や影響について議論が行われる。

千夜と撫子が神の存在について説明すると、多くのあやかしが戸惑いを隠せずにいた。
神器の行方についての質問があがり、千夜は神器が神に返されたと回答する。
また、柚子が神子としての素質があること、神が柚子を気に入っているため彼女が神の相手をするのが最適であると千夜は語る。
その場にいる多くのあやかしは神の存在を完全には信じきれていない様子だった。
玲夜は、柚子を神と対話できる唯一無二の存在として公にすることで、あやかしの本能がないことを理由に彼女との離婚を進言する者たちを黙らせる計画を説明する。
この計画は柚子の価値を高め、彼女への反対意見を抑えるために必要であると玲夜は考えていた。

柚子と玲夜、その他のあやかし達は千夜と撫子の間で重要な会話を耳にしていた。
その内容はあやかしの本能を奪う神器に関連し、重要な問題を抱えている烏羽家やその他の家族にも影響があるものであった。
菜々子は公の場で藤史郎との間に緊張が走り、彼女の婚約が破談になった経緯が明らかになった。
また、菜々子が元の婚約者との関係を解消して喜んでいたことも判明し、それが新たな複雑さを加える。
会話は撫子と沙良の間で途中で切り上げられ、柚子は疑問を抱えたままであった。

四章

パーティー後数日、柚子のもとに菜々子が訪れた。
玲夜が不在の間、屋敷の決定権を委ねられている柚子は、菜々子が単独で来訪したことに驚く。
護衛もなく訪ねてきた菜々子は、正座しながら一礼し、神器の貸与を懇願する。
彼女は神器を使って藤史郎との離婚を考えており、そのために神器が必要だと訴えた。
柚子は菜々子の要求に対し、自分一人の判断では難しいと回答し、玲夜や撫子の意見も聞く必要があると述べた。
菜々子は必死の形相で柚子に詰め寄り、その熱意に動かされた柚子は撫子に連絡を取ることを決めた。
その後、玲夜と撫子が到着し、事情を聞いた後、撫子は菜々子を慰め、彼女が自らの意志で行動していることを評価した。

子鬼が柚子の耳元でヒソヒソと会話する様子が描かれている。
菜々子は自信のなさを表明し、自分が藤史郎の隣に立つ資格がないと感じている。
菜々子は、花嫁である必要がなければ藤史郎が自分を必要としないだろうと悩む。
柚子は同じ葛藤を感じつつも、玲夜が本能を失っても自分を選んだことから、真の絆を感じている。

撫子は菜々子の自信喪失に対処しようとするが、菜々子に無礼な発言をした藤史郎の元婚約者について後で対処することを示唆する。
撫子は柚子に神器の使用について協力を求めるが、柚子は神器があやかしにどんな影響を及ぼすか分からないため躊躇する。
菜々子は神器のリスクについて知り、使用に対してさらにためらうようになる。

この間、神器が子鬼とまろによって持ち込まれるという突発的な事態が発生する。
神器を使うことのリスクが不明であるため、柚子と玲夜はどう対応すべきかを検討する。
撫子は菜々子と藤史郎が神器の使用について夫婦で話し合うべきだと提案し、その場で話し合いが行われることになる。

藤史郎が撫子の屋敷を怒って訪れる。
藤史郎は菜々子以外の存在に気が付かないほど興奮しており、撫子の介入を疑って非難する。
撫子は、藤史郎に対し自身の行動を省みるよう厳しく指摘し、自分と菜々子への誠意を求める。

撫子が柚子から受け取った神器を提示すると、藤史郎はそれがあやかしの本能を奪う道具であることを知る。
菜々子はその神器を使って藤史郎から離れることを考えている。
この事実を知り、藤史郎は動揺する。

撫子は藤史郎に対し、菜々子との関係を見直すよう促す。
藤史郎は自分が愛されているか疑問を持ちつつ、自らの行動を省みるよう撫子に促される。
一方、菜々子は藤史郎が自分のことを本当に愛しているか疑問を持っており、そのことが二人の間の葛藤の原因になっている。

最終的に、藤史郎は自分の愛情を示すために神器を使い、それによって自分の本能が影響されるかもしれないリスクを冒す。
これにより、菜々子と藤史郎はお互いの愛情を再確認し、関係が修復する。
藤史郎は自らの行動について家族としての支持を得て、夫としての自己改善を約束する。

五章

撫子が神に神器を返すために一龍斎の元屋敷に来た。
柚子は慣れた様子で、草木が自動的に道を開けるが、初めてこの場に来た玲夜と撫子は驚いていた。
撫子は柚子の神子としての力を称賛する。

社に到着すると、周囲の木々が桜に変わり、神が現れる。
神と初対面の撫子は感激し、その場に跪く。
神は狐雪家の当主としての撫子の信仰心に感謝を表し、撫子との会話を終えると、玲夜に目を向ける。
玲夜は神に対して敵意を隠さない。

その後、まろが神の前に神器を置くと、神器は消える。
神は柚子と玲夜に対して、柚子が嫌になったら助けると言い、玲夜は柚子を独占し続ける意志を示す。
神と玲夜は張り合うが、撫子は玲夜の態度に少し苦言を呈す。
神は子鬼に「蒼」という名を与え、子鬼は新しい名前に喜ぶ。

この訪問で、柚子と玲夜は神との関係を再確認し、子鬼は新たな名前を得て、神の存在とその力により一層強くなる可能性を感じる。

六章

数日後、玲夜が不在の際に来客があり、案内する雪乃が困惑していた。
来客は派手な容姿の女性と、玲夜に似た五歳の男の子であった。
女性は男の子の養育を柚子に託すと言い、男の子の父親が玲夜だと断言した。

女性は、男の子の名前を朝霧と紹介し、その母親が亡くなったため、玲夜が父親であるとして、柚子に子供の世話を任せようとした。
女性は柚子に父親が責任を取るべきだと主張し、場を去った。
混乱する柚子は、男の子が玲夜の隠し子である可能性に驚き、否定した。
しかし、子供の外見が玲夜に似ていることから、状況は複雑に思えた。

その後、玲夜が帰宅し、男の子が自分の子ではないと柚子に保証した。
玲夜は、あやかしと人間との間に子供ができるはずがないと説明し、混乱は一時的に収束した。
しかし、男の子の出生についての疑問は残ったままである。

柚子たちは真偽を確かめるために本家へと向かった。
本家では既に沙良が千夜に対して激しく詰め寄っていた。
柚子の隣には問題となる少年がおり、彼は柚子を気に入り、離れようとしなかった。
玲夜は、その場で小さな子供に嫉妬しながらも、朝霧を本家まで連れてきたのである。
沙良は朝霧が玲夜に似ていることを指摘し、千夜の子である可能性を示唆した。
しかし、玖蘭と天道は朝霧の出生について知っており、玖蘭はそれが千夜の知らない過去の話であることを明かした。
先代当主には別の花嫁がおり、彼女は烏羽家に拉致され、その後消息を絶った。
玖蘭はその後当主と結婚し、千夜を授かった。
朝霧の正体については不明だが、スパイの可能性も考慮し、本家で預かることとなった。

七章

柚子は玖蘭からお茶のお誘いを受け、沙良と共に玖蘭の住む離れを訪れた。
玲夜と千夜は別の場所で仕事の話をしていた。
純和風の建物はレトロな雰囲気でお洒落であった。
玖蘭は女子会を楽しむように二人に呼びかけた。
お茶会では様々なお菓子が用意されていた。
話題は雑談から先代当主とその花嫁の話へと移った。
先代当主は花嫁を非常に大事にしていたが、花嫁は先代当主を愛しておらず、財力目当てであった。
その花嫁は先代当主を裏切り、烏羽家に残ることを選んだ。そのため、先代当主は精神的に病んでいったという。
玲夜に花嫁ができた際、玖蘭や天道たちは先代当主の例を引き、反対したが、玲夜の心配もしていた。
その背景を知った柚子は複雑な気持ちになり、反対される理由を理解したが、それでも少し不快感を覚えた。

柚子は玲夜と共に帰ることに決めたが、朝霧は柚子にしがみつき、離れようとしない。
朝霧は母を失っており、人恋しさを感じている。
柚子は同情するが、玲夜の存在により長居はできない。
朝霧を置いていった親戚の女性について調査しても、鬼龍院の力を使っても見つけられなかった。
その後、柚子は月夜に心を惹かれ、気がつくと神の前にいた。
神は柚子に警告し、あやかしの本能と使役獣をそばに置くよう忠告する。
その後、柚子は玲夜に抱きしめられながら、神の言葉について考えていた。
突然の揺れがあり、千夜の結界が破られたことが明らかになる。
この危機的状況にも関わらず、千夜は冷静で、玲夜に援助を求める。

柚子は鬼龍院の本家にいたが、屋敷内の慌ただしい足音が彼女に不安を抱かせた。
アオとソウが励まし、柚子が龍の居所を尋ねるも、子鬼たちは知らないと答える。
突然、部屋に玲夜のようで玲夜でない男が現れ、自らを鬼の花嫁の子で本来の当主だと名乗り、鬼と天狗の両方への恨みを語る。
男は柚子を連れ去ろうとするが、アオとソウの蒼い炎が彼を撃退する。
その後、玲夜と千夜が駆けつけ、柚子の無事を確認する。柚子から男の事情を聞き、男が柚子を連れていこうとした理由を理解する。
玲夜は侵入者を捕らえ、柚子の方が本命だったことを明らかにする。

