読書感想文「進化の実~知らないうちに勝ち組人生~ : 3」

読書感想文「進化の実~知らないうちに勝ち組人生~ : 3」

簡単な感想

足癖の悪い騎士の気質を持つロバ(♀)が仲間に加わる。
UMAを買わなくて良かったねw

読んだ本のタイトル

#進化の実   ~知らないうちに勝ち組人生~ : 3
著者:#美紅 氏

あらすじ・内容

美しき冒険者アルトリアとともに黒龍神のダンジョンを突破し、誠一とゴリラのサリアは正式なギルドメンバーに認められた。

ギルドでの仕事を開始するにあたり、誠一は馬を購入することに決めるが、なぜか馬ではなくロバのルルネに気に入られてしまう。

結果、些細なきっかけから出場することになった馬のレース・王都カップに、誠一はルルネと臨むことに。

一方、誠一以外のクラスメイトが転移したカイゼル帝国や魔族の住む魔王領では怪しい動きがあり……!?

――「小説家になろう」発、大人気異世界ファンタジーの第3巻!

(以上、Amazonより引用)

感想

旅をする時の移動手段としてロバを購入したのだが、、
このロバ、なかなかに高潔な精神を持っており主人と決めた人以外に身体を触られる事を物凄く嫌がり、餌をくれる店主すら蹴りを入れる始末。

それを力で捩じ伏せて服従させてロバを購入のだが、、
コイツに人間が食べるモノを与えたのが運の尽き。

とんでもないグルメな食いしん坊になってしまった。
もう牧草なんて食べれない身体になってしまった。

そんなロバがレースに出場。
5位の賞品が美味しいと聞いてレース出場、、

何で他の馬より速くてオオカミより強いのか説明が無いが、、 

勢いでオオカミ達を蹄で轢き逃げして行きおった。

その後一位でレースを終わったが欲しかった物は5位の賞品だったのでロバ号泣ww

その後に、ロバが人型に化て表紙のようになる。そのまま終わるかと思ったら一位の賞品で王城に行き、国王暗殺に巻き込まれるが暗殺者を軽く捻って拘束して、呪いで永遠の眠りに着いた国王を呪い(のろい)を呪い(まじない)に変える魔法で永遠の健康にする呪いに変更してしまう。

うん、メチャクチャだけど面白い。

こも

いつクビになるかビクビクと怯えている会社員(営業)。 自身が無能だと自覚しおり、最近の不安定な情勢でウツ状態になりました。

コメントを残す

CAPTCHA