龍は空を飛んで本家を見渡していた。
子鬼たちがいるため、龍は柚子の側にいなくても大丈夫だと判断し、結界を確認した後に立ち去る。
一方、捕まった男は座敷牢に入れられ、柚子と玲夜は一度だけ彼に会いに行く。
男は自分の母親に対して情がなく、天狗の一族が母をもてなすとは思わないと語る。
柚子と玲夜は男の言葉に何も言わずに去り、玲夜は先代の花嫁について考える。
柚子は玲夜への愛を確認し、玲夜も同じように柚子を愛していると信じている。

外伝  猫又の花嫁 ~初社交界編

透子が猫田家での生活を始めて一カ月が経ち、その日々は怒涛のように過ぎ去った。
猫田家の生活は最初はお客様対応のようであったが、今はくつろげる空間となっており、透子は適応能力の高さに感心している。
透子は友人の柚子の誕生日には簡素なパーティーを開催していたが、東吉が誘うパーティーはあやかしと人間の親交を深める大規模な創立記念のパーティーであることを知る。
透子はあやかしの社会的階層について学び、東吉の頼みを受け入れてマナー講師の厳しい指導を受けることになった。

透子は付け焼刃のマナーでパーティーに挑み、東吉の手を取りながら会場に入った。
透子が着るには少し派手なピンク色のAラインのチュールドレスを身に纏い、自身の場違い感に戸惑う。
東吉は自然に透子をエスコートし、完璧に彼の花嫁としての役割を果たそうと決心する。
五つ星ホテルの会場に入ると、透子はその絢爛豪華さに圧倒される。
しかし、パーティーの空間や社交の圧迫感に少しびっくりし、一時的に自分の選択を疑う。
東吉は透子のつぶやきを聞き逃さず、彼女の不安を感じ取り、今後の社交の場への慣れを促す。
東吉は重くても構わないと言い、透子を愛していることを強調するが、透子はその重さに少し引いてしまう。

小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレ

どんな本?

『神達に拾われた男』は、Roy 氏が書いているライトノベル。
イラストはりりんら氏が担当。
小説投稿サイト「小説家になろう」で連載されていた作品を書籍化したもので、2021年12月時点でシリーズ累計発行部数は290万部を記録している。

物語は、ブラック企業に勤める中年サラリーマンの竹林竜馬が、死後に三柱の神によって異世界に転生するところから始まる。
竜馬は、神達からの加護を受けて、森で一人暮らしをしながらスライムという魔獣の研究に没頭する。
やがて、公爵家との出会いをきっかけに街での生活を始め、冒険者や経営者として活躍している。
スライムは、見た目はぬるぬるした不気味な生き物ですが、実は様々な能力や個性を持っており、竜馬の友達やパートナーとなる。

この作品は、異世界スローライフファンタジーというジャンルに分類される。
異世界スローライフファンタジーとは、主人公が異世界に転生や転移した後、前世の苦労や戦闘から離れて、のんびりとした生活を送るというストーリーとのこと。
この作品では、竜馬がスライムや他のキャラクターとの交流を楽しみながら、自分の好きなことに打ち込んでいく様子が描かれている。

この作品は、小説のほかにも漫画やアニメにもなっている。
漫画は、蘭々 氏が漫画を担当しており、ガンガンONLINEにて連載されている。
アニメは、2020年10月から第1期が放送され、2023年1月から第2期が放送されている。

読んだ本のタイトル

神達に拾われた男15
著者:Roy 氏
イラスト:りりんら  氏

gifbanner?sid=3589474&pid=889458714 小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレBookliveで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=889059394 小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレBOOK☆WALKERで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=890540720 小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレ

(PR)よろしければ上のサイトから購入して頂けると幸いです。

あらすじ・内容

Sランク冒険者を相棒にシュルス大樹海、攻略開始!

遂に念願叶ってシュルス大樹海に辿り着いた異世界転生者の少年・竜馬。 現地で情報収集をしつつソロで大樹海攻略を開始した竜馬だが、そこで偶然野性味溢れるSランク冒険者のグレンと知り合い、なりゆきで共に樹海奥地にあるコルミ村を目指すことに!! 大樹海を跋扈する多種多様な高ランク魔獣を時には薙ぎ倒し、時には美味しく食しながら進む竜馬達を待ち受けるモノとは? そして、神々から依頼された厄介な魔獣討伐の行方は――!? 大樹海由来の新たなスライムも登場でワクワクが止まらない異世界スローライフファンタジー、第十五幕!

神達に拾われた男 15

感想

序盤に目標としていたコルミ村へやっと到着。
何巻だったんだろうか?
1巻から読み直したくなった15巻。
新キャラのグレンの豪快さに驚き、新たな仲間になった妖精のコルミの幼さにホッコリもしたが、それまでの彼の行動がね。。
生まれで仕方がないにしても、、

本書では、転生者である竜馬が、Sランク冒険者であり長身で筋骨隆々なドワーフのグレンと共にシュルス大樹海を冒険する物語が展開されていた。
竜馬は、廃村となったコルミ村で祖父母の遺産を受け取るため、そして神々からの依頼で特定の魔獣(妖精)の討伐を目指していた。

物語は、竜馬がシュルス大樹海に到着し、冒険の準備を整えるところから始まる。
彼はまず、情報収集と準備を行いながら、ソロで樹海の攻略を開始する。
しかし、途中でグレンと名乗るSランク冒険者と出会い、共に行動することになる。
グレンは力強いパワーファイターで、巨大なハンマーを振るいながら、竜馬と共に樹海を進んでいく。

二人は様々な魔獣との戦いを繰り広げながら、コルミ村を目指し到着。
遺産を受け取り、世界のため祖母の薬草のレシピを獲得し、祖父が鍛えた武具をつ次々と収納ボックスへと入れて行く。

それが終わり、彼らは多くのアンデッドと遭遇した、場所へ赴き。
リョウマはスライムたちにアンデッドを吸収させながら、討伐目標である魔獣(妖精)のいる館に突入する。
館の中で、彼らはアンデッドを制御していた妖精と対峙し、最終的に妖精をテイムする。

この冒険を通じて、リョウマとグレンは互いに強い絆を築き、多くの困難を乗り越える。
また、リョウマは樹海での経験を通じて、さらに成長し、自身の運命と直面する。
ついでに、彼は神々の依頼を果たし、グレンとの新たな関係を確固たるものにして、物語は終わる。

本作は、異世界でのスローライフとは裏腹に激しい戦闘や冒険が織り交ぜられており、多くのドラマとスリルを提供してくれた。

また、新キャラクターのグレンが魅力的で、彼の豪快でありながらも繊細な人物像が、物語に深みを加えている。

最後までお読み頂きありがとうございます。

gifbanner?sid=3589474&pid=889458714 小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレBookliveで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=889059394 小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレBOOK☆WALKERで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=890540720 小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレ

(PR)よろしければ上のサイトから購入して頂けると幸いです。

同シリーズ

神達に拾われた男

fe725c2061b7c475315f93da881ffc3a 小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレ
神達に拾われた男1
a2bed27b704f00ddafc3795f24e048fd 小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレ
神達に拾われた男2
a67da8a86e071c0d4326e7d345f6c99b 小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレ
神達に拾われた男3
ed150fe6c1c3e267ff4bfd40d2ec7e9a 小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレ
神達に拾われた男 4
36300255f50471d27187b8b49b73ae0d 小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレ
神達に拾われた男 5
978743919d9381ded6a166dca75f033e 小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレ
神達に拾われた男 6巻
b857023a83c7e2a198c5d43b1ae38f4d 小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレ
神達に拾われた男 7
6e2f982278a123d95c4c26faefa3189c 小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレ
神達に拾われた男 8
49999375c08c975ed64e4b5f0bfa26f5 小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレ
神達に拾われた男 13
26559d5ae3766f435bdc00507ad00c26 小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレ
神達に拾われた男 14
cc8499de6331792b3749605ad97ebe77 小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレ
神達に拾われた男 15

その他フィクション

e9ca32232aa7c4eb96b8bd1ff309e79e 小説「神達に拾われた男 15」シュルス大樹海へ 感想・ネタバレ
フィクション(novel)あいうえお順

備忘録

9章 10話  樹海の流儀(前編)

大樹海に踏み込んで数時間後、リョウマは冒険者の拠点が近づいているのを確認した。拠点は切り払われた茂みや伐採された巨木に囲まれており、目立つ造りとなっている。コンクリートのように重厚な壁に囲まれているが、入り口は比較的小さく、両開きの扉程度の大きさである。リョウマは人と接触する前に「ハイド」の呪いを解除し、「ホーリースペース」を展開し、周囲に影響を与えないように対策を施す。しかし、近づくと周囲の人々に気づかれ、その異様な存在に警戒される。そこへ突然、ラプターの群れが現れるが、リョウマは闇魔法でこれを撃退する。扉から現れた兵士によって内部に招かれると、リョウマは拠点内の手続きを済ませるよう指示される。そこでは飲食物が豊富に供されており、拠点の実態は飲み屋や待機所としても機能していることがわかる。最後に、リョウマが座ると、手続きを簡単に済ませながら、リョウマの目的地であるコルミ村について話し合われる。

9章 11話  樹海の流儀(後編)

リョウマがステム爺さんと呼ばれる老爺にコルミ村について問いかける。ステム爺さんは若い頃冒険者であり、現在は酒場を経営している。彼によれば、コルミ村は約40年前に樹海に呑まれたが、その前には外との交易拠点であり、樹海の開拓計画の要塞都市としての計画もあった。しかし、国の樹海開拓計画が頓挫し、多くの死者と傷病者を出したため、村は衰退し、最終的には放棄された。リョウマの目的は墓参りと遺品整理であると説明する。ステム爺さんと衛兵は、リョウマが冒険者として樹海に慣れ親しんでいることを知り、その覚悟と背景を理解する。最後に、ステム爺さんはリョウマに対して、樹海での生存についての忠告を行い、彼の安全を祈るジェスチャーとして酒を奢る。リョウマの樹海での日々は安全かつ穏やかに終わる。

リョウマは拠点内部を探索し、ドーナツ状のトンネルのような構造で細かく区分けされた空間に様々な店舗があることを知る。拠点は魔獣の侵入を防ぐため窓がなく、魔法道具で灯りを確保し、空気は換気口で循環されている。次の日、リョウマは反対側の出入り口から拠点を出る準備をする。その場所も酒場であり、多くの冒険者が集まっている。リョウマの樹海の奥地出身で、最前線の先を目指す話が広まり、注目を集めるが敵意はない。彼の実力を評価しようとする雰囲気がある。リョウマはこの環境が気楽であると感じ、衛兵が仕事で門番をしていることに気づく。門を開けてもらい、再び樹海の奥へ向かうリョウマは、帰りを待って再び飲む約束をする。

9章 12話  中間地点

4日後、リョウマは樹海の最前線に到達する。途中の旅はスムーズで、魔獣との接触を避けつつ、景色に変化が少ない中を進んでいた。旅路での顕著な変化として、魔獣の種類と数が増え、魔獣がより強大になったこと、拠点の状態が目に見えて悪化していることが挙げられる。特に最前線の拠点は治安が極めて悪く、物資不足と設備の荒廃が顕著である。リョウマはそこでトラブルに巻き込まれるが、絡まれた人々が賭け事を始め、彼の対応を見守る。そこにSランクの冒険者グレンが現れ、事態は一変する。グレンの介入により、リョウマは邪魔されずにその場を去ることができる。最前線の拠点を抜けた後、リョウマはさらに危険な地を避け、旅を続ける決意を固める。

リョウマは数時間樹海を歩き続ける。変化の少ない景色の中を進むのが好きだが、日が暮れる前に野営の準備を始める。寝床や生活設備はディメンションホーム内に完備されており、現場での準備は安全対策に限られる。「カッタートルネード」を使って草木を刈り取り、次いで「ディメンションホーム」でヒュージロックスライムを呼び出し、それを利用して頑丈な岩に囲まれた部屋を作り出す。この部屋は周囲の警戒も可能で、危険が迫った際には完全に密室として使える。しかし、外の様子が分かりづらいのが難点である。自らが感じる消耗よりも、実際にはより消耗しているかもしれず、目的地までの中間地点を超えたあたりで、今日は早めに休むことを決める。

9章 13話  樹海の魔獣

次の日、リョウマはいつもより遅めに行動を開始する。樹海の奥深くでは自然のバリケードがあり、進むためには自ら道を切り開く必要があるため、ペースは遅くなる。あるとき、遠くからの異音に警戒が強まり、魔力感知で高速で走る魔獣とその後を追うラプターの群れを捉える。彼は「パラライズミスト」と「スパークボール」という毒と雷属性の魔法を使用し、群れを阻止しようとするが、効果は限定的である。毒霧によりラプターの動きは鈍くなり、電撃でさらに3割が倒される。残りの群れは逃走を始め、問題なく対処が可能になる。周囲は死体と血で満たされ、その場で50匹ほどが倒される。彼は、テイクオーストリッチという戦闘能力は低いが、強靭な脚力とフェロモンで他の魔獣を集める習性を持つ魔獣が原因であることを確認する。しかし、彼は回収をせずにその場を離れる決断をする。

昼過ぎに歩き続けると、天然の大岩が見える。ガイン達の案内に従い、そこから南東に向かうと湖らしき場所に到着するが、その実態は水気の少ない泥沼であった。不安定な足場を避け、ディメンションホームからマッドスライムと小舟を召喚し、泥沼を船で進むことにする。泥の重さでスピードは出ないが、徒歩よりはるかに速い。進行中、魔力回復薬を使いながら、突然の大きな何かの接近に直面する。全長約4mの巨大ワニ、ガロモスアリゲーターに遭遇するが、テレポートで回避し、粘着弾を使って口を封じる。最終的にはワニの頭部に転移し、刀で仕留める。その後、獲物を回収し、4時間かけて泥沼地帯を脱出し、その日は休むことにする。

翌日、主人公はさらに1時間ほど進むと、次の泥沼地帯に到着する。この地帯を抜けた後、船を片付ける際に異変を感じ、樹上から巨大な蛇型魔獣が落下してくる。この魔獣はAランクのイモータルスネークで、通常の生息域からは離れた場所に現れる。イモータルスネークは速く、強力な回復力を持っており、攻撃を何度か躱しながら攻撃するが、なかなか効果は見られない。魔獣の回復力に対抗するため、最終的には特殊なアイアンスライムの槍を用いて勝利する。この槍には強力な効果があるが、使い方には注意が必要である。戦いを終え、槍を回収し、他の魔獣が接近する前にイモータルスネークの死体を回収しようとするが、樹海の奥から何かが接近してきたと察知し、準備を整える。しかし、現れたのは魔獣ではなく、以前に出会った大男であった。

9章 14話  急転直下

森の奥から現れた大男は、Sランク冒険者のグレンである。グレンは過去に多くの功績を積み重ね、腕っぷしのみでその地位に昇りつめた人物だ。彼との再遭遇を果たした主人公は、戦うべきか迷っている中、グレンが死体を観察した後、主人公を殴りたいと提案する。この提案に困惑するも、話が進むうちに彼の真意が明らかになる。グレンは戦いを楽しむために、強い相手との闘いを求めており、主人公がその条件に合っていると判断したためだ。結果として、主人公は彼の挑戦を受けることにし、一時的な戦闘が行われる。しかし、グレンはすぐに戦闘を終え、さらに主人公に興味を持ち、しばらく彼に付いていくと決める。この展開に、主人公は驚きを隠せない。

9章 15話   Sランクのグレン

Sランク冒険者のグレンは、道を知らないにも関わらず、進む道を力強く切り開いて進む。彼は依頼を受けることは少なく、自由に行動し、必要な金は魔獣の死体を売ることで稼ぐ。彼にとって重要なのは、自分が行きたい場所に行き、戦いたい相手と戦うことだ。彼は日常的に借金を利用しており、借金を返済するために稼ぐ一方で、借金の詳細を正確に把握していない。これに対し、主人公は彼と比べて自分がまだまだ大人しいと感じる。グレンは、過去には幼少期から特異な体質による問題を抱えており、それが彼の強さの源となっているが、同時に多くの困難も経験している。彼はその体質が原因で通常の人々とは異なる生き方を強いられ、それにより特定の人々との間に摩擦が生じていた。しかし、それも彼にとっては既に過去のことで、現在は自分の力を活かして自由に生きることを選んでいる。

9章 16話  グレンとの野営

グレンと共にコルミ村を目指して進むと、彼らは広く濁った川に達する。
川沿いに上流へ進むことを決め、グレンはその地獄のような樹海が自身にとっては稼ぎやすい場所であると述べる。
この地域は強い魔獣が多く生息しており、彼にとっては効率的な狩場となっている。
途中、空間魔法を使って敵を躱しつつ、彼らは魔獣との遭遇を繰り返す。
その際、グレンは自らの巨大ハンマーを使いこなすが、過剰な力のために柄が折れてしまう。
彼の肉体の強化は無意識に効率的に行われるため、意図して気を武器に纏わせることが得意でないことが原因である。

武器を失った彼は、拳で戦うことを選択する。
彼らがトレントと呼ばれる巨大な魔獣と遭遇し、それを倒した後、彼らはその場所で野営をすることに決める。環境が自然に保護される地域であることから、野営は比較的安全とされる。また、グレンの自然体での野営方法も彼の野生的な性質を反映しており、特に準備や設備を必要としない。
しかし、その野営方法が彼にとっては通常であり、彼の強靭な体質がそれを可能にしている。彼らの旅は、樹海の深い部分へと続いていく。

9章 17話  到着

翌朝、グレンと共に樹海を速いペースで進む。
彼は前日の豊富な食事とお酒の後、驚くほど元気である。
これが彼の本来の力を発揮する条件であることが分かる。
しかし、彼が急に立ち止まる。その理由は彼の「直感」スキルによるもので、グレンは前方にトラブルを感じ取る。
前方にはグラトニーフライと呼ばれる大型の肉食性蠅が存在しており、彼らは小さいが多数で襲来することが予想される。
その蠅は鋭い牙を持ち、群れで攻撃する。

彼らはグラトニーフライの領域を避けるために迂回を試みるが、結局は雷属性の結界を設置し、それを利用してグラトニーフライを退ける戦略を採る。
この戦略は成功し、グラトニーフライを無効化する。
さらにこの地域にはグラトニーフライと共生関係にある「ホテル・ラフレシア」という魔獣もおり、これが捕獲される。
この魔獣の花弁は高価で売れるとされ、グレンはこれを利用する計画を立てる。

総じて、グレンとの樹海での探索は、彼の直感と力強い戦闘スタイルにより、危険を回避しながらも価値ある発見を重ねている。
彼の経験と直感が、樹海の厳しい環境下での彼らのサバイバルに不可欠であることが強調されている。

密林を進みながら、草木が倒されている様子が見られた。
この地域にはキャノンボールライノスと呼ばれる大型魔獣が生息しており、その移動によって跡が残る。
キャノンボールライノスは強靭な体毛と魔法への耐性を持ち、突進攻撃が非常に強力である。

湖に到着し、魔獣がいない間に湖沿いを東へ進むことに決めた。
途中、ブレードラットという危険な魔獣の攻撃を受けるが、問題なく対処する。
しかし、コルミ村に近づくにつれてアンデッドの存在が明らかになり、多数のアンデッドとの戦闘になる。
光魔法を使ってアンデッドを排除しながら、ついにコルミ村の門が見えてきた。これにより、樹海の探索を終え、目的地に到着する。

9章 18話  遺産回収

重厚な門と防壁の残骸があり、村がかつて栄えていたことを示している。近づくにつれ、陰鬱な空気が漂い始め、門の中へは入らずに外壁沿いに進むことにする。

グレンが道を切り開き、壁を壊しながら進む。大穴を開けた後、二人は村に突入し、アンデッドが散見される中、ひときわ目立つ家にたどり着く。
この家は他よりも浸食が少なく、内部にはアンデッドを引き寄せるスライムを利用しての防御が行われる。

家の内部は荒れており、屋内は簡素で古く、人に荒らされた跡もある。家族の家であると知り、祖父母が住んでいたことを確認する。
家の中から特に大きな竈を見つけ、その中から秘密の通路を発見し、そこを通って地下室に入る。
地下室は長期間放置されていたが、保存状態は良好で、多くの遺品が残されている。

最終的には、祖父が書いた遺言状を発見し、それには遺産を見つけた者に譲ると記されている。遺品と研究成果をディメンションホームに回収し、後で詳細な確認をすることに決める。

9章 19話  討伐は明日から

遺産の回収を終えたグレンは、グレイブスライム達の前にアンデッドの山を築いていた。スプラッター映画に出てくるような状態になっていたため、一度清潔にしてもらうことにする。グレンは、村の中心に住んでいる魔獣がアンデッドを生み出していると説明される。この魔獣の討伐も、村に来た目的の一つである。一方で、グレンは戦いに嫌気が差している様子を見せる。

アイテムボックスから、遺産回収中に見つけたハンマーを取り出す。これはグレンが以前持っていたものよりも大きく、アダマンタイトでできていると説明される。グレンはこのハンマーを試し、その性能に感動する。結局、グレンはこのハンマーを引き受け、以前のハンマー二本を交換として提供することに同意する。

その後、グレンは唐揚げを食べながら飲酒を楽しむ。話は唐揚げと飲み物の美味しさや、それに合うお米について展開する。また、錬金術で作られたアルコールを使い、ラモンサワーという独自の飲み物を作る。最終的には、この簡素ながらも豪華な夕食を楽しんでいる様子が描かれている。

9章 20話  下準備

翌朝、朝食後にアンデッド供養の魔法を試していると、グレンがアンデッドを引き連れて帰ってきた。グレンによれば、村の中心にある屋敷がアンデッドの巣であり、そこに近づくほどアンデッドが多かったという。グレンが見た限り、アンデッドは狩りをしており、狩った獲物は屋敷前で解体され、食べられた後に再びアンデッドとして屋敷から出ていくらしい。

この状況はグレンにとっては対処が困難であることから、二人はまずアンデッドを排除する戦略を立てる。戦略の一環として、グレンはアンデッドを集めてグラトニーフライの縄張りまで誘導し、彼らをアンデッドにさせることを試みる。一方で、雷属性の結界を張り、準備を進める。また、罠を設置するために、グレンがアンデッドを適切な場所に誘導するために走る必要がある。

結局のところ、罠設置のためにスライム達が活用され、作業は順調に進む。スライム達はその能力を活かして、迅速かつ効果的に罠を作り上げる。この作業により、アンデッドを効率的に管理し、魔獣の問題に対処する準備が整う。

9章 21話  屋敷の中のジャングル

正午になり、グレンは昼食をとりに戻ってきた。そのとき、アンデッドの群れを引き連れるミミックスライムが草むらを駆け抜けていた。ミミックスライムは元々この樹海で生活しており、変身したテイクオーストリッチの脚力を活かすために単独でアンデッドを誘導している。この方が効率的で安全であるとの結論に至った。

昼食では、ニンニクたっぷりの竜田揚げサンドが提供され、昨日の唐揚げに比べてより濃い味付けがされていた。昼食中、グレンがアンデッドの誘導を行っているミミックスライムについて言及し、その役割の重要性を認めた。

昼食後、ミミックスライムが生きているラプターに追われているとの報告があり、グレンはこれを機に腹ごなしを兼ねた戦闘に臨んだ。戦闘ではホーリーフレイムカーペットという魔法を用いてアンデッドと生きている敵を分け、効果的にアンデッドを駆除した。戦闘後、問題なく火は消火されると判断し、次の行動に移ることにした。

その後、中央の屋敷を目指し、道中でアンデッドの数が減少していることを確認した。屋敷近くでは非戦闘員のアンデッドが日常の作業を続けており、戦闘には参加しないため問題がなかった。グレンとスライム達は屋敷に向かい、敵を挑発して攻撃を続けた。最終的に屋敷の門が開かれ、アンデッドが外に出るとすぐに制圧された。

計画は成功し、グレンは屋敷内への侵入を試みた。内部に入ると、すぐに屋敷の門が閉じ、予想外の幻覚に直面した。リョウマは日本の街並みを思わせる幻覚を目の当たりにし、戸惑いながらも任務を続行する覚悟を固めた。

9章 22話  三文芝居

竹林竜馬は幻覚の中でかつての自分の姿に戻り、自分が以前勤めていた会社の元同僚、田淵と再会する。田淵は竜馬に退職記念の打ち上げへの参加を促す。会社が倒産し、その清算が完了したことを田淵は告げ、再就職を祝う。また、田淵は竜馬がかつての努力が認められていたこと、多くの同僚が感謝の意を持っていることを伝える。

打ち上げの会場に到着すると、多くの元同僚たちが集まっており、その中には馬場さんという人物もいる。馬場さんは過去の勤務態度を謝罪し、竜馬に感謝の意を表す。打ち上げでは、竜馬と田淵が話し合い、竜馬がかつての職場での負担やその影響を反省する場面もある。

会話の最中、特別ゲストとして竜馬の両親が登場し、母親は竜馬に家族としての絆を求める。しかし、幻覚の中の出来事に困惑しながらも、竜馬は母親に刀を振り下ろす行動に出る。

9章 23話  手を替え品を替え

竹林竜馬は、幻覚を使う魔獣の仕掛けた陰謀を次々と打ち破り、現実の世界へ戻る。彼が目にしたのは、過去の同僚や上司、そして親を模した幻覚だった。これらの幻覚は、彼がかつて経験した不快な記憶を再現し、彼の意志を折ろうとするものである。しかし、竜馬はこれらの幻覚に動じず、一連の攻撃を切り抜ける。

幻覚の中で、竜馬は様々な人物を斬り倒すが、これは彼の過去の記憶を基に作られた幻覚であり、実際には無害な存在だった。彼はこの幻覚を通じて、自身が過去に何を感じ、どう行動したかを思い出し、自身の成長を実感する。

最終的に、竜馬は本館に到達し、魔獣の正体である老人と対峙する。老人は大勢のアンデッドを従えており、彼の前に立ちはだかる。

9章 24話  ある魔獣の回想

魔獣は魔力から生まれた存在であり、親も血縁も持たない、現象に近い存在である。廃村にある屋敷で目覚め、自身が何者かも分からないまま時間を過ごしていた。この魔獣は、樹海に飲み込まれていった村の住人の魂を捕らえ、その魂を使って偽りの肉体と生活を再現していた。リョウマが村に現れた際、新たな住人かもしれないと期待し、彼を歓迎する準備をしていた。

しかし、リョウマは魔獣の幻覚を払いのけて屋敷に踏み込み、魔獣が放ったアンデッドを切り捨てて進んだ。魔獣はリョウマの記憶を読み取ることが難しく、彼の行動を予測することができなかった。魔獣はリョウマに対抗するために、自らの力を用いて何度も住人を復活させたが、リョウマはそれをも容易く打ち倒していった。

最終的には、リョウマが魔獣の居場所に迫り、魔獣は逃げ場を失い、絶望的な抵抗を試みるが、リョウマによって倒された。魔獣が経験したのは、生まれて初めての想定外の事態であり、その経験不足が敗因となった。

9章 25話  魔獣の正体

リョウマは魔獣との戦闘を終え、魔獣の首をはねる寸前で刃を止めた。リョウマ自身は致命傷を負いながらも、幻覚であることを悟り、自身の肉体が回復するのを感じた。その後、魔獣との対話が始まり、リョウマは神々からの依頼は魔獣を殺すことではなく、その能力を制限することだと説明した。魔獣は混乱し、リョウマの真意を問いただした。

リョウマは、魔獣との戦いが単なる交渉の手段であり、実際には魔獣を殺す意図はないと明かした。彼は魔獣の死者の魂を解放し、その能力を今後使わないことを条件に、魔獣の命を奪わないことを提案した。この提案に、魔獣は一時的に同意し、リョウマとの契約を検討することにした。

最終的に、魔獣はリョウマの従魔としての契約を受け入れ、自分が造り出したアンデッドを解放することに合意した。リョウマは魔獣に「コルミ」という名前を与え、新たな関係が始まった。この名前は、魔獣が生まれた村と屋敷の歴史から取られたものである。

9章 26話  お見送り

リョウマはコルミと契約後、エントランスに戻り、グレンさんが待っていた。コルミはリョウマの背中に隠れていた。リョウマは、コルミが妖精であり、アンデッドの解放を条件に命を取らないと決めたこと、そしてコルミがすでに従魔になっていることを説明した。グレンさんは門の事情について尋ね、コルミがそれに応答した。

さらに、コルミはキャノンボールライノスの子供の母親の魂の解放を保留にしていることを話した。母親は死に納得しており、子供の将来を心配していた。グレンさんは、魔獣でも親は子を護る感情があることに驚いた。コルミの能力を活用すれば言葉の壁がなくなること、そしてコルミは母ライノスの意思を理解し言語化していることが説明された。

この地域には母ライノスのかつての群れのリーダーが定期的に来ることがあり、そのリーダーを倒すことで母ライノスが子供の将来を安心させることができると考えられていた。グレンさんはリョウマと共に数日間この場所に留まることに決めた。

グレンさんは狩猟で得た獲物の解体をリョウマに依頼し、解体された肉や鱗などはコルミの施設を使用して行われることになった。グレンさんが屋敷に入る際、コルミは能力を不当に使用しないよう指示されたが、グレンさんは気にせず屋敷に入った。屋敷は古いものの、過去の拠点としての設備が整っており、そのまま利用できる状態だったため、これからリョウマとグレンさんが活動の拠点として使用することになった。

リョウマとコルミは中庭で、アンデッドの魂を解放する準備をしていた。この場所はかつては魔獣を使った物資の空輸に使われていたが、現在はただの庭として使用されている。リョウマが魔法で死者を見送る準備を整えると、コルミはグレイブスライムからアンデッドを放出し始めた。出てきたアンデッドは、外見から人とは認識しづらいが、抗うことなく消えていった。

コルミはアンデッドの魂をこの世に縛りつけていたが、交流があったわけではなく、アンデッドになると生前の記憶が残っていたため、錯乱したり、精神状態が安定しなかった人が多かった。コルミ自身は、住人を観察できるだけでも満足しており、寂しいという感情は、「誰かに住んでほしい」という意味合いが強かった。

次に出てきたアンデッドたちは、人間とほぼ遜色ない姿をしており、突然の状況に驚いていたが、リョウマがコルミの助けを借りて幻覚で彼らを落ち着かせた。その中の元盗賊は自身の死を受け入れられずにいたが、甲冑を着た男が彼を連れ去ることになった。男はデストリア男爵と名乗り、リョウマに感謝を表明し、彼に家族に自分の死を伝えることを依頼した。

この一連の出来事の後、聖職者の女性がリョウマに感謝を伝え、彼が神々の加護を受けていると感じていることを表明した。そして、コルミが以前戦闘中に借りていた老人が現れ、一人にしてしまったことを詫びて去っていった。これにより、アンデッドの解放が完了し、コルミは静かに空を見上げ続けていた。

9章 27話  帰還準備

リョウマは、コルミが束縛していた魂の解放を完了し、樹海での主な目的を達成したため、リーダーライノスが現れるまでの間、手持ち無沙汰になった。この間に、グレンは狩りに出かけ、リョウマは屋敷周辺の村の残骸を整地する作業に取り組んだ。この村は、かつてコルミが元住民の魂を慰める舞台として使用していたが、アンデッドを解放した今となっては不要であり、コルミ自身もその片付けを望んだ。

リョウマはディメンションホームからサンドスライムを呼び出し、地面の一部を砂に変え、村の一角を削り取る作業を行った。残骸や雑草を除去し、その後、地表に残った砂を埋め戻し、完全な更地にした。コルミはこの効率的な作業に感嘆の声を上げた。

午後にはグレンが戻り、狩場での成功を報告し、狩った獲物の解体をリョウマに依頼した。グレンは素材を売る手間を避け、リョウマに解体してもらう方が都合が良いと判断した。リョウマは昼食の準備をしながら、イモータルスネークの肉の味が前日と異なることに気づき、再生した体の肉は元の肉と比べて質が落ちることを推測した。リョウマは、狩りが終わるまでの間、美味しい肉を確保するために狩りを続けることを決めた。

2日目の朝から、リョウマは村の解体作業を続けていた。その中で、畑のような場所を発見し、ブドウの房状の実が成っている蔓を見つけた。屋敷に戻り、コルミにこの場所について尋ねると、かつて胡椒畑であったことが明らかになった。コルミは、畑で栽培されていた人々の記憶を読み取って胡椒を含む香辛料の栽培方法を知っており、胡椒の木から挿し木に適した枝を採る方法を教えることができるという。

コルミはさらに、他のゴブリンたちにも栽培方法を教えることを提案し、話が終わるとその場を去った。コルミの能力には、読心や幻覚を使った情報伝達が含まれており、これを活用することで樹海で育つ様々な植物の栽培が可能になる。また、コルミは家の本体であり、自己管理が可能な存在であるため、様々な知識や技術を持っている。

その後、コルミは再び現れ、ホテル・ラフレシアの栽培についても言及したが、リョウマは近くに人が住めなくなるリスクを考慮して断った。代わりに、村の解体作業を進めながら、周囲の素材を利用する計画を立てた。その途中で、グレンが狩りから戻り、イモータルスネークを捕えてきたため、リョウマは急遽その解体を行うことになった。

9章 28話  リーダーライノス討伐

翌日、リョウマとグレンは村の溜め池に向かった。そこで、体高3メートル、体長4メートル近くの巨大なキャノンボールライノスが目撃された。この魔獣は放熱樹に体当たりを繰り返していたが、その行動は興奮しているように見え、通常の食事行動とは異なる様子だった。

近くには、コルミが以前話していた子供ライノスもいて、母親らしき成体のキャノンボールライノスが大きな傷を負っていた。リーダーライノスによる攻撃を受けたと思われ、子供ライノスは母親を守ろうとしていた。

リョウマとグレンは戦闘を開始し、リーダーライノスを制圧しようとしたが、魔法耐性があるため直接的な攻撃は効果が薄かった。しかし、グレンの力強い攻撃によりリーダーライノスは揺さぶられ、最終的にリーダーライノスは体を大きく動かすたびに拘束が弱まっていった。

結局、リョウマとグレンはリーダーライノスを継続的に攻撃し、戦闘は続けられた。リーダーライノスが刺された可能性が高いドーピングビーによる毒の効果で、魔獣の興奮と眠気が交互に現れる異常な行動を示していた。この戦いで、リーダーライノスはかなりの抵抗を見せたが、グレンとリョウマの協力により徐々に制御下に置かれた。

9章 29話  コルミとの別れ

即席人力パイルバンカーによるグレンの一撃がリーダーライノスに決定的なダメージを与え、リーダーライノスの体は泥沼に沈んだ。リョウマは衝撃による軽い損傷を受けたが、自身の治癒能力で回復した。結果として、リーダーライノスは倒され、周辺に他の魔獣の気配はなかったので作戦は成功と言える。

リーダーライノスが倒された後、母親ライノスと子供ライノスは服従のポーズを取った。これはキャノンボールライノスが敗北を認める際の行動である。母親ライノスの怪我も再生し、リョウマは子供ライノスと従魔契約を結び、新しい従魔として迎え入れた。

その後、リョウマとグレンはリーダーライノスの体を回収し、リョウマはさらにドーピングビーの巣を潰しておくことにした。ドーピングビーは樹海の魔獣を強化し暴れさせることで敵を排除する魔獣である。ビッグスティッキースライムとスパイダースライムの協力でドーピングビーの巣を処理し、全滅させた。

帰路につくと、コルミと親子ライノスが待っていた。母親ライノスはすでに成仏しており、子供ライノスはリョウマに新たな群れのリーダーとしての役割を託した。リョウマはこの新しい責任を受け入れ、子供ライノスの成長を見守ることになる。

翌日、リョウマはコルミに別れを告げて帰路につくことを決めた。彼は樹海が危険地帯であるため、待っている人々を心配させずに帰る必要があると感じていた。さらに、リョウマは帰り道にストーンスライムを目印として配置しており、将来的にはこの目印を辿って外部とコルミの村を往復する計画を立てている。

コルミはリョウマの帰路につく決断に寂しさを感じているが、リョウマは再び戻ることを約束して彼女を慰めた。さらに、コルミが孤独を感じないように、自身のアバターを作成するアイデアを提案し、コルミはリョウマをモデルにした幼児の姿を作り出した。これにより、彼女は新しい姿での生活に興味を示した。

最終的に、リョウマとコルミは笑顔で別れを交わし、リョウマはグレンと共に樹海を後にした。彼は樹海の外で彼を待つ人々への約束を果たすために、速やかに帰路を急いだ。

特別書き下ろし・神と人の関係

リョウマがコルミとの契約を成功させ、安堵の息をついた頃、神界では神々も同様に安堵していた。彼らはリョウマの幻覚による苦しみが実際の傷ではなかったにもかかわらず、その苦痛はリアルであったことを語り合い、リョウマの耐性と意識の力で幻覚を軽減したと評価している。彼らはリョウマが必要とあらば命をかける覚悟をしていたとし、その決断力を評価しながらも、彼が過度に危険な状況に自らを置く必要はなかったとも考えていた。

また、神々はリョウマが神界と地球の間で協力者として機能する可能性を認めつつ、彼が無茶をしないよう懸念を示し、今後の協力には神々の積極的な介入が必要であるとしていた。神々はリョウマの行動範囲と彼の直面する可能性のある新たな問題に注意を払う必要があるとしており、今後も彼の安全と神界のバランスを見守ることが重要であると結論付けていた。

「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレ

どんな本?

「葬送のフリーレン 前奏」は、TVアニメも大ヒット中の漫画『葬送のフリーレン』の前日譚を描いた小説である。
本編にないエピソードが詰まっており、フリーレンが「人を知るため」の旅に出る少し前の物語が描かれている。
フリーレン、フェルン、シュタルク、ラヴィーネとカンネ、アウラ、それぞれのキャラクターを主人公としたエピソード5編からなる短編小説集である。

『葬送のフリーレン』は、山田鐘人(原作)氏とアベツカサ(作画)氏による日本のファンタジー漫画。
魔王を倒した勇者パーティーの魔法使い、フリーレンが、長命のエルフとして、人の仲間たちとの別れや新しい出会いを経て、その旅を続ける物語を描いている。

この作品は、2020年から『週刊少年サンデー』で連載開始し、今は13巻まで発売中。
2021年には、マンガ大賞や手塚治虫文化賞を受賞したことで、多くの賞賛を受けている。

2023年の秋からは、テレビアニメ版も放送開始となり、毎週金曜の夜11時に放映した。

読んだ本のタイトル

小説 葬送のフリーレン ~前奏~
著者:八目 迷 氏
原作:山田鐘人 氏
イラスト:アベツカサ  氏

gifbanner?sid=3589474&pid=889458714 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレBookliveで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=889059394 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレBOOK☆WALKERで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=890540720 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレ

(PR)よろしければ上のサイトから購入して頂けると幸いです。

あらすじ・内容

本編にないフリーレンたちの前日譚を小説化

TVアニメも大ヒット中の漫画『葬送のフリーレン』の原作者・山田鐘人氏の監修のもと、本編では描かれていない、フリーレンが“人を知るため”の旅に出るその少し前の物語を、作家の八目迷氏が前日譚として小説化!

フリーレン、フェルン、シュタルク、ラヴィーネ&カンネ、アウラ、それぞれのキャラクターを主人公としたエピソード5編からなる短編小説集。

小説 葬送のフリーレン ~前奏~

第1話 「やすらぎの日々」

フェルンとハイターの日常が描かれる。フェルンは戦災孤児で、ハイターに引き取られたことで平穏な日々を過ごすようになる。
魔法の練習を通じて成長し、ハイターとの絆を深めていく。
ハイターの体調が悪化するが、フェルンは自分の力で彼を助けようと奮闘する。二人の関係は深まり、フェルンは強くなることを誓う。

第2話 「英雄になった日」

シュタルクが竜に襲われた村で英雄として扱われる日々が描かれる。彼は村を守るために奮闘し、自らの力を試す。
父親や師匠アイゼンとの過去の記憶を振り返りながら、成長する決意を固める。
村人たちからの期待とプレッシャーを感じつつも、シュタルクは英雄としての責務を果たしていく。

第3話 「二人なら」

ラヴィーネとカンネの魔法学校時代のエピソードである。二人は互いに切磋琢磨しながら、魔物討伐のテストに挑む。リュード高地での試験中、困難に立ち向かいながらも協力し合う二人の姿が描かれる。試験を通じて、二人の絆がさらに深まり、一級魔法使いを目指す決意を固める。

第4話 「放浪する天秤」

魔族アウラの視点で描かれる物語である。アウラはヒンメルとその仲間たちと対峙し、不死の軍勢を操る力を持つ。
彼女の過去と現在の葛藤、そして魔王の命令が途絶えた後の孤独な日々が描かれる。
ヴィルという少年との出会いがアウラの心に新たな感情を芽生えさせる。アウラは自らの存在意義を見つめ直す。

第5話 「葬送」

フリーレンが馬車に乗りながら、過去の仲間たちとの思い出を振り返る物語である。
彼女の長い旅路の中で出会った人々との別れや新たな出会いが描かれる。
フランメやヒンメルとの対話を通じて、フリーレンは人生の意味を見つめ直し、これからも続く旅に思いを馳せる。

感想

この小説は、フリーレンたちの前日譚を描いたものであり、物語の奥行きを広げている。
フェルン、シュタルク、ラヴィーネとカンネ、アウラ、そしてフリーレンのそれぞれのエピソードが、彼らの背景や成長を深く掘り下げている。
特にフリーレンの話は印象的であり、彼女の長い旅路が人生の縮図であることを感じさせる。

フェルンとハイターの関係は温かく描かれており、シュタルクの成長も感動的である。
ラヴィーネとカンネの友情や協力も微笑ましい。
一方、アウラの物語は切なく、彼女の葛藤がよく伝わってくる。
フリーレンのエピソードは、旅の中での出会いと別れの大切さを再認識させてくれるものである。

全体として、この小説は静かで普通の日常を描きながらも、キャラクターたちの内面や成長が丁寧に描かれており、読者を引き込む力がある。
漫画やアニメ版を知っている読者には特に楽しめる内容となっている。

最後までお読み頂きありがとうございます。

gifbanner?sid=3589474&pid=889458714 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレBookliveで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=889059394 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレBOOK☆WALKERで購入 gifbanner?sid=3589474&pid=890540720 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレ

(PR)よろしければ上のサイトから購入して頂けると幸いです。

同シリーズ

2a804d9c5737f72fb1f25b75d65829e9 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレ
葬送のフリーレン 1
b518c21e21340a18adb31baca63afbf6 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレ
葬送のフリーレン 2
c906b51bacaab275e747a2f61a3dcf10 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレ
葬送のフリーレン 3
7c0101b32ce0f1dc8a1fea81998be021 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレ
葬送のフリーレン 4
45b0eee83eebf665006cb24bd4f7c7e2 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレ
葬送のフリーレン 5
bc1ff6c76b7b40ac91bd6dd0a744ceea 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレ
葬送のフリーレン 6
96913c5a45d50df5f00bb6d9aa529a03 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレ
葬送のフリーレン 7
1cd7532d34722bd8a7a465c47f961a50 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレ
葬送のフリーレン 8
520a556af81e2dca2b21680063cfcc53 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレ
葬送のフリーレン 9
38cb7a4b44376c802218309989321adc 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレ
葬送のフリーレン 10
efccc7ebd18e5c16ed58c8ecaf4fcc03 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレ
葬送のフリーレン 11
70c692030de929904f82f477c033715c 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレ
葬送のフリーレン 12
6b5d48e4e7b1cb297854b908e90c7b14 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレ
葬送のフリーレン 13
d6c81156235713cf2bdb1f0a25678cdd 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレ
小説 葬送のフリーレン ~前奏~

その他フィクション

e9ca32232aa7c4eb96b8bd1ff309e79e 「小説 葬送のフリーレン ~前奏~」感想・ネタバレ
フィクション(novel)あいうえお順

備忘録

第1話  やすらぎの日々

顔に太陽の熱を感じながら、フェルンはベッドから起き上がり、背伸びをした。
部屋に差し込む朝日が埃をちらつかせていた。
フェルンがこの家に住み始めてからしばらく経ち、最初はベッドの硬さに慣れずにいたが、今は朝までぐっすり眠れるようになっている。
リビングやキッチンを覗くと誰もいない。
ハイターはまだ寝ているようだ。そう思いながら、フェルンは外に出て水を汲みに行った。
柔らかな陽射しの下、小鳥が鳴いている。
森を少し歩き、川に着いたフェルンは、水を汲んで重たいバケツを家まで運んだ。
家に着いたとき、ハイターが寝室から出てきてフェルンに微笑んだ。
ハイターは魔法でバケツを浮かせ、二人で洗面所へ向かった。

フェルンは戦災孤児だった。
戦争で身寄りを失った彼に行く当てはなく、ハイターに声をかけられた時、彼はゆっくりと死に向かっていた。ハイターはフェルンを引き取り、温かい食事と清潔なベッドを与えた。
ハイターの優しさは、フェルンの心の穴を埋めていった。フェルンはハイターの力になりたいと思うようになった。

ハイターが指さした遠くの一番岩を目指して、フェルンは魔法を試みたが、岩まで届かなかった。
フェルンは練習を重ね、徐々に魔法の飛距離を伸ばしていった。ハイターはフェルンの上達を称賛し、フェルンはハイターを尊敬し、教わった通りに練習を続けることを誓った。
ある日の修行後、ハイターは体調不良を抱えながらも、フェルンに冒険の話を語り、二人はその話で心を和ませた。
話を聞いているうちにフェルンは眠ってしまい、気がつくと自分の部屋で朝を迎えていた。
フェルンは自分の未熟さを痛感し、今後の修行に一層励むことを決心した。

昼食後、ハイターとフェルンのもとに来客があった。
玄関を開けたハイターは、かつて助けた人々の一人であるおばあさんと再会し、家に招き入れた。
フェルンはお茶を用意し、おばあさんから感謝された。
おばあさんはフェルンをハイターの孫と勘違いし、彼女がハイターの弟子であると知ると、魔法使いとしての将来を期待した。
その後、ハイターはフェルンに魔法使いとしての可能性を語り、いつか他の師に学ぶことを勧めた。
この出来事はフェルンにとって、自身の立場とハイターとの関係性を再考するきっかけとなった。

翌日、フェルンとハイターは街へ行った。彼らはまず杖を修理に出し、その間に買い物を楽しんだ。
フェルンは、露店で赤いリボンを目にし、ハイターがそれを購入し彼女に贈った。
食事時、フェルンはハンバーグ、ハイターは彼の好物であるルフオムレツを注文し、ハイターは飲酒について話し、以前は飲んでいたが現在は禁酒していると語った。
彼らはその後、フェルンの成長に合わせて新しい服を購入し、修理された杖を受け取った。
帰りの馬車でフェルンはハイターに寄りかかりながら眠りについた。その翌日、ハイターは倒れた。

ハイターが街で風邪をもらい、熱を出して倒れた。
熟練の僧侶であるハイターは自身の体調を把握しており、風邪の診断に間違いはないと思われるが、フェルンは心配だった。
彼女は、修行に出るべきか悩んだが、最終的にはハイターの部屋を後にし、修行に臨んだ。しかし、ハイターの体調が気になり、魔法の威力も低下し、集中できなかった。
ハイターの体調は三日経っても改善せず、フェルンは薬草学の本を読み、風邪に効く薬草がこの地方に自生していることを知り、それを探しに山へ向かった。
彼女は薬草を見つけ、帰り道で迷子になりながらも家に帰ることができたが、薬草を落としてしまい、結局手ぶらで帰宅した。

ハイターは病床から起き上がり、風邪が治ったことを実感する。
フェルンが修行を終えて帰る時間になり、ハイターは彼女を待つために夕食の準備を始める。
しかし、フェルンが予定時刻に帰ってこないため、ハイターは心配して外に出て彼女を探すが見つからない。
家に戻ると、フェルンが帰宅していた。彼女は服が汚れ、葉っぱが付着しており、道に迷い、薬草を落としてしまったことを報告する。
フェルンはハイターにもっと強くなりたいと告げるが、ハイターは彼女の努力を認め、励ます。
その後、ハイターは二人で夕食を取ることを提案し、フェルンの表情は柔らかくなる。

ハイターが作ったシチューは絶品であった。
疲れていたフェルンは夢中で食べ進める。
食事中にハイターと目が合い、フェルンが顔に何かついているかと尋ねると、ハイターは食べる姿を見るのが何よりの栄養だと答える。
さらに、フェルンが遠くへ行ってしまったことに対してハイターは怒っていないと明かし、旅の経験からも怒ることがあると語るが、その話は楽しそうであった。
シチューを食べ終えた後、ハイターはフェルンがいずれ旅に出る際は、仲間と一緒に行く方が良いと助言し、それが楽しいからだと語る。
フェルンはその助言に賛同する。

第2話  英雄になった日

地面に倒れた少年、シュタルクは立ち上がりながら、怒りと失望を含んだ父の言葉を受ける。
父は彼の努力が足りないとして、その場を去る。
独り残されたシュタルクは、兄シュトルツから慰めの言葉を受け、希望を持とうとする。
その後、シュタルクは馬車で旅をしている場面に移り、師匠アイゼンとの喧嘩別れ後の孤独感を抱えている。
ある村に到着し、竜の襲撃に直面するが、逃げることなく立ち向かい、竜は彼を攻撃せずに去る。
その勇気ある行動で村人から感謝され、英雄として讃えられる。
シュタルクは内心でその突然の英雄扱いに戸惑いながらも、村人たちの期待に応えようと決心する。

酒場で夕食を取っていたシュタルクは、村に来てから一年が経ったことを祝われる。
竜が依然として村の外れにいるにも関わらず、シュタルクが村にいることで安心している村人たちは彼を英雄として讃える。
しかし、一人の老人、ヴァンスはシュタルクが竜を倒さないことに疑問を呈し、彼の能力に懐疑的である。
この意見には反論できず、シュタルクは申し訳ない気持ちになるが、村の希望である自分が竜に対抗するために努力する必要があると決心する。

シュタルクの修行は、村の外れにある岩壁を斧で打つことから始まる。
斧を振るう力はまだ竜の鱗を貫くほどには至っておらず、力の不足を感じながらも彼は精進を続ける。
昼時になり、修行中にたびたび訪れる男の子が現れ、二人は交流する。
その過程で、シュタルクはかつての師匠アイゼンとのエピソードを男の子に語る。
アイゼンの教え方は直接的で、師匠自身も鍛え方に戸惑いながら、シュタルクに修行の重要性を教えていた。
その日の昼食は、彼らが共に野菜スープを食べながら、修行の意味を再確認する場となる。

その日の夜、天気が大荒れになり、シュタルクは宿の自室にこもっていた。
外で人の声がするのを聞き、外に出ると、ヴァンスが帰ってこないことを知る。
彼は捜索を手伝うために雨の中、森へ走り出す。
森の中で雷が落ちるなどの危険を冒しながら、ヴァンスを見つけ出し、彼を背負って村に向かう。
この過程で、シュタルクはヴァンスとの対話を通じて、自分自身に対する誤解や評価に向き合い、彼の強さを認められるようになる。

シュタルクは無事にヴァンスを背負って帰り、村人たちから高い評価を得ている。
ある日、アイゼンは酒場でマスターと会話を交わす。
アイゼンはシュタルクに会う意志はないが、実は会うのが気まずいと感じている。
マスターはアイゼンの訪問を秘密に保つと約束する。
店を出る際、マスターはアイゼンにシュタルクが竜を倒せるか尋ねると、アイゼンは笑顔で「当然だ」と答える。

シュタルクは三年間暮らした村を振り返り、その平穏が保たれているのを確認する。
村の脅威であった竜はシュタルクに討伐されていた。
フェルンはシュタルクに引き返すことも可能だと提案するが、シュタルクは自分が決めた道を進むことを選び、彼らが必要とする前衛としてパーティーに参加することを決意する。
二人は仲間のフリーレンを追いかけながら、笑い合い、戦いに臨む覚悟を新たにする。

第3話  二人なら

朝の冷たく湿った空気の中、ラヴィーネは森を歩いている。
彼女は家を抜け出してから約30分が経過し、魔力を感じ取りながら獣道を進んでいた。
その途中で、池を発見し、同じく魔法学校に通う幼馴染のカンネが水を操る魔法で特訓をしているのを目撃する。
カンネは池の水を操り、力強く岩壁にぶつけていた。
ラヴィーネはカンネが誰にも言わずに続けていた特訓の努力を見て、競争しているわけでもないのに負けたような気持ちになる。
しかし、カンネの驚異的な魔法の力を目の当たりにし、その実力を認めざるを得ない。
その後、二人はともに特訓を続けることになり、それが日課となる。

魔法学校の先生が生徒たちに魔物討伐のテストを発表した。
テストは北側諸国リュード高地で行われ、生徒たちは日没までに魔物を一体討伐することが課題だった。
生徒たちはパーティを組むことも可能だが、討伐のクレジットはトドメを刺した人にのみ与えられる。
先生は飛行魔法で生徒たちを上空から監視し、安全を確保しながら進行を見守ることになっていた。

ラヴィーネは自信はあったが、単独行動を避け、パーティを組むことを選択した。
彼女は同じ魔法学校の生徒であるカンネと組むことを望んでいたが、他の生徒からはカンネの実力を疑問視する声もあった。
しかし、ラヴィーネはカンネの能力を信じていて、他の誘いを断ってカンネとともにテストに臨むことを決めた。

森の中での実習中、ラヴィーネとカンネは水源の乏しい環境に直面し、カンネには不利な状況であることを認識する。
カンネは雨を望むが、ラヴィーネはそれが起こりそうもないと諦めるよう促す。二人の間で通常のやりとりが続く中、魔物との遭遇が始まる。
ラヴィーネは魔力を込めた氷の矢を使い、狼のような大きな魔物を攻撃するが、初撃は失敗し、魔物に迫られる。
緊急の防御魔法でカンネが助け、最終的にラヴィーネは魔物を撃ち抜く。
魔物討伐に成功し、二人はさらに森を進むが、さらに大きな魔物が存在する可能性に気づく。

森の中で二匹目の狼型魔物と遭遇したラヴィーネとカンネは、戦闘を開始する。
ラヴィーネが地面に氷の魔法を施し、魔物の動きを止める一方、カンネは緊張しながらも魔法で攻撃する。
しかし、カンネが魔物にトドメを刺そうとした瞬間、ルイザが突然現れて魔物を横取りする。

その後、ルイザは横取りしたことに対して堂々と振る舞い、ラヴィーネとカンネとの間に緊張が走る。
ルイザは自身の行動を正当化し、カンネが致命傷を負わせた魔物にトドメを刺さずにいることを批判する。
ラヴィーネは、カンネが即死させることもできたと返すが、ルイザはそれを信じていない。
その結果、ラヴィーネとルイザの間で対立が深まり、戦闘に発展する。

戦いの中で、ルイザは攻撃的でありながらも自身の魔法を駆使して優勢に立つ。
しかし、カンネが水の魔法でルイザを攻撃し、ルイザが一時的に混乱する中で、ラヴィーネは魔法を使ってルイザを無力化する。
最終的にルイザは気を失い、ラヴィーネとカンネはその場を離れる。

一樹が初めて体験する温泉での入浴中に、蒼依が部屋の露天風呂に入ってきた。
一樹はこの突然の出来事に混乱し、蒼依の行動の背後に沙羅の誘導があると推測した。
蒼依は再入浴の理由を「せっかくの温泉だから」と説明し、一樹はその場で硬直した。
日本の混浴文化を考慮し、一樹は蒼依の行動を受け入れることにしたが、蒼依との距離が急接近し、彼女が隣に寄り添った。
その状況は、一樹にとっては想定外であり、さらに水仙が部屋に入ってきたことで、一樹は蒼依から急に距離を取った。
この一連の出来事は、蒼依と沙羅の間の何らかの取引の結果として起こった可能性がある。

水源が乏しいリュード高地で、ラヴィーネとカンネは古井戸を発見し、その水を利用して危機を乗り越える。
カンネが井戸の水を操り、魔物を攻撃し、ついには氷で固めて倒す。
試験終了間際、疲れ果てた二人は力尽きて地面に倒れるが、日没前に任務を完了する。

その後、先生が登場し、生徒たちが倒したとは思えないほどの魔物を二人が倒したことに驚き、認める。
そして、ラヴィーネとカンネがいつか一級魔法使いになれる可能性があるという期待を示す。
二人は共に一級魔法使いを目指すことを想像し、新たな目標に向かって進む決意を固める。

第4話  放浪する天秤

新しい勇者ヒンメルが誕生し、そのパーティーが魔王城を目指しているとの報告を受けたアウラは、王の間でその情報を聞く。
アウラは魔王直下の大魔族で、その力を持つ魔族が組織的な集まりを形成していることが示されている。
ヒンメルの勇者としての実力は未知数だが、既に多くの魔族が彼に討伐されている。
アウラはこれに対して魔族たちのだらしなさを嘆き、人間の情や罪悪感を生物の欠陥と考える冷酷さを見せる。
勇者が中央諸国のクルーテ湿原を通過する可能性を知ったアウラは、勇者一行を不死の軍勢に加えることを決意する。

アウラが研鑽し、極めた服従させる魔法は、自身と相手の魔力を比較し、少ない方を服従させるものである。
この魔法により、アウラはここ数百年、負け知らずであり、数多くの強敵を傀儡に変えてきた。
服従させた者たちは、首を落とされ、意思を持たぬ兵として利用される。
アウラは人類を家畜に向ける愛着のように「好き」と考えている。ヒンメルの実力が伝えられる中、アウラは彼を不死の軍勢に加えることを楽しみにしている。
クルーテ湿原からの距離を考慮し、アウラは勇者一行が近づくのを待つことにする。
リュグナーからヒンメルたちがグラナト伯爵領にいることを知らされ、アウラはその情報を受けて、街を襲撃する計画を進める。
アウラは魔王のためにも、グラナト伯爵領を明日落とす決意を固めた。

森の中の一輪の赤い花が、兵士たちに踏み潰された。
これらの兵士はアウラが支配する不死の軍勢であり、首が存在しない。彼らはアウラに服従させられた死者の大軍である。
アウラは飛行魔法で上空から景色を楽しむ一方、グラナト伯爵領の防護結界を破れないことに苛立ちを感じている。
そして、この結界を作った古代の魔法使いの魔法が破れないことに対する不満を表明している。
アウラの配下のドラートが古城の留守を任されており、彼は魔法の糸を得意とする魔族だが、経験が足りないとの評価もある。
アウラは魔力探知で勇者のパーティーを発見し、会ってみたいと考えている。
そして、彼らを不死の軍勢に加える計画を抱いている。

勇者一行との戦いから一週間後、アウラとその配下たちは森の奥の洞窟に拠点を置いていた。洞窟の外は晴れているが、アウラは物憂げに外を眺めていた。
偵察から戻ったリュグナーは、不死の軍勢が全滅し、勇者一行が無傷で魔王城を目指していることを報告した。
アウラは戦力を失い、傷も深く、グラナト伯爵領を落とすことすら困難であると感じていた。
リーニエの無邪気な発言により、アウラは自らの油断を認め、次に勇者一行と会ったときは確実に倒すと決意した。
しかし、洞窟に人類の侵入者が近づいていることが発覚し、アウラはリュグナーに迎撃を指示したが、戦力不足で迎撃に自信が持てず、撤退することを選んだ。
アウラたちは北部高原に向かうことを決め、人類が生活しにくい環境を利用して身を隠すことにした。

半年間豪雪に耐えながら山を越えた後、アウラたちは魔王城に近づくために北部高原に足を踏み入れた。
しかし、その地には意外な人物、マハトがいた。
マハトは争いを嫌う魔族の変わり者で、強力な魔法で村全体を黄金に変える能力を持っている。
アウラとマハトは久しぶりに再会し、マハトはアウラに速やかに去るよう命じた。
アウラはマハトの非戦闘的な姿勢を非難し、もっとその力を使うべきだと主張したが、マハトはそれを拒否した。
二人の間には緊張が走り、互いに対峙したが、結局戦闘には至らなかった。
マハトが去った後、アウラはリュグナーにこの地を去ることを提案され、二度とマハトに会いたくないと感じた。

拠点を転々と変えながら、アウラは長い時間を休養に充てた。
戦いから五年、十年が経ち、気づけば半世紀近くが経過していた。
その間、人類との接触は避けられ、アウラの体調はまだ完全に回復していなかった。
現在は山奥にある廃屋に住んでおり、そこで退屈を感じていた。魔王が討ち取られたことで魔王の命令が途絶え、アウラの退屈は増した。
アウラは魔力の鍛錬を続けていたが、満足できるほどの活動はできていなかった。
ある日、アウラは散歩に出かけることを決め、リュグナーと他の仲間たちに留守番を任せた。
ドラートはアウラの力を疑い、反抗的な意見を述べたが、リュグナーはそれを否定し、アウラの力を強調した。
ドラートは恐れを感じ、反抗の意を諦めた。

アウラは森で散歩をしていた。
整備された道に出て、近くに村があることに気づく。
アウラはその村を滅ぼすことを一時考えるが、力が完全に戻ってからにすることに決める。
歩いているうちに、岩の上に座っている少年と出会う。少年は目が見えないため、アウラの存在に気づいていない。
最初は殺すか考えたが、少年が目立たない存在であるため、手を出さずに去ろうとする。
しかし、少しの会話で退屈を紛らわせることができると思い、アウラは戻って少年と話し始める。
少年の名前はヴィルで、冒険者になるのが夢だと言う。
アウラはヴィルの話に興味を持ち、彼の純粋さに新鮮さを感じる。
ヴィルが帰る時間になり、アウラはヴィルに明日も来るよう誘い、冒険の話をする約束をする。
これにより、アウラは退屈を少しでも紛らわすことができると考える。

アウラとヴィルは毎夕、村の鐘が鳴るまで岩の上で会話を楽しんでいた。
アウラが語る冒険譚にヴィルは夢中になり、アウラが魔族であることを疑う様子はなかった。
時々、ヴィルからの質問にアウラは噓をついて答え、ヴィルが野鳥の話を始めると話を逸らすことができた。
ある日、ヴィルは自分の母がかつて強力な魔法使いであり、彼女の死因が魔族によるものだったと明かした。
ヴィルは自身もその攻撃で視力を失ったが、魔族に対する憎悪を明確には示さず、中には良い魔族もいるだろうと希望を述べた。
アウラはヴィルのこの考えに興味を持ち、ヴィルが魔族と人類の共存を望んでいるように感じた。

一樹が初めて体験する温泉での入浴中に、蒼依が部屋の露天風呂に入ってきた。
一樹はこの突然の出来事に混乱し、蒼依の行動の背後に沙羅の誘導があると推測した。
蒼依は再入浴の理由を「せっかくの温泉だから」と説明し、一樹はその場で硬直した。
日本の混浴文化を考慮し、一樹は蒼依の行動を受け入れることにしたが、蒼依との距離が急接近し、彼女が隣に寄り添った。
その状況は、一樹にとっては想定外であり、さらに水仙が部屋に入ってきたことで、一樹は蒼依から急に距離を取った。
この一連の出来事は、蒼依と沙羅の間の何らかの取引の結果として起こった可能性がある。

第 5話  葬送

馬車が一本道をゆっくりと進んでいた。
馬車の中には白銀の髪を持つエルフのフリーレンと老齢の女性フランメがおり、二人は窓の外を眺めながら対話を交わしていた。
フリーレンは最近、北方の王族に呼ばれたことを思い出し、それについて語る。
フランメはフリーレンが時の感覚について話すと、エルフの長い寿命に言及し、フリーレンをからかう。
会話は自然であり、フリーレンはフランメの隣でいつも何か新しいことを学び、同時に彼女の不可解さに驚かされることがある。
二人の間には深い絆と互いへの尊敬が感じられるが、フリーレンにはフランメの全てを理解することはまだできていない。

フランメとフリーレンは馬車での旅を楽しんでおり、フリーレンは過去の出来事を振り返りつつ、楽しい思い出が少ないと感じている。
フランメは、魔法の研究が楽しいと話し、二人は時間の感覚について語り合う。
フランメはフリーレンに交渉術を教え、他人との関わり方を指導するが、その方法が役に立たないことを示唆する。
フランメの教育は、時には独特な方法も含まれていた。
旅の終わりに、フランメは馬車から降り、フリーレンに先を急ぐよう促す。
フリーレンは、残されたような感覚を覚えながらも、フランメの言葉を信じて馬車に留まる。

フリーレンが馬車で目覚めると、青年・ヒンメルとその仲間たちが周りにいた。
彼はフランメと別れた後、夢を見た記憶があったが、現実と夢の境界に疑問を持つ。
仲間たちとの賑やかな会話の中で、フリーレンはフランメとの思い出を語る。ハイターが酔って吐き、その後の処理で会話が途切れる。
フリーレンは馬車がどこへ向かっているのか問いかけるが、具体的な答えは得られない。
やがて、フリーレンはヒンメルが馬車を降りる時を見送る。
ヒンメルとの会話がフリーレンにとって意味あるものであり、彼らとの日々の交流がかけがえのないものであることを再認識する。
フリーレンは馬車が進む中で、これからも続くであろう新しい出会いや別れに思いを馳せ、人生の旅路を前向きに受け入れる。

フリーレンが馬車の中で目を覚ます。
若い男、御者に起こされ、王都に着いたことを知る。
半世紀ぶりに訪れた王都は大きく変わっており、かつての称賛を受けた記憶とは異なり、誰も彼を覚えていない。
街の変貌に戸惑いながらも、彼は召喚の材料となる暗黒竜の角を求め、昔預けたヒンメルの家へ向かう。
道中、半世紀前の勇者パーティーと約束した流星を見る期待も胸に、親しい勇者に声をかけられる。
その声に、懐かしさを感じつつ、フリーレンは振り返る。